「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

岬高校「山海人プロジェクト2012」(第1学年)「孝子の森で植樹しよう!」

平成24年10月30日(火) 晴れ・曇り
c0108460_20194820.jpg

(7:30~14:20) …孝子小学校&孝子の森
会員参加者 17名 
[岡田 甲斐 佐々木 徐 立石 谷口州 谷口眞 西山 羽間 久川兼 
 的羽千 丸山勝 丸山禮 宮崎 柚岡 渡邉][新野] 
集合「孝子小学校」→徒歩(客山ルート)→(客山展望台)→
孝子の森植樹場所「ピーク地点近辺中央谷斜面周辺」→孝子の森イベント広場)
岬高校参加 1年生 約160名 先生 約20名
c0108460_20211910.jpg

今年は1年生6組を受け入れることになった
みさき里山クラブも会員に動員号令を掛け
16名集まり 応援として新野さんが来てくれ
総勢17名で対応することになった
イザと云う時は会員は集まってくれるもので
みさき里山クラブの動員力を誇示できた
c0108460_20224714.jpg

孝子の森への案内班 植樹場所の指導員班
里山広場での鋸&竹節抜き指導員班
問題があれば動ける遊撃班 介護班 カメラ班と
専門部署に対応できることになった
c0108460_20243186.jpg

8:00 みさき里山クラブサポーター17名集合
    7:30くらいから会員はどんどん集まりだした
    生徒が到着前に案内班以外は それぞれの場所へ準備に先行した
     [介護班は足の悪い生徒を車で里山広場まで案内する]
c0108460_20272167.jpg

8:24 第1グループ(2組)が孝子駅に到着⇒孝子小学校へ移動
c0108460_20283984.jpg
    
8:37 ミーティング…手袋 植樹水やり用ペットボトル 各個人に配布
     (みさき里山クラブ)甲斐ガイド挨拶
     1人がひと電車遅れたため到着まで待つ
c0108460_2029128.jpg

8:56 孝子小学校スタート⇒客山ルート経由…甲斐 立石
c0108460_20311251.jpg
c0108460_2032250.jpg

9:22 客山展望台到着
     先頭と後続は10分近くも開いていた
     ここで少しだけ休憩し展望を楽しむ
c0108460_2035104.jpg
c0108460_2033946.jpg
    
9:35 植樹場所へ到着(ピーク地点近辺)
     中央谷斜面の尾根近辺に 暫定的な植樹穴を事前に掘ってある
     ここをスコップで掘り起し 土を大事にするためにシートの上に置く
     赤松 各組6本の植樹
     植樹して各自持参のペットの水をやり終了
c0108460_20371484.jpg

c0108460_20381086.jpg

c0108460_20392363.jpg
c0108460_20404692.jpg
c0108460_20411525.jpg

9:50 里山広場へ冒険ルートから下山
     (ロープを持たないと降りられないほどの急斜面で
      ワイワイ・キャーキャー云いながら一番楽しんでいたように思う)
c0108460_20442561.jpg

c0108460_2045740.jpg

c0108460_20454023.jpg

10:01 孝子の森里山広場に到着
       丸太切り体験や半割り竹の節抜きに挑戦
c0108460_20463644.jpg
c0108460_2049522.jpg

c0108460_20515613.jpg

10:15 下山開始→伊豆賀林道ルートから孝子小学校へ
c0108460_20524816.jpg

以上が1グループの行動パターンであり 
これが20~40分間隔(電車の到着間隔)で合計6グループに対応した
最後のグループが下山したのは12:30であった
生徒が里山に居る間は火気厳禁であり 当然喫煙禁止である
昼の食事の準備も出来ない状態であったが
女性部は12:30から味噌汁を焚いてくれた
その間鋸クズや竹節クズなどのゴミ拾いを行っていた
c0108460_2110838.jpg

少し遅いが13時前の昼食なり 同時に今日の反省会も行った
14:00 みさき里山クラブ会員解散
c0108460_21105560.jpg

[その他の組の植樹風景]
c0108460_21152280.jpg
c0108460_2116254.jpg
c0108460_21181750.jpg
c0108460_21225190.jpg
c0108460_21251467.jpg
c0108460_21255971.jpg
c0108460_2131792.jpg
c0108460_21325094.jpg
c0108460_21335178.jpg

