「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2014年 03月 ( 44 )   > この月の画像一覧

SA同期交流「仁べ」にて    by   (ナベサダ)

平成26年3月31日(月)
定年後シルバーアドバイザー養成講座・地域活動教室で、
1年間学んだ同期生・有志との交流会を岬町は中華厨房「仁べ」にて開催した。
講座終了後10年も経過すると、直ぐに動ける人も少なくなって来たので、
全員に声掛けした訳ではないが、口コミ的に声掛けできた人の集いである。
11時みさき公園駅着の特急で8人が見えた。
近くても「ふれあい坂」は急なので、私の車で「仁べ」へとピストンで移送する。
f0053885_21511474.jpg

なんば駅~みさき公園駅まで約50分間にも話は有ったのだろうが、次々と出てくる話が止まらない!
昼食時間より随分早く到着したのに、話題は尽きないまま昼食タイムへ
食前酒で乾杯!
f0053885_2151488.jpg

9種類の前菜には、料理法や味付けには1点毎に度肝を抜かれた感じである。
f0053885_21521468.jpg

次々と料理が入れ替わり料理の説明を聞く度に、何度も歓声やら話題が盛り上がる。
f0053885_21533022.jpg

f0053885_21535585.jpg

中でも春蘭の塩漬けは、この時期に家の庭に咲いた春蘭を加工されたもの、
高級料亭でも滅多に出ないものである。
そして野菜で描かれた花は黒いお盆に満開の桜も見事で、直ぐには手が付けられなかった。
f0053885_21565589.jpg

トンポーローは初めて食する方ばかりで。
豚の柔らか角煮をパンに挟んで食するのだが、何度も中国に旅された方も初めだと、驚いて頬張っておられた。
f0053885_21572161.jpg

最後は炊き込みと汁と漬物と杏仁豆腐であるが、
「仁べ」の料理は“大阪市内では食べられない料理だ”と皆さん大喜びであった。
f0053885_21575551.jpg

懇談交流は順番に指名が回り、みんな雄弁な方ばかり・・それに突っ込みを入れる方有り・・終わりがないので・・
仁べ(徐さん)に草花のミニ講座を依頼すると「菜の花、何の花」と題して、この時期の菜の花の種類を説明頂いた。
f0053885_21583595.jpg

朧月夜の菜の花畑は・・・野沢菜
菜の花や月は東へ日は西へ・・蕪村の句はかぶら菜(蕪)
聖護院カブラ、スグキナ、天王寺カブラ、桜島大根、・・事例を入れながらこの時期の菜の花説明には、
知ってるようでも知らない内容が多く、勉強をさせて頂いた・
f0053885_2159780.jpg

~西稜古墳内の散策へ
f0053885_21594444.jpg

五世紀前期に造られた前方後円墳であること、大きさでは全国で25番目ぐらい?
こうした機会が滅多にないのでロマンを味わってほしい事、3段で造り上げられている古墳である事、
前方部分では祭礼の儀式が行われた様で、後円の頂点には石棺があり、
掘られた事は一度あったようだが又埋め戻されたそうだ。
f0053885_2204338.jpg

f0053885_221378.jpg

1段目を一回りして上部に行き、その昔に思いを描きながら古墳を後にして帰路に・・
晩にメールが入り“徐先生の料理堪能しました。至れり尽くせり有難うございました”

・交流は 食と会話と おもてなし
[PR]
by kyousinomori | 2014-03-31 23:55 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

準備    by   (ナベサダ)

平成26年3月30日(日)
昨晩から今朝にかけては風雨の激しかったが、昼からは予報通り天候は回復して来たようだ。
そろそろ「つつじ祭り」用おもちゃ作りの準備をしなければと思案している。
例年通り「ストロートンボ」と初挑戦の「鉄棒人形」を選んでみた。
元絵のコピー40セット分を見先氏に依頼したので、今日は試作と切込みと穴あけをして見たところ、
仕上げると子供たちが喜びそうなので良いのだが、無茶苦茶手間が掛かるのでイベントには無理か?
適当な数量で切り上げるとして、近日中に数点に絞って選択するつもりである。
f0053885_20284032.jpg

