「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

孝子の森の春ー2

2007年3月30日(金)② 晴れ

孝子の森に 今いろいろな山野草が咲いています
   「ショウジョウバカマ」
c0108460_1548417.jpg
c0108460_15351041.jpg







   「ヒメウズ」
c0108460_153666.jpgc0108460_15363293.jpg









 


  「ヘビイチゴ」                         「セントウソウ」
c0108460_15391038.jpgc0108460_15393389.jpg







   「キランソウ」                       (つる植物イチゴ種?)
c0108460_1542395.jpgc0108460_15422439.jpg








c0108460_15513626.jpg
[PR]
by kyousinomori | 2007-03-30 02:24 | 2007年活動状況 | Comments(0)

お花見懇親会 in 孝子の森

2007年3月30日(金)① 晴れ
c0108460_2250923.jpg

c0108460_22504066.jpg
c0108460_22512269.jpg







本日の作業[参加会員 19名]
1.水タンクへ水道水補給
2.樹木への名札取付
c0108460_22434589.jpgc0108460_22441669.jpg








3.流し台置き場の風除け塀造り
4.山野草調査 c0108460_22454259.jpg
「ショジョウバカマ」
c0108460_22462770.jpg







5.懇親会料理作り
c0108460_22525790.jpgc0108460_22533195.jpg








c0108460_22544466.jpgc0108460_22552187.jpg








6.臨時総会…(バンブーハウス)(11:40~12:20)
   NPO法人まちづくり岬と
   みさき里山クラブの今後の継続体制の検討
   …結論はしばらくは今まで通りの独立組織とする 
    ただし会員は極力NPOに入会すること
c0108460_2304376.jpg
c0108460_2311673.jpg








7.懇親会…(バンブーハウス)(12:20~17:00)
c0108460_2331173.jpg 
  ①ちらし寿司 
  ②ホウレンソウのおひたし
  ③ブロッコリー ④漬物各種
  ⑤ゆでタコ(会員が獲った岬タコ) 
   ⑥とこぶしの甘煮 ⑦焼きやつがしら
  ⑧さざえのつぼ焼き 
⑨アジの一夜干の焼き物
  ⑩根昆布の佃煮 ⑪かんてん
c0108460_2363860.jpg  ⑫みかん各種 ⑬わかめ豆腐味噌汁
  ⑭おつまみ各種
  ⑮ビール・日本酒・焼酎各種
  …飲み放題・食べ放題・おしゃべり放題
   タコの足や頭を丸かじりする者
   アジの焼き物を丸かじりする者
   お酒も瞬く間に空になっていく
   …さすがに今日だけは
      全員電車で来ていた
   食べ物は女性群が
     自家製を持って来たり
   朝4時から料理して
     持ってきてくれたり
   お酒は男性群が
     それぞれ好みのものを持ってきた
   まれにみる豪華な懇親会になった
c0108460_23102792.jpg
c0108460_2311188.jpg








c0108460_23125154.jpg

c0108460_23175411.jpg

8,尾根散策(15:45~16:20)
c0108460_23141112.jpg
c0108460_23143268.jpg








9.後片付け
10.17:00下山開始

[活動報告]作成
c0108460_19595692.jpg

c0108460_200153.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2007-03-30 02:22 | 会員親睦会 | Comments(0)

H19年3月「高齢者林間学校モデル2」

3月28日(水)① 快晴

 「高齢者林間学校モデル2」 
c0108460_21587100.jpg参加者 20名 (岬町18名 泉佐野市2名)(W 16名 M4名)
  サポーター 14名(W 8名 M 6名)
Ⅰ第1会場…孝子小学校(教室&講堂)
  1.(9:35~45)…講堂
    ①朝礼…渡邊貞夫(NPO法人まちづくり岬代表)
    ②ラジオ体操
c0108460_2159229.jpgc0108460_21594913.jpg