[冒険ルートより下山の組]
c0108460_21191713.jpg
c0108460_21195839.jpg
c0108460_21215192.jpg
c0108460_21264958.jpg
c0108460_21272181.jpg
c0108460_2129550.jpg

[丸太切り体験]
c0108460_21362271.jpg
c0108460_21365921.jpg
c0108460_2138177.jpg

[半割り竹の節取り]
c0108460_21391729.jpg

c0108460_2140024.jpg
c0108460_21405454.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-10-30 21:50 | 岬高校関係 | Comments(0)

岬高校「山海人プロジェクト」から  by (ナベサダ)

平成24年10月30日(火)
本日は岬高校生が「山海人プロジェクト」で孝子の森に来てくれた。
f0053885_2024699.jpg

1年生6クラスがクラス毎に30分間隔で孝子小学校に集い、
順次、孝子小学校~客山コース~展望台~
尾根コース沿いの山にて植樹~孝子の森広場へ、

孝子小学校では、みさき里山クラブの一員として、簡単に注意事項を述べさせて頂いた。
・皆さんを迎えるに当りクラブの皆さんが里山整備をした事、
・山には枯草や枯葉が沢山有るので火気厳禁である事
・携帯電話が谷間では繋らないので、勝手な行動はしない事  等々
客山コース~展望台へ:
f0053885_2042133.jpg

f0053885_2044111.jpg

クッションの良い道を賑やかに登る、昔はお客を招いた場所、
イノシシの風呂場を教え、展望台では微かに淡路島や海が見えるも、
山と山の間に泉佐野市のゲートタワービルの頭が見え、
その方向から来る生徒も多いので一番反応があった様だ。
f0053885_205199.jpg

f0053885_2055023.jpg

植樹:クラス毎に6班に分かれて、所定の場所にスコップで穴を掘り、
1クラスでアカマツ6本を植えたので、今回の植樹は合計36本植えた事になる。
大きく育って松茸が生えたらどうする?大きな夢が膨らむ感じである。

広場:丸太切りや竹の節落しにチャレンジした。
f0053885_2074036.jpg
f0053885_2082845.jpg

丸太は3箇所に準備してノコギリ体験である。
其々に競争心を燃やしながら丸太切りをした、
3㎝幅の檜材の切り落しを手に“新築の匂いがする!”喜んでカバンに仕舞う姿も有った。
竹の節落しは、自然薯堀の道具で結構良い感じで削ぎ落とせるので、
喜んでチャレンジする姿があった。
最後は里山広場にて、お世話いただいた里山の皆さんに挨拶してのお別れである。
f0053885_208536.jpg

本日の行事が無事に終って、クラブの皆さんは昼食~反省点や交流をして解散する。

・松植樹 夢の先には 松茸か?
[PR]
by kyousinomori | 2012-10-30 20:41 | 岬高校関係 | Comments(0)

岬高校1年生サポート  by (仁べ)

平成24年10月30日
コメリで 売れ残りの 神様グッズを 投売りしていた。
ケヤキの小さな賽銭箱が 500円 お札たてが 100円
どれも丁寧なつくりで 早速購入。
神様グッズの安売りとは 神様も商品経済の厳しさに驚いているだろう。
早く 里山の子宝の木を 整備しようと思う!
e0228405_22335919.jpg

今日は 岬高校の生徒が 里山に来た。
岬高校を応援しての 行事だが 今時の高校生はとは あまり言いたくはないが、
今時の高校生を担当する先生は 大変だなあと ため息が出る。
e0228405_22464381.jpg
e0228405_224706.jpg
e0228405_22595689.jpg
e0228405_2301966.jpg
e0228405_2303733.jpg
 
[PR]
by kyousinomori | 2012-10-30 19:53 | 岬高校関係 | Comments(0)

「バンブーハウス」竹屋根葺き替え用竹割り

平成24年10月26日(金) 晴れ
c0108460_19481471.jpg

(9:20~15:00) …孝子の森
参加者 11名 [雨宮 岡田 佐々木 立石 羽間 
           久川恵 久川兼 丸山勝 丸山禮 横山 渡邊] 
集合…(9:20「孝子小学校」→徒歩→孝子の森)
c0108460_19484918.jpg

秋晴れのきれいに澄み切った青い空である
途中に見られる柿はまだ赤さが足りないが
熟したような柿にはメジロが集まっている
春先には少なかったメジロは最近はよく見られる
しかし柿の実の成り方は少なく その上に小さい
c0108460_19494997.jpg

