「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

カテゴリ:ZooCanイベント( 17 )

『里山夕暮れコンサート』 in 孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年10月8日(日) 晴れ
第1回みさき森の音楽祭『里山夕暮れコンサート』(14:30~21:00)
 参加会員 8名〔徐 立石 谷口州 谷口眞 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕 オーボエ奏者〔林綾子〕

秋晴れ 気温も髙く 最高のイベント日和である

ZooCan企画の「夕暮れコンサート」は 80%成功したようなものだ

c0108460_04154135.jpg

1430~孝子小学校で参加者の 車での来訪と電車での来訪を待機

参加者 43人(内子ども9人)スタッフ 13人(演奏者含む) 合計56人

 福永挨拶&子どもの自己紹介

c0108460_04153821.jpg

1554 孝子小学校出発

c0108460_04164143.jpg


 伊豆賀林道ルートで案内

 

c0108460_04163986.jpg
途中竹切り 竹と一緒に子どもたちも 軽トラに乗せて広場まで行く
c0108460_04171823.jpg

1620 孝子の森広場着

c0108460_04172027.jpg

 栗拾い

c0108460_04214530.jpg
 ピザトッピング
c0108460_04214330.jpg
 ブランコ
c0108460_04225357.jpg
 焼き栗の準備
c0108460_04225564.jpg

 たき火での焼き芋と 羽釜でのご飯炊きは出来ている

1640 オーボエコンサート開始

 小林綾子奏者ドレス姿で出場

c0108460_04243117.jpg

 オーボエの説明なども軽妙でトークも面白い

c0108460_04242940.jpg
c0108460_04261217.jpg

 白鳥 隣のトトロ 等数曲演奏

c0108460_04261065.jpg
c0108460_04290474.jpg

1710 夕陽を見るために展望台へ移動

c0108460_04290286.jpg
c0108460_04305250.jpg

1724 夕陽観賞

c0108460_04305098.jpg
c0108460_04345706.jpg

c0108460_04345973.jpg
1728 展望台コンサート開始
c0108460_04371002.jpg

 アメイジンググレイス 赤とんぼ ふるさと アニメ主題歌 等々

c0108460_04371293.jpg

 夕焼けをバックのオーボエの音は何とも言えず哀愁を帯びていいものであった

c0108460_04390233.jpg
c0108460_04390019.jpg

1743 下山開始

c0108460_04402037.jpg

1753 広場に到着と同時に 軽食の準備が出来ていたので

たき火を囲んだり バンブーハウスの中など それぞれの場所でミニ夕食

c0108460_04402259.jpg
c0108460_04420407.jpg

ご飯 焼いも ピザ スープの変な取り合わせ それでも美味しいと山の雰囲気で食べていた

c0108460_04420116.jpg
c0108460_04442190.jpg

たき火の明かりだけでは矢張り暗いので 急遽 発電機を稼働し投光器を設置した

c0108460_04501350.jpg

ビールと専門店のコーヒー販売もあり あちこちで話が盛り上がっていた

暗がりの中でロープ登りを始めた 女の子が居たのには驚いた

c0108460_04501163.jpg

手づくりの足元ランプの和紙に 子どもたちに絵をかいてもらった

c0108460_04441900.jpg

今日が小林綾子さんとコーヒー専門店主が誕生日なので 栗のイガ付をプレゼントし

全員でハッピーバースデェイを祝ったハプニングもあった

c0108460_04522881.jpg

1922 下山開始

c0108460_04522654.jpg

 途中懐中電灯を消して真の闇を体感したり

 ナナフシ ヤマナメクジを見つけて興奮したり 夜の山道は楽しさいっぱいである

1956 孝子小学校校庭着

 和大観光学部の学生が天体望遠鏡を準備して待機

c0108460_04545147.jpg

 雲に隠れて月が見られないので 太陽と地球と月の話を実演しながら説明

c0108460_04544924.jpg
c0108460_04561338.jpg

 最後に望遠鏡で星を観察して子どもたち大喜び

 宇宙に飽きた子は昆虫探し カマキリ アゲハの幼虫 コオロギなど見つけて 真剣に観察していた

2020~自由解散⇒21時頃までいる家族もいた


[PR]
by kyousinomori | 2017-10-08 23:55 | ZooCanイベント | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日 & 「夕暮れコンサート」・・・孝子の森  by  (ナベサダ)