  
  2.1時間目(9:48~10:50)…教室c0108460_2283455.jpg
    「みさきタイム」
     …『孝子地区の昔の暮し』 加藤宗道 先生
                      (金輪寺住職)
       孝子の地名の由来
       昔の孝子地区の暮し
       飯盛寺(千間寺)・役小角等々のお話




c0108460_2291494.jpgc0108460_2294229.jpg
  








  3.2時間目(10:55~12:00)…講堂c0108460_2363916.jpg
    「昔を偲ぶ音楽会」
    …辻井先生(ピアニスト&作詞作曲家)
    ①故郷 ②さくらさくら ③赤とんぼ ④海 
    ⑤七つの子 ⑥荒城の月 ⑦知床旅情
    (辻井先生作詞作曲)
    …⑧NPOソング ⑨パパママありがとう…
    ⑩リンゴの歌 
    …ピアノ&トランペット1人演奏
      ⑪さくらさくら→菜の花→アンニーローリー
    ⑫青い山脈
c0108460_22233223.jpgc0108460_22252775.jpg









c0108460_2226560.jpg
c0108460_22293875.jpg  






  



  4.給食時間(12:10~13:20)…教室c0108460_2382088.jpg
    …中華厨房「仁べ」の出張料理
    ①前菜 ②中華風造り ③黒米ご飯 
    ④キュウリとキャベツの中華風浅漬け


c0108460_2392337.jpg

    ⑤トンポーロ(蒸しパン+
         豚角煮+ヤブカンゾー新芽炒め物)
    ⑥中華風スープ ⑦デザート

c0108460_2317051.jpg
c0108460_2310731.jpgc0108460_23115192.jpg 










c0108460_23175452.jpg 
c0108460_23184391.jpg









  5.孝子の森へ移動(13:20~13:50)
      約1kmのなだらかな山道を渓流沿いに歩く
c0108460_23354293.jpg
c0108460_23361226.jpg









Ⅱ第2会場…孝子の森イベント広場(13:50~15:30)
    ① 「孝子の森のボランティア活動の説明」
       …岡田みさき里山クラブ代表(NPO法人まちづくり岬理事)
    ②尾根散策(14:05~14:50)…岡田理事案内…17名
    ③昔遊び(原木お絵描き)14:05~14:50)…3名
    ④交流会&コーヒータイム
c0108460_10421150.jpg 
    ⑤ヂィスコン競技
    ⑥ロープ登り
  15:30下山開始
  15:50解散

「小学校も感じがいいし 地域の話も面白かった
 歌も楽しかったし 
 食事が最高においしかった お腹一杯になった
 その上に里山へ来て おいしい空気を吸って
 今日は最高の1日です」
「岬町に こんないい所があるとは知らなかった
 地元に居て地元を知らな過ぎた もっと知りたい」
「山でのディスコンのように ルール通り きっちりやらなくても
 その場その場で臨機応変に何でも出来るんやね」
等々の参加者の感想を聞いて
サポーターとして うれしかた

c0108460_23391754.jpgc0108460_2340088.jpg










c0108460_23404216.jpgc0108460_23412091.jpg










c0108460_23415857.jpgc0108460_23422847.jpg
「高齢者林間学校モデル2」の活動報告書作成
c0108460_20431885.jpg

c0108460_20434319.jpg

c0108460_2044129.jpg
    
[PR]
by kyousinomori | 2007-03-28 23:45 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)

孝子の森の春

2007年3月28日(水)② 快晴
                                       「タネツケバナ」
c0108460_135799.jpg
「高齢者林間学モデル2」のサポートで
みさき里山クラブ孝子の森へ行った
いろんな山野草が花を咲かせている
竹本仙人が移植した
「ショウジョウバカマ」「ウツボカヅラ」も     
完全に根付き沢山花が咲いている
春の里山は楽しみ一杯である

 「キケマン」ももうすぐ花が咲く
c0108460_142734.jpg

c0108460_15959.jpg






「ショウジョウバカマ」
c0108460_155325.jpg
                                    
                                        「タチツボスミレ」
c0108460_163335.jpg







  
 「タチツボスミレ」の白花か?
c0108460_171378.jpg

「ウグイスカグラ」もまだ咲いている
c0108460_152465.jpg

   「山桜の新芽がきれい」
c0108460_173533.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2007-03-28 02:20 | 2007年活動状況 | Comments(0)

第12回「高齢者林間学校研修会」   by (ナベサダ)

3月15日(木)
林間学校の取り組みと同じ、孝子小学校と孝子の森で
プレイパーク等の行事で協働しているグループの役員に
高齢者と子育ち社会の取り組みや同じ居場所での
今後の対応など、多方面から講演をお願いする
]
近年、社会構造が都市に集中し、核家族化した事の弊害は
機械化や合理化で物事が運ばれすぎて、人の心までが・・・
子供を育てる、他人任せにせざるを得ない様な社会の中で
子供達と高齢者の関係が、見直されつつあるような気がする