孝子の森への林道に入ると3度は温度が低く感じる
道は雨が降ったように湿った感じであり
相当強い朝露があったのだろうか
c0108460_19502758.jpg

 [作業前には必ず ラジオ体操]
c0108460_195121100.jpg
c0108460_19531071.jpg

今日の作業
1.「バンブーハウス」の竹屋根葺き替え用竹材
  ①3mの竹をナタで2つ割りにする
    ナタを木製ハンマーで叩きながら半分ぐらい割り 後は力任せに引き裂く
c0108460_19552236.jpg

  ②半割りの竹の先端を45度の角度で切断
    電動マルノコで切断するが 発電機の調子が今ひとつ調子よくないので
    時々止まり なだめながら作業していた
c0108460_19562430.jpg
c0108460_1958068.jpg

  ③半割の竹の節取り
    久川さんの山芋掘りの特殊なスコップを 使わせてもらって効率よく出来る
    これをハンマーで取っていては 大変な時間が掛かる作業である
    …30日に岬高校生が来た時には この作業をしてもらうことに決定
c0108460_19572412.jpg

  ④どんどん出来る竹の切れっ端を たき火にくべて整理する
c0108460_19591087.jpg

2.中央谷道の階段補修…[久川兼 佐々木]
   登り口から丁寧に補修していく
   イノシシにひっくり返された部分も多いが 雨で土が流された部分もあり
   階段踊り場を平にしながら 雨水を逃がす溝を竹で作ったりして補修
   階段の部材は松の腐りきった芯(コエマツ)を使う
c0108460_2002817.jpg
c0108460_2005847.jpg

c0108460_2013060.jpg

3.里山の畑の草引き…[久川恵]
   ササユリ畑や苗木畑をキレに整備
4.昼食の味噌汁とコーヒータイム準備…[丸山禮・雨宮]
c0108460_202920.jpg
  
   コーヒータイムには焼き芋が出てきた
   そのために朝から久川さんはたき火をして
   沢山の熾き火を作り じっくり時間を掛けて焼いてくれた
c0108460_2024947.jpg

   丹波のサツマイモの精かたき火の精か分からないが 非常においしかった
   たき火をするため灰を掻きだしていたら カエルと大きなムカデが出てきた
   カエルは畑に移住してもらったが ムカデは火葬された
5.30日の岬高校「山海人プロジェクト」の打合せ
c0108460_2043097.jpg

  [しいたけ畑の囲いもきれいに完成している]
c0108460_2063529.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-10-26 20:54 | 2012年活動状況 | Comments(0)

孝子の森にて  by (ナベサダ)

平成24年10月26日(金)
岬高校支援活動に支援の変更が有ったところへ、
タイミング良くコスモス畑へ耕運機がはいる連絡があり立会う。
流石に機械作業は早く1時間ほどで耕やせるも畝作りは後日となる。
明後日が雨予報もあり周りの溝は、雨水が抜けるようにスコップで少し対応する。
f0053885_2155285.jpg

終ってから孝子の森に行く。
f0053885_2173764.jpg

f0053885_218236.jpg

11月度の林間学校・蔓編み教室の材料確認をしながら孝子の森へ、
今日の作業は30日の岬高校「山海人プロジェクト」支援の準備、
それにハウスの竹屋根葺き替えの準備、
その孟宗竹を半分割り~45度のカット~節落しと流れ作業?である。
危険度の少ない節落しも高校生の里山体験に残すとする。
f0053885_2182592.jpg

小学校から里山への道もすっかり秋景色になってきた。
今年は柿がやや少ないとは言え、毎年秋を教えてくれる柿の色付く姿が、
故郷を思い出して何とも嬉しい限りだ。

・実る柿 何故か故郷 想う秋
[PR]
by kyousinomori | 2012-10-26 19:47 | 2012年活動状況 | Comments(0)

東畑竹林より竹搬送

平成24年10月19日(金) 晴れ
c0108460_18105076.jpg

(9:20~14:40) …東畑土取跡竹林 & 孝子の森
参加者 7名 [岡田 立石 羽間 久川兼 樋山 丸山勝 丸山禮] 
集合…(9:20「孝子小学校」→車同乗→東畑土取跡竹林→孝子の森)
c0108460_18121771.jpg