パソコンの調子も悪い!近日中に見て貰う積りであるが・・・。

・税値上げ 買い貯めをして 狭く住み
[PR]
by kyousinomori | 2014-03-30 23:53 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

書道展&紀三井寺・桜    by   (ナベサダ)

平成26年3月29日(土)
土曜朝市にて、昨日収穫した「岬高わかめ」を20パック準備したが、声掛けしても売れたのは13パック、
残り7パックは山海人プロジェクトサポート団体みさき里山クラブの面々が、
近くで草刈作業中だったので渡して処理する。

~土曜朝市・世話役の清水達三さんから、書展のお知らせを頂いていたのをカレンダーに書き込んでいたので、
上さん同行で和歌の浦アート・キューブに行く。
f0053885_2058335.jpg

子ども達から大人までの多様な書道展であった。
目的は清水さんの書であるが・・漢文字300?位をきっちりと縦横揃えて見事に書き上げておられた。
連日多忙な姿を見ているので、イメージとは大違いだと評しておいたら、
訪問のお礼の電話が有り・・忙中閑ありの心境らしい。
f0053885_20582144.jpg
f0053885_20583725.jpg

~近畿地方の桜前線は紀三井寺から始まると言われているので、西国三十三か所・第二番札所である紀三井寺に行く。
f0053885_20592232.jpg

f0053885_210561.jpg

信仰は別として約200数段の石段を登りながら、次々と程よく咲いた桜を満喫する。
駐車場は満杯・・観光バスも数台・・急な階段を上り下りする人で賑わっていた。
f0053885_2104291.jpg

~少し足を延ばして、こころに響く日本庭園として名のある琴に浦・温山荘園に行く。
f0053885_2112242.jpg

紀州路随一と言われる庭園は、歴史を感じる黒松やブナの木に天然材の石橋等々、
池とマッチした風景は印象深く、海水によって水位が上下するめずらしい作りとなっているらしい。
大き目な魚が泳いでいたが何だったのだろうか?ボラやイナやハゼが生息しているらしいが・・。
f0053885_211561.jpg

f0053885_2143853.jpg

・桜桜桜 人人人を 魅了する


[PR]
by kyousinomori | 2014-03-29 23:50 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

きのくに子どもNPO『あみはうす』学童保育第4日 & みさき里山クラブ定例活動日     by    (TATE-misaki)

平成26年3月28日(金)晴れ
きのくに子どもNPO『あみはうす』学童保育第4日 & みさき里山クラブ定例活動日

(9:20~16:10)参加者12名 
[大島 岡田 甲斐 佐々木 徐 立石 長原 西山 久川兼 的羽千 丸山勝 丸山禮] 
春が訪れた 孝子の山のあちこちで桜の白や淡い赤の色が主張している
ここ2~3日で急激な変化である いろんな花の咲くのがずれが無くなり同時に咲き出した感じである
空も雲一つない青空で暖かい