平成29年10月8日

みさき里山クラブの午前中は通常活動として、孝子小学校から客山コースへと行く登り口付近で、

台風の影響で倒れた直径20㎝位の樫の木の片付け作業を行った。

f0053885_00142383.jpg



全て手切り鋸での処理なのと、枝葉が嵩張っていた木なので、重い幹だけはトラックで孝子の森へと運んだが、

枝葉は道の傍の畑に仮置きして後日とした。

f0053885_00161018.jpg

昼食後は、本日開催の「里山夕暮れコンサート」の会場準備を行う。

f0053885_00165717.jpg

2時過ぎにはオーボエの林綾子奏者も見えて、楽器音声の大きさなどから、お客さんとの距離感を考えて舞台の移動、

そして焚き火・ピザ窯・焼き芋等の準備を行う。

f0053885_00185320.jpg

一応の準備が出来た処で、孝子小学校へコンサート参加者を迎えに行く。

本日の参加者は、大人38名・子供9名で有った。

途中では竹取や軽トラの荷台に子供を乗せて孝子の森へ。

f0053885_00193142.jpg


f0053885_00200856.jpg

~孝子の森に到着、直ぐに親子で栗拾い~竹笛の配布等を行ってから、愈々里山コンサートの開始である。

f0053885_00213129.jpg

オーボエはクラリネットに良く似た楽器だが、哀愁的で素朴な音は、

里山の雰囲気に良く合致した音楽と言えるのでしょうか。

f0053885_00222297.jpg

これが盆地のように、山に囲まれた孝子の森に響き渡って、“

翼をください”他数曲を聞いて~夕暮れ時間帯に合わせて展望台へ、

f0053885_00243859.jpg

展望台下の少し広めな場所で、夕日を見ながら山頂でのオーボエ演奏は、幸いに天気にも恵まれて、
本当に贅沢な企画であったかと思う。参加者に喜んで頂いて広場へ

f0053885_00253043.jpg


f0053885_00260951.jpg

~ペットボトルを利用した灯りも効果的で、良い雰囲気を醸し出している。

f0053885_00265816.jpg

~ピザが焼け~焼芋も焼け~ご飯とビールが、配布され食事交流を行った。

発電機での

ライトも取りつけられて、其処此処で良い交流がなされている様だった。

f0053885_00274796.jpg

~ペットボトルに豆ライトを突っ込み、和紙に言葉や絵を子供たちに書かせて~

灯りとしたのは、良い雰囲気づくりにも役立ったようで有る。

f0053885_00265816.jpg

この灯りを下山する時に、一足早く孝子の森を出てから、暗い道の灯りとして活用する。

孝子小学校に到着すると、和歌山大学生3名に寄る天体望遠鏡で、お月さまを見る取組も準備が出来ていたが、

薄雲が掛かり・・お月さまは見られなかった、」

電車時間を逐次知らせながら、適時解散とした。

・オーボエの 哀愁の音を 山で聞く


[PR]
by kyousinomori | 2017-10-08 22:32 | ZooCanイベント | Comments(0)

ZooCan 企画 『里山で栗拾い・親子で栗ごはん作り体験』・・・孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年9月23日(土) くもり
ZooCan 企画 『里山で栗拾い・親子で栗ごはん作り体験』
(9:10~16:00) 参加会員 8名〔雨宮 徐 立石 谷口州 谷口ま 久川兼 福永 渡辺〕 和歌山大学観光学部 5名
一般応募参加者(親子) 39名(神戸市 大阪市内 豊中市 東大阪市 堺市 等々)・・・合計 52名

ZooCanの孝子の森利用のイベントは11回目である

昨日が終日雨で天候が気になったが 何とかイベント日和になってくれた

910 会員孝子小学校集合・・・ミーティング:本日の役割

 参加者も6組ほどは車で やって来て孝子小学校に駐車

1007 その他参加者は南海孝子駅到着

c0108460_00045611.jpg

1015 孝子小学校集合(トイレ休憩)⇒福永ZooCan代表の挨拶

c0108460_00045464.jpg

1030 孝子小学校出発(案内立石)

c0108460_00051665.jpg

 伊豆賀林道経由孝子の森へ 途中の竹林で栗落とし・柿落としの竹伐り 

 切った竹4本は長いまま 子どもたちに広場まで引きずって運んでもらった

c0108460_00051438.jpg

1103 孝子の森広場到着⇒

c0108460_00053414.jpg
参加者休憩&昆虫標本見学
c0108460_00053675.jpg

1120 栗拾い・・・(福永指導)