2日連続雨の後の快晴の日であるが会員の参加者は少ない
秋は何かと行事がぶつかり集まりは悪くなる
孝子の森の「バンブーハウス」が2005年12月に完成して7年になる
さすがに竹の屋根は少し腐ってきて雨漏りが各所で出始めた
これを葺き替えることになった…まずは材料集めから始まった
c0108460_18134152.jpg

1.午前の部(9:20~12:00)
  「東畑土取跡竹林」
c0108460_1817020.jpg

  竹林のボランティアの皆さんが 孟宗竹を切り倒し3mに切ってくれて
  竹林の各所に集めてくれてある…大変な作業量であるが
  我々の依頼に気持ちよく応えてくれた
  それを細いもの 若いもの 曲がったものなどを除外して運び出すことになった
c0108460_18151492.jpg

 ①軽トラック2台で2回往復…1台3m×40本積み込む
   孟宗竹なので重いためタイヤが膨れるほどになる
   曲がりくねった急坂の上下があるので運転手も大変である
c0108460_18161365.jpg

 ②竹をより分けながら積み込む
c0108460_18163611.jpg

 ③「岡田・羽間」車 「樋山・丸山」車
   孝子の森へ運び積み降ろし 再度引き返してくる
   孝子の森への登り坂も 滑りやすい重量物なので大変である
c0108460_18184216.jpg

c0108460_18222689.jpg

 ④竹林の中より竹を道路際まで運ぶ…[久川 丸山禮 立石]
   孟宗竹3m 1本は相当に重い
   女性部長は太いのを探しては担いでいた
   本当はかよわい女性でなく力持の女性では…?
   60本ほどを運び出すのに少々力仕事であった
c0108460_18193536.jpg
c0108460_1829476.jpg

2.昼食…東畑竹林(12:00~12:30)
   料理部長は出張先でもちゃんと味噌汁を炊いてくれた
   具材などは刻んで準備してありカセットコンロとお椀まで準備してある
c0108460_18212720.jpg
c0108460_18301162.jpg

   今日はやや寒いので道路のコンクリートの上に直に座り
   日向ぼっこをしながらの弁当…こんな時の味噌汁は最高の味である
c0108460_1822047.jpg

3.孝子の森(13:00~14:40)
  ①2度目の搬送分を全員で積み降ろす
    降ろす場所に杭を打ち転ばぬようにしていたが
    重量で杭も倒れてきたので補強もした
    合計 3m×160本運び上げた
    …前回に運んだ20本と合わせて屋根葺き替えの竹材は揃った
    次は竹を割り節抜き作業である
c0108460_1824888.jpg
c0108460_18243849.jpg

  ②岬高校「孝子の森での植樹」の準備
    丸太切り競争用の丸太6本準備
    丸太を切り取る3cm巾の印付け
    「山海人プロジェクト」の看板作り
    当日の担当分けの打合せ
c0108460_18251299.jpg

c0108460_18253555.jpg
c0108460_1826497.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-10-19 20:55 | 2012年活動状況 | Comments(0)

定例活動日:植樹準備

平成24年10月6日(土) 晴れ・曇り
c0108460_17563980.jpg

(9:20~14:20) …孝子の森
参加者 9名 [岡田 甲斐 佐々木 徐 立石 久川兼 久川珠 樋山 丸山勝] 
集合…(9:20「孝子小学校」→徒歩→孝子の森)
c0108460_17572467.jpg

孝子の森への進入路:伊豆賀林道に入ると
道の両側の草刈りがなされていた
伊豆賀口池の堤防で 中孝子組合の人たち4人と出会った
草刈りをしながらここまで登って来て休憩中のようであった
しばらく話をしていたが ミクリやクサスギカズラも知らないし
堤防が山野草の花園であることも知らない
自分たちが素晴しい自然を持っているのだと知ってもらう必要があると強く感じた
c0108460_17574759.jpg

今日の作業
1.岬高校「山海人プロジェクト」の植樹準備
  …[岡田 甲斐 佐々木 久川珠 樋山 丸山]
   23日に1年生6クラスが孝子の森で植樹する
   40本の赤松の苗を植える場所を決め 少し穴掘りをする
c0108460_17592065.jpg

   生徒達には深く掘って植樹してもらう予定
   久川珠樹さんも男性軍に負けずに 穴掘り作業をしていた
c0108460_17594498.jpg

2.桜道の尾根近くの階段新設&補修…[久川兼 佐々木]
   この道は割合に細かい石が多く 滑っている人も多いので
   階段を新設したり 踊場を平面にしたりの作業
c0108460_1871440.jpg
c0108460_1811639.jpg