c0108460_22134161.jpg
きのくに子どもNPOの学童保育のサポート第4日目である
第4日 参加者 12名(児童 9名 指導者3名)
9:58 孝子小学校に到着
 リックなどの荷物を徐さんの軽四に積み込み孝子の森へ先行してもらう
  子どもたちはゲートボールのおっちゃんとも気軽に話し合っている
c0108460_22134289.jpg
10:01 孝子小学校スタート
 客山ルート経由孝子の森へ・・・先頭:甲斐 後方:大島・長原 フリー立石
c0108460_22134262.jpg
c0108460_22134249.jpg
c0108460_22134364.jpg
 小さい子もいたが割合に脚は強く 30分くらいで展望台に到着した
 展望台手前のミツバツツジが満開で非常にきれいである・・・何とかこの花を増殖したいものである
c0108460_22133913.jpg
c0108460_22133977.jpg
10:33展望台・・・子どもたちも歓声を上げていた
c0108460_22134075.jpg
c0108460_22134095.jpg
c0108460_22134102.jpg
10:40 展望台スタート⇒尾根散策⇒冒険ルートへ
10:46 冒険ルートより下山
 甲斐さんの指導で時間差で ロープにすがりながら降りた
 「本当に冒険ルートや!」と言いながら 悲鳴を上げる子は一人もおらず 全員が楽しんでいた
c0108460_22190019.jpg
c0108460_22185941.jpg
c0108460_22185932.jpg
10:55 孝子の森広場に到着
c0108460_22185613.jpg
 男組 秘密基地作り継続
 女組 丸山勝さんの指導でウツギ笛製作
     穴の開いたウツギを加工して その皮をリードにした笛である
c0108460_22185715.jpg
11:35 早や弁
 ハイキングでお腹が空いたのか 時間より相当早く弁当を食べ出した
 男組は自分たちの秘密基地で食べている
 狭いところに 押しくらまんじゅうのような形で5人が楽しく食べていた
 お互いの弁当のおかずにも手を出していた
c0108460_22185864.jpg
c0108460_22185817.jpg
 おかずを全部食べてしまってから ご飯を食べる食べ方である
 最近の若い人たちはこの食べ方が多いとか・・・
 その他は定刻に丸山禮さん料理の味噌汁付きで昼食
c0108460_22185785.jpg
12:35 *岡田さん指導でシダフェンス作り
 竹を8等分くらいに細く割り 四角い竹の網目枠を作り
 ウラジロを敷き詰めて 竹枠でサンドウイッチにする
 この材料造りに子どもたちも参加・・・竹を切り 割り 穴をあけて針金で止めていく
c0108460_22241552.jpg
c0108460_22241502.jpg
里山会員と子供たちが仲良く作業をしている
c0108460_22241121.jpg
c0108460_22241148.jpg
出来上がったフェンスは秘密基地の壁になるのでは・・・?
c0108460_22284820.jpg
c0108460_22284948.jpg
c0108460_22284928.jpg
c0108460_22285174.jpg
c0108460_22285262.jpg
 *竹割りの時中から出てきたカミキリムシに 男組は興奮し虫を飼うことに熱中しだした
c0108460_22241220.jpg
c0108460_22241284.jpg
 *かくれんぼなどは山の上の方に登って隠れている
   箱の中に隠れたのは攻撃されて大変である
c0108460_22241383.jpg
 *ブランコもねじって4人も乗ってクルクル回している
c0108460_22241492.jpg
c0108460_22241366.jpg
14:20 たき火開始
c0108460_22285180.jpg
 *マシュマロ・リンゴ・バナナ・サツマイモ・チーズなどを 棒に差して たき火であぶって食べるオヤツ
  チーズが人気であった
c0108460_22285389.jpg
c0108460_22285430.jpg
15:30 たき火も自分たちで消して片付け開始
15:48 下山開始 
c0108460_22284825.jpg

みさき里山クラブ定例活動日
長原正則さんが新入会員として参加
*冒険ルート横斜面草刈り・・・[佐々木 西山]

c0108460_22285068.jpg
*サツキ・平戸ツツジの移植・・・[大島 長原 久川 的羽]
  畑の中の苗木を入口手前の通路脇に移植
c0108460_22185633.jpg
*道具小屋の整理・・・[徐]
*新規購入バンドソーの試運転(全員)
c0108460_22325414.jpg
*新入会員に里山の概略説明・・・[立石 長原]
*シダフェンス作り・・・[大島 岡田 長原]
*学童保育サポート・・・[大島 岡田 甲斐 立石 長原 丸山勝]
*料理部・・・[丸山禮] シイタケ収穫 味噌汁炊き コーヒー準備
c0108460_22190055.jpg
*総会の諸問題打ち合せ・・・[徐 立石 丸山勝 丸山禮]
c0108460_22241488.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2014-03-28 22:36 | きのくに子どもNPO | Comments(0)

キューピークラブ送別会    by   (ナベサダ)

平成26年3月28日(水)
岬町淡輪地域「みんなのたまり場」にて、今日はキューピークラブ(淡輪小学校4年~6年生)の6年生送別会が開かれ、
慰問用マジック等の関わりから声掛け頂いて出席する。
キューピークラブとは、平成20年の子ども懇談会をきっかけに、「私たちにもできること」を考えた子供たちが、
高齢者施設への訪問活動を行うボランティアグループを結成。
「この活動を私たちで終わらせたくない!」との想いから、現在では淡輪小学校のクラブ活動として、
地域も巻き込んだ活動を行っています。(社協・キッズEyeより)
f0053885_2074754.jpg