 バンブーハウス裏の栗の木に いっぱい実がなっている

c0108460_00060920.jpg

 最初は落ちている栗を平等に拾い 次は棒でたたき落とし栗拾い

c0108460_00105897.jpg
c0108460_00063770.jpg

 イガ栗を取り出す方法を教えてもらって その通りにして 取り出した時は歓声を上げていた

c0108460_00112612.jpg

c0108460_00095357.jpg
c0108460_00105602.jpg
c0108460_00063916.jpg

1140 栗焼き

拾った栗は徐さんに包丁の目を入れてもらい ダッチオーブンでたき火で焼いた

c0108460_00112995.jpg

 栗ご飯炊き 2.5升を2個の羽釜で炊いた 釜土は1つしか使えないので

臨時にたき火のそばにレンガで 釜土を作った(徐 久川)

c0108460_00120615.jpg
c0108460_00165688.jpg

 味噌汁炊き(谷口ま 雨宮)

c0108460_00180058.jpg


 太刀魚・鯛の焼き物 (半ドラ準備・焼き物担当:谷口州)

c0108460_00172760.jpg

 中央谷道奥のヤマグリ拾い・・・子どもたちは自分で木をゆすって仲良く拾っていた

c0108460_00130192.jpg
c0108460_00125955.jpg

1215 たき火で栗が焼けた・・・昼食前のオヤツで美味しいと食べていた

1225 昼食準備

c0108460_00165820.jpg
c0108460_00172936.jpg

 34分には 栗ご飯が炊けた

c0108460_00180321.jpg

 栗ご飯・焼き魚・味噌汁を注ぎ分けて

c0108460_00192220.jpg
c0108460_00195690.jpg

各自取りに来てもらった・行列が出来た

c0108460_00192426.jpg

1240 昼食・・・(振舞作業は 和大生大活躍)

 お釜で炊いた栗ご飯が 塩昆布を入れて味付けしただけだが おいしかった

 味噌汁もご飯も お代わりしている人が何人もいた

c0108460_00195899.jpg

1330 柿採り(竹の棒の先端の割れ目に枝を挟んでちぎる)

広場の横の高い柿の木に大人も子ども挑戦していた

c0108460_00253562.jpg

1340 孝子の森散策(渡辺 立石)

 クヌギの道→北尾根ルート→展望台 展望台では景観を楽しみ ウラジロの飛びカエルのお遊び

1415 おはぎ用餅つき

 米・もち米5分5分を羽釜で炊き 炊きあがったのを石臼で搗いた

c0108460_00253727.jpg

 子どもたちや和大生が交代で搗いて

c0108460_00261207.jpg
c0108460_00261001.jpg
c0108460_00264494.jpg
c0108460_00264108.jpg

 搗きあがった餅をラップに包み 小豆餡を乗せてもらって 各自が丸めていた

c0108460_00280885.jpg
c0108460_00273242.jpg
c0108460_00273086.jpg

ダッチオーブンでサツマイモのスライスの焼きイモも焼けていた⇒全員おいしいおやつになった

里山博物館の標本説明(徐さんの詳しい説明付き)も子どもたちは熱心に聞き入っていた

c0108460_00280541.jpg

1510 流れ解散

1530 スタッフも 後片付け後解散

1550 会員スタッフ下山


[PR]
by kyousinomori | 2017-09-23 23:35 | ZooCanイベント | Comments(0)

ZooCan企画「里山で栗拾い 親子で栗ご飯を作る体験」・・・孝子の森  by  (ナベサダ)

平成29年923日(土・祭)

