「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

みさき里山クラブ1泊2日研修旅行「豊岡・コウノトリの郷」第2日  by  (TATE-misaki)

平成29年12月22日(金) 晴れ
みさき里山クラブ1泊2日研修旅行「豊岡・コウノトリの郷」第2日
(~19:00 )参加会員 11名〔雨宮 徐 立石 谷口州 谷口ま 中川 長原 久川兼 山田 柚岡 渡邊〕

民宿「はし本」1泊

早起き者は5時かから起き出して 朝風呂・気比の浜辺散歩と 非常に元気な者も数人いた

c0108460_20400046.jpg



c0108460_20395771.jpg


朝食ギリギリまでの者もいるが・・・

755 朝食(1階大広間)

c0108460_20411867.jpg


 朝食に朝から搗いたお餅が出された 黄な粉餅と大根おろし餅を選べる 餅付きの朝食は初めてである

c0108460_20415182.jpg


 10品のおかずとご飯 シジミ味噌汁も出た 多いなと言いながら 残す者はいなかったが・・・

c0108460_20411553.jpg


850~ 玄関周辺の散策

910 民宿出発・・・マイカー3台

923 「田結(たい)湿地」到着

c0108460_20414756.jpg


930 佐竹氏(コウノトリ湿地ネット代表)の案内・・・(若い支援者も1人案内に参加)

c0108460_20480046.jpg


 田結地区は53所帯の半農半漁の集落だった

c0108460_20480329.jpg


 後継者が無く イノシシ・鹿等の被害で 稲作意欲が減退し

c0108460_20483360.jpg

 

2006年には稲作農業が完全になくなった

c0108460_20483612.jpg


2008年に1羽のコウノトリが食餌に飛来してきた⇒人々に希望の火をともし 地域挙げての自然再生に進んだ

c0108460_20534102.jpg


そんな歴史のある湿地を じっくりと見学した

c0108460_20533852.jpg


1020 田結地区出発

1030 津居山漁業協同組合直売所

c0108460_20550786.jpg


 カニ その他の海産物を買う

c0108460_20550495.jpg

c0108460_20552739.jpg


1050 直売所出発

 植村直己冒険館への道を ナビ設定間違で 途中からUターンするトラブルもあり 少し時間の無駄もあったが・・・

c0108460_20553077.jpg


1155「植村直己冒険館」到着

c0108460_20560602.jpg


 入場料を払って全員入館

c0108460_20560351.jpg


 映像ホールで15分間の紹介映像鑑賞

c0108460_20562746.jpg


 ガイド付きで展示室を案内してもらう

c0108460_20570937.jpg

c0108460_20571197.jpg


 アバウトで知っていた人物像を 実際に使った機材を見たり 手紙を見たりして 少しは具体化した人物になった

c0108460_20584300.jpg

c0108460_20584614.jpg


1320 冒険館出発

c0108460_20590880.jpg


1340 「道の駅ようか:但馬蔵」

c0108460_20590679.jpg


 昼食:レストラン:但馬蔵

c0108460_21051636.jpg


  但馬牛丼等で遅い昼食になった

c0108460_21051907.jpg


 食後は お土産物コーナー・野菜直売所等で買い物

 ここで 2人が車を乗り換え

c0108460_21053738.jpg

 

1425 道の駅出発・・・来た時と逆のコースで帰路に付いた

1545 中国自動車道:名塩SA・・・トイレ休憩⇒3台の車が ここでも合流した

c0108460_21053523.jpg


1600 名塩SA出発

 途中あちこちで自然渋滞発生 特に中国池田ICの渋滞はひどかった

c0108460_21055989.jpg

c0108460_21055675.jpg


 湾岸線も積荷落下のトラブルで渋滞があった

1740 石津川で1人下車

1800 泉大津SA トイレ休憩

c0108460_21061077.jpg


1900 帰宅

「盛り沢山の研修旅行で 観光は殆どしていない 真面目な取り組みであった

 コウノトリに興味のある私には非常に有意義であった

 カニを飽きるくらい食べ 親睦会では普段は見られない 人物像にも接し全員が楽しい旅を出来たと思う」  


[PR]
by kyousinomori | 2017-12-22 23:30 | 会員親睦会 | Comments(0)