本日参加のキューピークラブメンバーは16名、淡輪小学校嶋坂校長、西教頭・杉田先生(クラブ担当)の出席、
地区福祉委員や社協職員14名?の出席、朝から作られた昼食膳にて交流する。
昼食後は歌の合唱などの予定もあるようだったが、私は予定が有り残念ながら中座する。
お世話される地区福祉委員の方々は、日頃から子供たちの指導に当たって居られる事で、
心身ともに子供の成長に繋がっていると、慰問先や父兄の声を聞く事が多い、ご苦労な事だが素晴らしい成果を思う。

・子ども等の 慰問は心 丸くする
[PR]
by kyousinomori | 2014-03-28 21:45 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

『きのくに子どもNPO『あみはうす』学童保育第3日』 in  孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年3月27日(木)晴れ
(9:20~16:10)  参加者6名 [大島 岡田 甲斐 佐々木 立石 久川兼] 

『きのくに子どもNPO『あみはうす』学童保育第3日』
昨日の雨は去り 暖かい春の陽である 気持ち悪いくらいに暖かい
きのくに子どもNPOの学童保育のサポート第3日目である
第3日 参加者 16名(児童 13名 指導者3名)・・・初めての参加者は2名
9:53 孝子駅に到着

c0108460_21222602.jpg
 リックなどの荷物を里山Cの軽トラに積み込み孝子の森へ先行してもらう
 竹林へ行くまでにツバキの葉っぱを取り 葉っぱ笛を吹きだした
 1日目に渡邊さんに教わった笛が完全に定着し 我がものにしている
c0108460_21222718.jpg
 仲良く兄妹のように手をつないで行く組もいる
c0108460_21222708.jpg
10:07 孝子の森進入路横の竹林
 昨年整備した竹林の竹で 倒れ掛かっているのがたくさんある
 これらの竹を1人づつ伐採してもらった
c0108460_21222808.jpg
c0108460_21222887.jpg
c0108460_21222818.jpg
 その竹を枝の付いたまま 伐った子どもたちに孝子の森まで 約400m運んでもらった
c0108460_21222912.jpg
 竹を引きづりながら 道を掃除するように 太い竹もあったのに運んでくれた
c0108460_21222947.jpg
c0108460_21223043.jpg
10:30 孝子の森到着・・・ミーティング&段取り
10:40 竹の枝切り
c0108460_21325290.jpg
c0108460_21222618.jpg
 自分の竹を責任を持って枝切りする
 ノコギリや剪定鋏を使っている
c0108460_21325370.jpg
 竹の枝を鋏で切断するのに力がいるが 割合に上手に切っていた
 切り終った竹は自分たちの基地に運び 枝まで基地の壁用に男女取り合いで運んでいた
 男組は久川背負子を上手に使いこなしている・・・材料の板まで運び上げていた
c0108460_21325311.jpg
c0108460_21324940.jpg
c0108460_22245271.jpg
11:00 
*男・女組それぞれの秘密基地作り継続
c0108460_21325257.jpg
c0108460_22245574.jpg
 