みさき里山クラブ活動日に参加する。

ZOOCAN企画で孝子の森を活用した「里山で栗拾い・親子で栗ご飯を作り体験」の取組で、会員の参加者は8名、和歌山大学・観光学部学生名のサポートであった。

f0053885_20275574.jpg

来客者数はネットに寄る公募で親子合わせて39名で有った。

孝子小学校に集合して、来客者案内組と孝子の森へ行って準備組に分かれて対応する事とし、

私は両方の呼びかけがあったが・・準備組として孝子の森へ。


準備は栗の木周りの栗の確認と口の開いた栗のイガ確認~里山中腹のシバグリの確認。

f0053885_20280462.jpg



f0053885_20281272.jpg

焚き火・栗御飯の準備、味噌汁の準備、鯛・太刀魚の焼き鉄板の準備等々である。

案内係りとの連携で、未だ時間が有りそうなので、久川長老と尾根を一回りして降りてくると、家族連れで栗拾いが始まっていた。

f0053885_20282063.jpg

参加者一人2個を原則に一通り落下した栗を拾った後で、

まだ足りない方は申告により木で口の開いた栗を竹棒で叩き落して、全員に栗が行き渡るように調整して終了。

f0053885_20282771.jpg


f0053885_20283481.jpg

暫くして~今度は柴栗拾いに希望者を募って行く。

未だ木が小さいので木を揺すって落し~拾った。

随分と小さめでは・・皮むきは大変だが味は良い筈だ。

f0053885_20285980.jpg

・拾った栗は焼きぐり用に集めて、栗に空気穴を開け~焚火に釜を吊るして焼き上げる。

美味しいとの評判も上々だ。(徐代表)

f0053885_20284145.jpg


f0053885_20290818.jpg


f0053885_20292577.jpg

・味噌汁・御飯の準備・等々の炊事係は女性たちである(雨宮・谷口眞)

・鯛・太刀魚を鉄板焼き作業(谷口州)

・果物や炊事関係補佐(和歌山大学生)

f0053885_20291724.jpg

・展望台案内等(立石・渡辺)

~栗御飯の炊け具合に合わせて、味噌汁も魚も焼けて逐次セルフサービスで、炊事場のカウンターまで取に来て貰った。

美味しい昼食も終り・・ひと休みすると、展望台までの散策も沢山の参加者があった。

展望台の遠望は靄って見えかねるが、愛称「船が空飛ぶ展望台」にぴったりの風景があった。

ここでは、早目に帰路に付かれる方も有り、子供たちに「ウラジロのハネガエル」を教えて下山とする。

f0053885_20343860.jpg

下山すると「おはぎ」用の餅搗き準備が出来て居り、和歌山大学生や子ども達が中心となって、

少し搗き上げて~ラップに餅と餡子を包んで、家族で「おはぎ」にして食べてもらった。

後は「森の博物館」「ブランコ」「シーソー」「ロープ斜面上り」と子供たちは、楽しそうに動き回った。

子供たちと自然を結ぶ取組は、四季を通して常に変化のある環境は、

興味深い子供たちの感性を刺激して、きっと体の中に感じるものが有ったと思って居る。

お話させてもらった親たちからも、嬉しそうな感想も頂いてお別れする。

( 途中からスマホ電池切れ・・残念!)

・里山や 子等の笑顔が 弾んでる


[PR]
by kyousinomori | 2017-09-23 23:30 | ZooCanイベント | Comments(0)

各種イベント打ち合わせ  by  (TATE-misaki)