   階段の横木は表面を焼いた枯れ松を使い
   杭はコエマツ(枯れた松の芯)を使っての
   持久力のある材料を厳選していた
c0108460_1814453.jpg

3.案内看板の設置…[徐 立石]
  ①客山展望台横の注意事項看板の
    字が1字間違っていたので削って訂正
c0108460_1822545.jpg

  ②看板設置用杭作り
  ③徐さんが描いていたが忘れてきたので 宿題を家まで取りに帰った
c0108460_1834434.jpg

  ④杭を担いで看板を持って尾根の各所に杭を打ち込みながら設置
c0108460_1842035.jpg
c0108460_1832196.jpg

4.ノコギリ台作り…[岡田 甲斐 佐々木 樋山 丸山]
  岬高校の生徒達に丸太切り競争をさせるため
  3箇所 ノコギリ台を丸太杭を打ち込んで作成
c0108460_185879.jpg
c0108460_1853399.jpg

5.セイタカアワダチソウの駆除…[立石]
  今まで抜いてきたが根を残した分が芽生えてきた
  これらをを全て抜き取る…(「バンブーハウス」裏の斜面)
c0108460_186596.jpg

6.トイレ掃除…[久川珠]
7.コーヒータイム準備…[久川珠]
c0108460_1863575.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-10-06 23:00 | 2012年活動状況 | Comments(0)

孝子の森定例活動日 by (仁べ)

平成24年10月6日
今日は 里山活動日。弁当を買って 山に向かう。
このところ 天気は すっかり秋で 空気が気持ちがいい。
見上げる空は すじ雲が広がる。
e0228405_2223676.jpg

このさわやかな空の下で ラジオ体操から 今日の作業開始。
e0228405_2232894.jpg
e0228405_2234314.jpg
e0228405_2235641.jpg

岡田さんの 作業の指示の後 各自分担された作業に向かう。
e0228405_2242284.jpg

23日に 地元の高校生が 山に来て植樹をするので その準備をする。
10代の若者の植樹に 70代の会員が植樹用の穴を掘っておくのだから 変な時代だ。
本来なら 若者達に全部経験してもらいたいのだが、
40分の授業の割り当ての中で完了させなければならないのだ。
形だけの植樹ではあまり意味が無いと思うが、
やらないよりはましと思わなければ やってられない。
山道も 滑って怪我をしないように 修繕した。
修繕の責任者は 84歳だ。なんか変だな!
e0228405_2214065.jpg

僕は 道案内の標識を整備した。
相方は 僕より一回り上の立さん。案内標識を取り付ける杭を 担ぎ上げてくれた。
e0228405_2216877.jpg

半分お遊びで 下膨れのならの木を 「子宝の楢」として 祀ることにした。
e0228405_22162653.jpg

僕が 子宝祈願の 第1号になるつもり。
色んなルートがあるので それぞれに 標識をつけた。
e0228405_2220544.jpg

e0228405_2223818.jpg

このぐらいで 今日の作業は 終了。
[PR]
by kyousinomori | 2012-10-06 20:54 | 2012年活動状況 | Comments(0)

H24年10月度みさき里山クラブ運営委員会

平成24年10月5日(金) 晴れ
c0108460_1662672.jpg

(10:00~11:40) …参加者 6名 [岡田 丸山勝 二宮 丸山禮 久川 立石]
「里山運営委員会」…場所 「ピアッツア5」ロビー
議題1.9月29日(土)南海ハイキングの反省
     *大型台風との予報が効き過ぎて参加者が少ない
     *イベントも途中で中断したし帰りを急ぐ人も多い
     *南海電鉄の担当者は南海カラーでなく
       心底から顧客の方を見て対応しており
       非常に気持ちがよい…協力しやすい
     *緑のゼッケンを付けたのはよかった
       一般の顧客にスッタフの見分けが付く
       今後イベント等にはゼッケンは必須とする
c0108460_1671455.jpg
 
議題2.10月23日(火)岬高校の「山海人プロジェクト」
      予備日 10月30日(火)
     *赤松のポット苗木40本植樹予定
       …場所は尾根道の八王子道との分岐点手前
         尾根に近い場所に植樹
     *6日定例活動日に植樹の位置決めと穴掘り作業
     *参加人数も多く問題児も多いらしい
       会員も含め禁煙の徹底と監視体制強化
     *里山会員には動員をかける
     *歩行困難な介護支援生徒には羽間さんが専任
       …登りは問題ないが下り支援用に背負子の準備
     *作業は休憩なしのスケジュールを組む
       …下りは各自に木を持って降りさせ その木を切らす
c0108460_167417.jpg