*新規に一人用秘密基地を作りだした
c0108460_22245146.jpg
*中には基地作りをサボって トカゲを3匹も捕まえ 
  発砲スチロール箱に 砂や木片・シダ等入れて住処を作っていた
  トカゲを手で持つのに怖がらない女の子もいる・・・ワイルドな子供たちが多い
c0108460_21325017.jpg
c0108460_21325182.jpg
c0108460_21325176.jpg
c0108460_22245314.jpg
c0108460_22245495.jpg
*先日ツリーハウスに第2の階段を設置したが その階段を使って遊んでいる組もいた
c0108460_21325036.jpg
*女組基地では本格的なベンチ作りに挑戦しだした
c0108460_21325245.jpg
c0108460_22245394.jpg
  サポーターにも応援してもらいながら 電動ドリルを使って立派なベンチを作り上げた
c0108460_22245393.jpg
c0108460_22245500.jpg
c0108460_22245585.jpg
*女組基地の側には大きなヤマザクラが満開である・・・桜見物のできる基地である
12:05 お弁当・・・「バンブーハウス」
  良く働いたので お弁当が待ち遠しかったようだ
c0108460_22245248.jpg
12:40 秘密基地作り再開
13:14 
*たき火当番 たき火に点火
  今日は暖かいので午前中はたき火なしだった
  パン焼きのためたき火を開始した⇒ここでも火吹きだけで たき火を燃やしていた
c0108460_22325664.jpg
*パン生地作り
  粉から練り出し イースト菌を入れて 鍋に入れて たき火の側に置き発酵させていた
c0108460_22325644.jpg
14:50 まきまきパン焼き
  パン生地を棒の先に巻き付けて自分でたき火で焼く
c0108460_22325423.jpg
  棒が短くてたき火が熱いので苦労していた
  竹をつぎ足すことで 少しは楽に焼けたようだ
  パン生地にはチョコレートやレーズンや缶詰ミカンなどをそれぞれ工夫して練り込んだ
  簡単な作り方のようだが なかなかおいしい
c0108460_22325440.jpg
15:30 片付け開始
  各基地に持ち込んだ道具や資材を全員が広場へ運び降ろしてきた
  新1年生もスコップや鋏等持ちきれないくらい 抱えて山を降りてきた
  遊び始めるのも早いが片づけるのも早い
c0108460_22325581.jpg
c0108460_22374118.jpg
15:54 下山開始
c0108460_22325543.jpg
「シュンラン・ショウジョウバカマ
c0108460_22325316.jpg
・ヤマザクラ
c0108460_22325757.jpg
c0108460_22325773.jpg
・サンシュユ
c0108460_22325405.jpg
・ウグイスカグラ・タチツボスミレ等が咲きだし本格的な春になった」
[PR]
by kyousinomori | 2014-03-27 22:40 | きのくに子どもNPO | Comments(0)

社協・評議委員会から    by   (ナベサダ)

平成26年3月27日(木)
岬町社会福祉協議会・評議委員会に行く。
社会福祉協議会(略して社協)は営利を目的としない民間組織と位置付けられておる関係で、
民意を代表して意見を述べる委員として、各種団体や地域の福祉関係の方々が評議委員として選任されたと思っています。
私はNPO法人~みさき里山クラブへと移行した時点で、継続依頼を受けた委員の一人として連携している。
f0053885_20133377.jpg

本日の評議委員会では、議長の指名を受けての参加であった。
多分持ち回りかとおもうが・・持ちなれないマイクで緊張感のある会議の進行は、
サンプル書きを見ながら・・何かと戸惑いはあったが、無事終えてホッとした感じである。

少子高齢化で町の人口は減る一方の中で、高齢化社会の進行で社協の取組要望は増えるが財政は厳しい。
人口減と共に会員数の減少は避けられない上に、消費税をはじめ必要経費の値上がりも厳しく、
収入をどのように確保して行くか・・事業展開も難しさを感じる。
ふれあい喫茶やイベントでの出店事業等努力されているが、
大切なことは・・誰でもが将来お世話になる可能性を視野に、元気な内に協力する姿勢は持ちたいものである。

・高齢化 社会へ福祉 との絆
[PR]
by kyousinomori | 2014-03-27 21:47 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