本日の研修は、考えさせられる多くの問題点があった
子供達が大きくなっても、心に残るようなまちづくりをする
私がこの町に来て、地域で役を受けてからの思いである
2年間の大役を終えて、その思いを各個配布したと記憶する
c0239329_015926.jpg

子ども自身には生きる力がある、子育てではなく子育ち支援だ
自分の意思でやる、命令より見守る気持ちが大切である
子供達と向き合うには、何度も繰り返しゆっくりペースがいい
此処に子供と高齢者の相性があるが、甘えではなく教える
何事も体験から学び、教える事の必要性を思う

子供達がなりたいものは?父母ではなく動物がいいと言う
そこに父親像がないのは悲しい事であり、ショッキングな話だ
汗を流して働く姿が見れない社会がある、昔は父親も先生も
身近で存在感があり、悪い事をすれば怖い存在であった

最後の配られた、ワークシートの発表は盛り上がった
「この町のここがいい!」「もう少し何とかしたい」
各人が書き込み発言をして、黒板に書き込んでゆく
「では、どうするの?」4人がグループワークで論議して発表する
なかなか良い意見が続出する

本日が最後の最後となる、12回の研修会は短期間に集中したが
新しい発見が沢山あった、この町には沢山の人材も団体もある
町の宝としてネットワークでつなぎ、より大きな受け皿となる
NPO法人に求められている事だと思う

・親と子の 絆は優しく 顔と顔
[PR]
by kyousinomori | 2007-03-15 00:27 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)

第12回「高齢者林間学校研修会」…「高齢者と子育ての交流」

平成19年3月15日(木)

第12回 講演会 「高齢者と子育ての交流」 講師 養父 栄子氏
                              (子供NPOはらっぱ 副理事長)
(13:30~15:30) …[孝子小学校 教室]
今日は我が町のNPOが取り組んでいる、        
高齢者林間学校の研修会の講師として招かれ、
話をしにいってきました。
「子どもの育つまちづくり」をテーマに、
高齢者と子育てについて話をしてきました。
子どもたちが、家庭や地域で
質のよい人間関係を作っていってほしい、
そのために大人は何ができるかを
中心に話をしてきました。

普段から人前で話をするのはなれているのですが、
2時間という枠をもらった事はありません。
ファシリテーターとして、ワークショップを進めたり、
テーマにそって参加者の意見を拾っていく
進め方は良くしているんですが。
2時間ずっと話しというは、しんどいものがあるので、
(話すほうも、聞くほうも)
後半はワークショップをしました。

わが町の良いところ探し(プラス面)と、
もうちょっとなんとかならへんの探し(マイナス面)。
私も含め、この町が大好きな人たちばかりなので、
プラス面がいっぱい出てきます。
自分の住んでいる町の良いところを話すのは、
なんだか楽しい気分になります。
逆にマイナス面は、なかなか出てこない。
ところが、出はじめると止まらない。
そして、だんだん役場に関する事が増えてきます。

出尽くしたところで、
グループでマイナス面について
話し合ってもらいました。
プラスとマイナスは、背中合わせ。
マイナスはプラスに変える事ができる、
我が町の大事な資源です。
どうしたら、プラスに変えていけるのか。
例えば、町に核となるものがないという、問題点。
特急の止まる駅なのに、
近くに商店街もなければ、役場も遠い。
これは無理ですよね。
確かに、こういった核になる建物が
建設される見こみはほとんどありません。
赤字財政の町なので無理なのはわかっています。
けれども、休耕田や空家の利用を勧めるために、
NPOが中心となって、人と人、
人と資源をを結びつける事はできるのです。
町の活性化は、箱物を作る事
この町の人たちをつなげていけたら、
もっともっとステキな町になる。
人が、NPOが核になることは
わたしたちの力でできるんです。
今日は、わたしにとっても学びの時間となりました。
こういう時間が持てた事を、心から感謝します。

第12回「高齢者林間学校研修会」の議事録作成しました
c0108460_0104791.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2007-03-15 00:06 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)