議題3.11月23日(金・祭日)手づくり広場開催準備
     *準備材料…つる(くずの蔓は不可)・渋柿・ヤキイモ
     *つる編み講師…主:徐  副:丸山禮
     *製作過程のポイントの基本的な見本を展示する
     *原則は1人1カゴ分⇒2カゴ目からは追加料金1個300円
c0108460_1681738.jpg

議題4.「バンブーハウス」補修計画
     *竹の屋根を葺き替える
     *現在は桟が多すぎる…1本はスキップする
     *西畑竹林からの竹運搬…11月中に完了する
        ①10月17日(水) ②10月31日(水)
     *足場のパイプ不足⇒リースも検討
     *詳細スケジュールは材料が揃ってから決める
c0108460_1685248.jpg

議題5.「里地里山保全活動の推進効果に関するアンケート」
      の調査結果概要…環境庁編
     *みさき里山クラブは行政とのつながりが弱い
       和大との提携を検討したい
     *規模は30人以下が半分 四分の三が満足
     *新規会員の入会が少ないのが悩みの種
c0108460_1695428.jpg

議題6.会員募集方法を考えよう
     *個人的勧誘に力を入れる
     *会員募集チラシを機会ある毎に配布
     *真剣に考えないと会の存亡にかかわる
c0108460_16103572.jpg

議題7.その他
  ①「里山の環境学」(武内和彦著)…購入を検討
     会員の学習を促がしたい
  ②「青葉通信」の多奈川小学校大辻秀子先生の文章
    …「岬町めぐり・孝子コース」…回覧
  ③桜道の登り口に階段を設ける…久川担当
  ④イベントでお父さんも対象にするものも検討
  ⑤女性部の作業は今後は積極的に提示する
    …例:桜谷斜面の植樹の手入れを全面的に任す
     積極的に声掛けして作業参加を推進する
     お嬢様的扱いはせず男性と対等に扱う
c0108460_16112112.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-10-05 23:57 | 運営委員会 | Comments(0)

平成24年10月度「大人の林間学校」

平成24年10月3日(水) 晴れ
c0108460_2212750.jpg

参加者 20名(男性10名 女性10名)  
[大阪市内=1 茨木市=1 高槻市=3 吹田市=3 豊中市=2 
門真市=1 枚方市=1 箕面市=1 富田林市=1 堺市=1
河内長野市=1 岸和田市=2 岬町=2] …『12市1町』
サポーター …7名
[渡邊 甲斐浩 岡田 徐 甲斐龍 立石 丸山勝]
講師…1名[西台氏]
c0108460_222140.jpg

『孝子小学校』
8:50 スタッフ集合…会場準備
     椅子の配置&資料配布&ピアノの設置
     南海本線孝子駅へ参加者のお出迎え
c0108460_2222657.jpg

9:00 受付開始
    …参加者が早く集まったので予定より早く開始した
9:33 朝礼(講堂)…渡邊校長
c0108460_2225783.jpg

  「「大人の林間学校」も今回が57回目である
   孝子地区の歴史を簡単に説明…マッタケの産地 孝子駅に急行も止まった
   1時間目の徐講師の紹介
   孝子小学校の経歴説明…M5開校 M41この校舎新築 S16講堂建築 
     S21頃児童120人 H5休校 校庭のメタセコイヤの説明
   今日明日のスケジュール
c0108460_2235652.jpg

9:41 ラジオ体操…渡邊校長インストラクター
c0108460_224221.jpg

9:47 教室へ移動
c0108460_224475.jpg
 
9:49 渡邊校長の「出席をとります!」
c0108460_2261528.jpg

9:52 1時間目「坂の上の雲」そのあとの日本…教室
       講師 徐仁義(中華厨房「仁べ」店主)
c0108460_227068.jpg
 
 …この授業で言いたいことは
 「日本人はもっと近現代史を勉強しようよ!」
 1.吉村昭「海の史劇」文末の紹介 
   …日露戦争の世界的な意義と詳細説明
   その他吉村昭氏の著書の紹介…「関東大震災」等いずれも有意義な著書である
  *日露戦争は勝ったのではなくて判定勝ちである
  *当時の軍部は徹底的にロシアを分析して
    戦争が長期化すれば完敗すると認識
  *アメリカやイギリスに早い時期に
    調停に入ってもらうことを事前に根回ししていた
  *ロシア国内にスパイを送り込み革命支援をした
  *日露戦争後の日本は物価高騰いちじるしく
    働き手を失った庶民は困窮した
c0108460_2274972.jpg
 