平成29年9月18日(月)晴れ
昨日の台風の被害は殆どなかった
明石に上陸した割には 岬町は風も雨も そんなに ひどいものではなかった
岬町の冬の強風の方が もっと強いように感じた
完全に台風対策をしただけに なんだか肩透かしを食らった気がする
しかし被害が小さいのは いいことである
c0108460_15471238.jpg
安心しきって 朝起きたのは10時を回っていた・・・それまで電話がジャンジャン入っていたようだ
電話を掛けても対応がないので 本人たちが我が家へやってきた
c0108460_15473922.jpg
ミーティング・・・(立石宅)・・・みさき里山クラブ〔徐 福永〕
 1.9月23日(土)「里山で栗拾い 親子で栗ご飯作り体験」⇒参加申し込み 現在34名
   *昨日は徐さん 今日は徐さんと福永さんが孝子の森へ行きチェック&準備
     栗は落ちてはいるが 全てイノシシに食べられている
     早朝に行き イノシシと競争してイガグリを拾って少しは保管 
     トイレ掃除 石臼 杵は洗って準備済み
     羽釜のご飯炊きは 久川さんに依頼する
     食材の準備は全て 福永担当
     当日の味噌汁炊き 準備その他で谷口ますみさんに出て来てもらう確約を取った
c0108460_15470934.jpg
   *明日の活動日は 林道と広場に 台風で飛び散っている枝掃除
   *広場周辺の整備 栗の木周辺の草刈と整備
c0108460_15474184.jpg
 2.10月8日(日)「里山夕暮れコンサート」・・・現在参加申し込み 13名⇒30名打ち切り
   *10月7日(土)定例活動日を8日(日)に振替 
   *演奏会場は クヌギ谷登り口にする
c0108460_15463982.jpg
   *LED式ヘッドライト×3 ランタン×2 準備済み⇒簡易トイレ1つにダウンタン常備
   *演奏会修了後展望台に登り夕陽観賞し オーボエで1曲演奏
   *ピザ 軽食の詳細は再度検討する
c0108460_15463720.jpg
 3.せんなん里海公園:うみべの森へ行く・・・〔徐 立石 福永〕
   *イガグリが欲しいので うみ森へ拾いに行った
     昨日の台風で青いイガグリが20~30個落ちていたが 実が入っているかどうは不明
     子どもたちへの お土産にイガグリが必要 23日まで保管する
   *大きなクヌギも工作用に少し拾う
c0108460_15455551.jpg
   *その時 クヌギの木の根元に オオスズメバチが5~6匹集まっていた
    根元に出ている樹液を吸いに来ていたようだ
    それを見て 無謀にも 持っていた火ばしで叩いて2匹殺した
    火ばしを振り回したので 残りの1匹に おでこをチクリとやられた
    帽子を被っていたが メッシュの帽子なので 防御効果はなかったようだ
    痛みは ムカデに咬まれたのと同じように 猛烈に痛い
    いままでアシナガ蜂やその他の蜂に何度か刺されたが 痛みはその比ではない
    事務所で薬を塗ってもらい 保冷材で冷やしながら帰って来たが・・・
    周りは医者へ行った方が良いと 祭日でも受け入れる 和歌山日赤 労災病院 りんくう病院等を
     調べてくれたが 大きな変化があれば 行くわとそのままにしている
    ムヒを塗ったり アロエを擦り込んだり 保冷材で冷やしたりと原始的処置をしている
    今は 痛みは残っているが その他の変化は何もないので 病院へは行く必要はないと思っている
    少しは 蜂に強い体質なのかも知れない
c0108460_15455787.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2017-09-18 15:52 | ZooCanイベント | Comments(0)

『里山夕暮れコンサート』 in 孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年9月16日(土)雨
みさき里山クラブとZooCan企画で孝子の森で「里山夕暮れコンサート」を開催します
・・・申し込み:先着30名です 
c0108460_15380092.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2017-09-16 15:41 | ZooCanイベント | Comments(0)

「里山夕暮れコンサート」企画検討中・・・孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年9月12日(火)雨
みさき里山クラブ定例活動日出あるが 雨のため中止になった
現在 ZooCanが中心になって「里山夕暮れコンサート」を企画している
c0108460_16004946.png
            (チラシ原案⇒7項目修正する)
10月8日(日)(15:30~20:00)・・・場所:孝子の森&孝子小学校
オーボエ奏者の 林綾子氏に 西宮から孝子の森に来ていただき 演奏をしてもらう交渉が成立している
c0108460_15585886.jpg
c0108460_15585868.jpg
チラシの原案も出来た
定例活動が中止になったので 「仁ベ」に 徐・谷口州・立石の3人が集まり詳細を検討した
c0108460_16014111.jpg
チラシの中で7項目ほど変更修正を加えた
演奏場所や照明や軽食など細かい点も打ち合わせた
c0108460_16011305.jpg
第1回「みさき森の音楽祭」として 初めての試みなので 何かと戸惑っている・・・定着すれば面白い企画になる
新しい試み企画は 我々シルバー族では無理だが 若いZooCanの企画を我々が どれだけ こなせるかが課題である
若いメンバーが入ると いろんな新しいことを体験させてくれるようだ⇒老化防止策の一つである
c0108460_16013940.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2017-09-12 16:09 | ZooCanイベント | Comments(0)

ZooCan企画「青少年海洋センター」でBBQ  by  (TATE-misaki)