H19年3月 第1回 「高齢者林間学校」開催

平成19年3月12日(月) 晴れ

参加者  「泉州ひまわりネット」  グループ 11名
      サポーター…みさき里山クラブ 6名
c0108460_205581.jpg

11:00 里山グループ 孝子の森に集合→出向かえ準備
       焚き火 トン汁 お湯沸し 原木お絵描き 配膳
c0108460_2053143.jpg

12:10 参加者到着
12:17 岡田 みさき里山クラブ代表挨拶
       …孝子の森の出来た経過と概要説明 
12:20 昼食…孝子の森「バンブーハウス」
          「くにべ」の弁当…岬まつり寿司
里山会員のJさんが昨日採集した山菜のてんぷら
           同じくJさんが料理したトン汁
           同じく会員のHさんが手もみしたお茶
c0108460_2062848.jpg

c0108460_2065033.jpg

c0108460_2073163.jpg

13:00 焼き芋投入 シイタケ収穫
c0108460_2082271.jpg

c0108460_208549.jpg

13:10 原木お絵描き ディスコン競技
c0108460_209302.jpg

c0108460_2010858.jpg

c0108460_20103672.jpg

c0108460_2011819.jpg

13:40 尾根散策…第5ルート→第5展望台→
       第4ルート→第2ルート→第3ルート→
c0108460_20114320.jpg

c0108460_20122018.jpg

c0108460_20125762.jpg

14:25 焼き芋&コーヒータイム 
      竹笛お遊び
      おしゃべりタイム
c0108460_20133453.jpg

c0108460_20135782.jpg

15:15 下山
[PR]
by kyousinomori | 2007-03-12 00:02 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)

第11回「高齢者林間学校研修会」…「高齢者の施設活用」

3月9日(金)② 晴れ

  (13:30~15:30)「青少年海洋センター:太平洋ルーム」…参加者 11名
  「高齢者の施設活用」  
     …青少年海洋センター[片岡 弘尚 所長]
c0108460_0542429.jpg

大阪府立青少年海洋センターは、
1975年(S50)に 大阪府の南端、泉南郡 岬町 淡輪に
青少年に自然と親しむ健康で文化的な
 レクリエーション活動の場を提供し、
もって青少年の健全な育成を図るための
公の活動施設として設置され、
以来毎年多くの方々ににご利用いただいております。
c0108460_0553258.jpg

大阪湾を一望でき、関西国際空港、淡路島、
 明石海峡大橋、六甲山を望み、
淡輪ヨットハーバーと淡輪海水浴場のある
せんなん里海公園との間にある、
ロケーションに恵まれた施設です。
c0108460_0564753.jpg

海洋、海浜プログラムの体験学習、
 校外学習はもちろんのこと、
オリエンテーション合宿やセミナー、研修会、
勉強合宿、親睦会、スポーツ合宿、他
いろいろな目的にご利用いただけます。
c0108460_0595238.jpg

大阪府の指定管理者制度導入により
2006年4月から、海洋センター は
指定管理者の管理運営になりました

「子どもの成長の中で 遊びは重要な要素である」
「核家族化 少子化が進む中 
  兄弟 友だち等のグループ遊びの経験が減少
  海洋センターでは グループ遊びを重視している」
「建物全体が大型タンカーのイメージで建造され
  子ども達に 船内での生活経験を体験してもらう」
「学校の行事としての利用者が60%であるが
  最近では 高齢者の利用も増加してきている
  今日も老人大学の卒業旅行に利用してくれた
    昨日は海で船に乗り釣りをし
    今日は飯盛山登山と長松海岸散策に行っていた」
「海洋センターには沢山の遊びのプログラムを準備している
  ボランティア60人のリーダーも待機している」

 (14:40~15:30)
「大型ヨット:30fモータークルーザー」でクルージング 

  海洋センターから岬カントリー沖までの往復で
  海上から岬町全体を観察できた
  波が静かで小春日和で
  子どもに帰って 参加者全員大喜び
c0108460_10523.jpg

c0108460_112371.jpg

c0108460_133953.jpg

c0108460_14208.jpg

[議事録作成」
c0108460_21463512.jpg

c0108460_21465058.jpg
               
[PR]
by kyousinomori | 2007-03-09 23:49 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)