 2.日本の勝利は欧米各国の警戒心を増大
  *アメリカは満州にロシアが進出するのを嫌っていた
    …満州を植民地にしたくて 直ちに鉄道王ハリマンを派遣
 3.欧米各国の圧迫を受けている弱小国大きな希望を与えた
   …ロシアの大艦隊を全滅させたことに狂喜した
    独立運動や革命が活発化
   (人種差別が厳しく白人支配の時代であった)
   (今と昔と言葉の意味が大いに違う)
c0108460_2282949.jpg

 4.日露戦末期 それ以後は日本の軍事力は停滞
    日本は国際ルールを遵守
    松山捕虜収用所は賓客待遇でロシア兵に好評
    戦争に対する反省なし 装備の研究もなし 38銃をいつまでも重視
 5,遊牧民は情報を重視→農耕民は軽視
   *児玉源太郎は海底ケーブル敷設してまで情報を重視
   *今の日本は成功体験で組織をダメにしている
c0108460_2291515.jpg

 6.ポーツマス講和条約
   *日本は飲まず食わずでケンカして ぎりぎりで引き分けた
   *ロシア領土では戦っておらず ロシアは負けたと思っていない
   *バルチック艦隊が全滅してロシア皇帝が嫌気をさしていた
   *ロシア国内では革命勢力が地下活動を始めていた
 7.爆動→小村寿太郎を斬首せよ!
   …政府は実状を公表できなかった 
 8.自分の国は自分で守る⇒お人よし国家から脱却すべきだ
   軍隊と警察の違いは…? 認識しておくべきだ
c0108460_22102028.jpg
 
10:46 休憩&講堂へ移動
c0108460_22112255.jpg

10:53 2時間目…「音楽教室」
  西台幸子講師 (うみべの森を育てる会代表)
  進行係&歌の解説者…渡邊校長
c0108460_22115029.jpg

  ①赤とんぼ ②つき ③汽車 ④証城寺の貍囃子 ⑤歌の町
c0108460_22124268.jpg

  中休憩…*おもしろ川柳の紹介
  ⑥森の熊さん ⑦手のひらを太陽に ⑧ちいさい秋みつけた
c0108460_22131768.jpg
 
  ⑨学生時代 ⑩見上げてごらん夜の星を
c0108460_22134491.jpg

 「自称 少年少女合唱団は後半になるほど よくなり
  最後の2曲などは男声と女声がよくハモっていた」
c0108460_22142680.jpg
c0108460_22145157.jpg
c0108460_22151744.jpg
  
11:42 休憩&トイレタイム
11:50 孝子の森へ移動…案内[岡田里山代表 渡邊校長 立石]
c0108460_2216252.jpg

  (少し足の悪い2人は徐さんの車で伊豆賀林道道から里山広場へ向った)
  孝子小学校⇒犬飼谷峠道⇒客山ルート⇒孝子の森客山展望台⇒イベント広場
c0108460_22163951.jpg

 30日の台風17号が少しは吹き荒れたので犬飼谷峠道を
 岡田代表と甲斐さんが朝一番に生徒たちが授業中に点検に行ってくれた
 途中大きな桜の枯木が道を塞いでおり
c0108460_22172953.jpg

 それを途中でノコギリで寸断し通行の邪魔にならないように処理してくれ
 道に散乱している小枝を除去し くもの巣も取り払ってくれた
 お陰で林間学校の生徒達はスムースに山へ登ることが出来た
c0108460_22204280.jpg
 
 犬飼谷峠道は雨水の流れ場になっており真ん中がへっこんでいて
 土も湿っており少々歩きにくい
 しかし樹木の多い日陰を歩くので森林浴にもってこいである
c0108460_22181970.jpg

 客山ルートへ入るとふかふかした腐葉土の上を歩くので気持ちよく
 適度に日当たりもあり犬飼谷峠道とは趣の違う山道を味わえる
c0108460_22222652.jpg