ZooCan企画「青少年海洋センター」でBBQ(29日)②
2.BBQサポート(16:00~20:00) 大阪府青少年海洋センター・・・〔谷口州 柚岡〕
孝子の森から各資材を軽トラで運び込み 海洋センターの備品を使ってBBQの準備
c0108460_23525722.jpg
途中から うみ森〔岡田 立石〕参加 
17:30参加者が集りBBQ開始一方簡易釜戸を使って 羽釜でエビご飯炊きも並行
c0108460_23534227.jpg
18:00くらいからようやく食べ始めたアジ・イカ・タコ丸焼き・野菜とシシ肉の炒め物 鶏肉(セセリ・ぼんじり等各部位を焼く)
c0108460_23534415.jpg
c0108460_23540542.jpg
c0108460_23540248.jpg
c0108460_23542553.jpg
c0108460_23542244.jpg
c0108460_23544954.jpg
子どもたちは直ぐに食べてしまい 海の小魚採集に走り回っていた
c0108460_23530010.jpg
c0108460_23531935.jpg
c0108460_23531791.jpg
c0108460_23544835.jpg
c0108460_23550650.jpg
c0108460_23550838.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2017-07-29 23:52 | ZooCanイベント | Comments(0)

青少年海洋センターでBBQ・・・ZooCanくらぶ  by  (TATE-misaki)

平成29年7月22日(土)③ 晴れ
15302000 参加会員 5名 みさき里山クラブ〔徐 福永 柚岡〕うみべの森を育てる会〔岡田 柴田〕
c0108460_22575295.jpg

2.BBQ準備(15302000

 大阪府青少年海洋センター・・・〔徐 柚岡〕

孝子の森から各資材を軽トラで運び込み

c0108460_22583496.jpg
 

海洋センターの備品を使って BBQの準備⇒炭火を熾したが

参加者の集合が遅いため 炭火は消えかかっていた

c0108460_22574982.jpg

途中から うみ森〔岡田 立石〕参加 

1800参加者が集りBBQ開始

c0108460_22583141.jpg
c0108460_22585815.jpg
c0108460_22585685.jpg

再度たき火をして炭火の熾し直し

c0108460_22595928.jpg
 一方簡易釜戸を使って 羽釜でエビご飯炊きも並行
c0108460_22595729.jpg

1820くらいからようやく食べ始めた

c0108460_23004192.jpg
c0108460_23004473.jpg
子どもたちは直ぐに食べてしまい さん中心に昆虫採集と海の小魚採集に走り回っていた

c0108460_23014515.jpg
c0108460_23012189.jpg
c0108460_23012359.jpg
c0108460_23014319.jpg

バッタ取りが気に入って暗くなっても探していた


[PR]
by kyousinomori | 2017-07-22 23:57 | ZooCanイベント | Comments(0)

ZOOCAN主催『ジャガイモ堀体験&カレー作り&ホタル狩り体験』  by  (ナベサダ)

平成29年6月10日(土)

ZOOCAN主催のジャガイモ堀体験&カレー作り&ホタル狩り体験の案内役で回る。

ジャガイモ堀は私の畑で6家族16人?に分けて掘って貰い、
持ち帰って~皆でカレーに使い~残り分は、分けてお持ち帰りの予定で有る。

f0053885_22115855.jpg

f0053885_22122688.jpg

ジャガイモ芋掘りは初体験か?家族そろって大喜びであった。

トマトやキュウリやピーマンも少しは有ったが大人数分は無く、赤くなったトマトは子供達には当たったかな?程度であった。
休憩宿の「ののか」からは、淡輪の迷路の様な道を右や左に曲がって行くので、子供たちが先に行くので見守りも大変であった。

f0053885_22154180.jpg

「ののか」でのカレー体験は、余りお手伝いは出来ないので一旦は帰宅する。

f0053885_22322427.jpg

~7時半頃からホタル観賞会に同行、夜道で車も通るし道の横が田圃で、子供たちの見守り役も兼ねて同行、
歩いて約20分位だったか?番川中流の竹藪のある付近に。
飛び交うホタルを見る事が出来た。ホタルの写真はほとんど撮れず!残念である。

寝屋川・芦屋・大阪市内・堺市と、殆どが遠いところからの来客である。

満足して頂けたのであれば幸いであるが・・・。

・山畑川 3か所繋いで 今日終える


[PR]
by kyousinomori | 2017-06-10 22:59 | ZooCanイベント | Comments(0)