第10回「高齢者林間学校研修会」…「香りを育てる話」

3月3日(土)② 曇り

  (13:30~15:30)「せんなん里海公園無料休憩室」…参加者 12名
  「香りを育てる話」  
     …ハーブタペストリー香りの会[牛窓悦子代表]
                    (サポート会員 計6名)
1.ハーブタペストリー香りの会の概要説明  桜井 勲 代表
   公園を借りて自主運営している
   土作り 種まき 育苗 植付 等々
   管理している花も100種以上ある
   ハーブ中心の作品つくりも楽しみである
c0108460_0492422.jpg

c0108460_0581128.jpg

2.香りの話  牛窓 悦子 副代表
   …(ハーブティーと花びらの砂糖菓子を振舞われた)
    ハーブティーと花びらの砂糖菓子の作り方説明
    ハーブの香りをいろんな方法で楽しみ方
    (お土産…ハーブソルト ハーブスティック 他)
    ハーブソルトの作り方と使い方の説明
    刈り込んだハーブは入浴剤にもなる
    年3回のイベントで一般の方の参加募集
c0108460_0522152.jpg

c0108460_105250.jpg

    色々なお花の楽しみ方を多くの人に知ってもらいたい
    ラベンダーの丘が3年で枯れてしまい失敗
    メドーガーデンに移行したが
    又 前回の失敗を参考にしてラベンダーに挑戦する
    埋立地で土壌が悪いが
    新しい株を次々に植え付けることで
    大株の枯れるのを補充していく
3.ガーデン散策
    牛窓さn他 香りの会会員に案内され
    ガーデンの目的 苦労話し 花の説明 等々
    春の花盛りに 又来ると参加者の感想
c0108460_0504133.jpg

c0108460_0531793.jpg


「議事録作成」
c0108460_13234776.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2007-03-03 23:41 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)

第9回「高齢者林間学校研修会」…「里海で森を育てる話」

3月3日(土)① 曇り

  (10:00~12:00)「せんなん里海公園無料休憩室」…参加者 14名
  「里海で森を育てる話」  
     …うみべの森を育てる会[西台幸子代表]
                     (パワポント製作&操作 河原副代表)
                     (サポート会員 計7名)
c0108460_2154654.jpg

1.うみべの森って
   「うみべの森」…せんなん里海公園内の
             海洋センターから田山川までの細長い樹林帯
   50年前 30年前の海岸の紹介とその後の大幅な変化
   10年前に埋立地に大阪府立公園が開設された
   2002年に「うみべの森を育てる会」が発足
   市民の憩いの場として 自然保護や環境学習の場として
   里山に近い風情を残したいと願いつつ
   試行錯誤しながら 森を育て 維持 管理してきた
2.森の案内
   過酷な草との競争の草刈り作業
   しかし 根笹を刈り込むことにより 
   ササユリが毎年増える喜び
   海岸林中心の森を
   実生から苗を育て 森に戻している
   ビオトープを作り 水の確保に知恵を出し合い
   森のアイドル陸ガニの穴からの漏水を
   楽しみながら補修し
   トンボ 蛙 亀 メダカ等の水辺の生物の
   環境維持の努力をしています
   春と秋には小学生の学習サポートが集中し
   子供たちと一緒になって観察したり遊んだりしています
   夏にはカニの放仔とウミホタルの観察会で
   生命の誕生や 海の神秘に感動しています
   森があり 池があり 海がある
   この環境を大事にしていきたいと思っています
c0108460_222850.jpg

3.これからのこと
   各種イベントを企画し
   ノコギリを使ったり
   ペンキで原木に絵を描いたり
   公園の行事には「とんど」や焼き芋で参加したり
   森へ来てくれた人たちとの交流を大切にしています
   問題も次々と発生しますが
   会員の知恵 工夫 労力 技術等で
   乗り越えてきました
   これは私たちの財産です
   森の立場に立って考え
   うみべの森は私たちを育ててくれています
   海 森 山の三拍子揃った環境を
   これ以上壊されることなく守っていきたい
c0108460_2157222.jpg

4.ビデオ上映…説明 森(生物リーダー)
   ①うみべの森の「カニ放仔観察会」
   ②NHK放送ビデオ「カニ放仔」
5.質疑応答
   地元の人の話
     「埋め立て前は この海岸には カニも魚もタコも 沢山いた 
       子供の恰好の遊び場であった」
6.うみべの森散策
   新山→ふかふか小径→カブちゃんベッド→椿の森
   一部の参加者…原木ヒナ人形作りに挑戦
c0108460_223265.jpg

c0108460_2242215.jpg

  「うみべの森を育てる会会員の竹細工…かぐや姫」
c0108460_2245679.jpg


[議事録作成]
c0108460_1535352.jpg

c0108460_1541860.jpg

   
[PR]
by kyousinomori | 2007-03-03 23:38 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)