 12:23に客山展望台に到着する時には21人の列は相当長くなっていた
c0108460_22233999.jpg

 ここで しばらく小休止
 台上に交代で登って景色を満喫してもらった…「わあー涼しい!」と
 山登りで汗ばんだ身体には非常に快適な風である
c0108460_22242514.jpg
c0108460_22282663.jpg

 展望台の出来るまでの話を聞き 写真を見て大いに感心してくれた
c0108460_22245877.jpg

 客山展望台からはイベント広場までは直であるが
c0108460_22254381.jpg

 下りに弱い女性もおり 手をつないで優しく介護しながら降りてくる
 少年少女は 非常にほほえましい風景であった
 「街中では こんなに手をつなげないなあー」のつぶやきもよかった
c0108460_22263232.jpg

12:43 孝子の森里山広場に到着
c0108460_22274330.jpg

 昼食…「仁べ」徐さんが具財を刻んだりして準備
  それを丸山さん甲斐さんが味噌汁を炊いてくれていた
  男性コック2人の味噌汁の味も美味しかった
  総勢26人なので なんだかゆったりと食事が出来たように思う
c0108460_22295439.jpg
c0108460_22305737.jpg

13:20 スタッフ紹介…司会 渡邊校長
c0108460_22331122.jpg

13:29 「草花教室」…徐講師
  「おもしろい虫の話」
c0108460_2234931.jpg

  ①あさぎまだら(渡り蝶) 
    北海道から台湾まで渡りをする大型のきれいな蝶
    昨年 北海道でマーキングした蝶が山口県で確認された新聞記事や
    徐さんのアサギマダラの標本も回覧
c0108460_22353391.jpg
 
    幼虫の時にガガイモ科の毒性の植物を食べ鳥などに嫌われて食べられない
    最長距離2500km 1日200km飛ぶ速力もある
    名前の由来通り羽は浅黄色がまだらにある
c0108460_22362435.jpg

[2011.10.8.孝子の森のアサギマダラ]
c0108460_826271.jpg

c0108460_827293.jpg

  ②ありじごく…ウスバカゲロウの幼虫
    「バンブーハウス」のテーブルの下にはアリジゴクがたくさんある
    そこの砂をすくって茶漉しで漉したら幼虫が取れた
    その幼虫を拡大鏡で見ながら回覧
c0108460_22375523.jpg
c0108460_2237397.jpg

    幼虫のユニークな生態を説明…穴に落ちた虫を石を投げてそこに引き込む
    うんこをしない…?
    見本の幼虫を飼って観察したいとの生徒も現れた…砂と共にお土産に…
    …「こんな生徒も居たんだ!」と 徐先生 大喜び…
  ③すずめばち…日本には16種
    徐博物館所有の蜂の巣の見本を回覧
c0108460_22384281.jpg

    オオスズメバチ・キイロスズメバチ・コガタスズメバチ・ヒメスズメバチ等々の説明
    人間はスズメバチの巣から機械製紙のヒントを得た
c0108460_2240206.jpg

14:00 「工作教室」…渡邊校長
   クラフト…「だんごブンブン」
c0108460_2241672.jpg

  渡邊校長が準備した材料で細長い紙に色を付け輪にしてして
  穴を空けた部分に糸を通して完成
c0108460_22415992.jpg

  自分の作品をくるくる回して糸を引っ張ればブーンと音がして
  色を付けた輪が勢いよく回りだす
  「こんな感動は久し振りだなあー!」とみんなこどもに返って大喜び
  コーヒータイムも忘れてブンブン回している生徒もいた
c0108460_2243130.jpg
c0108460_22433978.jpg

14:28 コーヒー&焼きたてピザ タイム
  ピザは甲斐厨房の特製品である…ピザ生地も自家製であり
  トッピングも自宅で準備してきたものを生徒にも手伝ってもらい
c0108460_22321287.jpg

  それをピザ窯で丁寧に焼いたものであり 味や焼き加減は抜群である
  全員セルフのインスタントコーヒーを入れてオイシイを連発しながら食べていた
  ピザを食べるのは初めてだと云いながら食べている生徒もいた
c0108460_22441929.jpg

c0108460_22445573.jpg

14:53 授業終了⇒下山開始
c0108460_22454616.jpg

15:05 農産物販売…中孝子清水宅前
  …柏もちとエビ入り切り餅は大人気で完売
    柿・ミカン・いちじくなどの果物も完売していた
15:20 解散
c0108460_22461499.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-10-03 21:12 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)