きのくに子どもNPO『あみはうす』学童保育第2日 in  孝子小学校&孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年3月26日(水)雨 
(9:20~16:10) 参加者3名 [徐 立石 渡邊] 
きのくに子どもNPO『あみはうす』学童保育第2日
c0108460_20365555.jpg
夜中から降り出した雨は朝になっても止んでいない
逆に午前中は強い本降りの雨になった
きのくに子どもNPOの学童保育のサポート第2日である
事前に借りていた孝子小学校の講堂での保育活動になる
c0108460_20365667.jpg
第2日 参加者 16名(児童 13名 指導者3名)
9:10 孝子小学校・・・会員 講堂・教室・展示室等チェック
9:45 きのくに子どもNPO幹事 車で必要用具の運び込み・・・お手伝い
10:00 子どもたち電車で到着 雨の中 傘を差しながらやって来た
c0108460_20365656.jpg
 到着と同時に講堂を走り回って遊びだした
 舞台裏の黒板に落書きを始めたり サッカーを始めたり・・・
c0108460_20365728.jpg
c0108460_20365773.jpg
10:10 ミーティング&自己紹介
c0108460_20365893.jpg
10:20 最初の課題が終了すると 各自思い思いの遊びを始めた
 縄跳び・トランプ・積木・かくれんぼ・コマ回し・ベーゴマ等々
c0108460_20365395.jpg
c0108460_20365454.jpg
 途中から渡邊さんがおもちゃを出した
 ストロートンボ・フワフワトンボ・ブンブンゴマ
c0108460_20365463.jpg
c0108460_20461046.jpg
 その中でもストロートンボは講堂の中では最適で 大人気・・・大人も子供もしばらく遊んでいた
c0108460_20460811.jpg
c0108460_20460839.jpg
c0108460_20461007.jpg
c0108460_20461159.jpg
c0108460_20365553.jpg
c0108460_20460921.jpg
 一部の子どもはストロートンボを作りだしたし 羽に色付けをしている子もいる
c0108460_20461118.jpg
c0108460_20460781.jpg
11:35 昼食
 子どもたちの お腹がすいたとの大合唱で 講堂の各場所で早い目のお弁当になった
 小さい子なのに大人顔負けの 大きなお弁当を持ってきている子もいた
c0108460_20510828.jpg
12:00・・・全員でしっぽ取りゲーム開始
 ビニールの紐をお尻に付けて 鬼になった子に最後までシッポを取られないよう逃げ回る
 全力疾走で追い駆け 逃げて フェイントもる・・・バスケより激しいくらいである
 1ゲームが終ると休憩する子もいるくらいだ
 これだけ運動量の激しいゲームは見たこともない
c0108460_20510956.jpg
c0108460_20510821.jpg
13:05 孝子の森へ出発
 激しい雨も午後からは止んだようである
 雨が止めば足元が悪いのは問題外で 山へ行ってオヤツを自分たちで作ると言う
c0108460_20460942.jpg
c0108460_20510922.jpg
13:25 孝子の森へ全員到着
c0108460_20511016.jpg
 カマド班・・・4人ほど
  カマドに久川さん教えられた通りに 杉の枯枝にマッチで火をつけて上手に燃やしていた
c0108460_20510522.jpg
c0108460_20510631.jpg
  火吹き竹3本で交互に息を吹き込むので 火はどんどん燃え お湯も直ぐに沸く
  廃材を斧で割って薪作りもしていた
c0108460_20511055.jpg
c0108460_20555977.jpg
 団子作り班
  粉を耳たぶ状になるまで練り上げ 小さな球状に丸める予定だが
  サイコロ状や星形や種々の形が出来ていた
c0108460_20510703.jpg
c0108460_20510655.jpg
c0108460_20560068.jpg
 団子茹で班
  団子を少しづつお湯で茹で上げ
  引き上げと同時に取り合いで子供たちの口に入ってしまった
c0108460_20560206.jpg
  小豆や砂糖よりも醤油で食べるのが人気であった
  昼ご飯後の激しい運動で お腹もすいていたらしい
c0108460_20560174.jpg
c0108460_20560260.jpg
14:10 お遊び再開
 竹笛・葉っぱ笛作り・秘密基地のチェック・チャンバラ・ブランコ・尾根散策など
c0108460_20560007.jpg
c0108460_20560149.jpg
 雨後の足場の悪さなど ズボンのすそが汚れるなど 全て度外視して 遊びまわっていた
c0108460_20560325.jpg
15:20 下山開始
c0108460_20555910.jpg
15:40 孝子小学校講堂・・・片付け&掃除・・・子どもたちが掃除機を使っていた
c0108460_20591464.jpg
16:10 孝子駅へ向かう
16:17 孝子駅発和歌山市駅行きに乗り帰宅
c0108460_20591399.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-03-26 21:02 | きのくに子どもNPO | Comments(0)

きのくにこどもNPO・里山研修2日目    by   (ナベサダ)

平成26年3月26日(水)
「きのくにこどもNPO・里山研修」第2日目は生憎の雨となった。
雨対応としては孝子小学校・講堂での対応をしていたので、予定通り子供たち13名と引率者3名が到着する。
初参加者も有ったので挨拶・自己紹介からスタートする。
今日は活動範囲が狭いので退屈するようであればと、
立石氏と相談で簡単な手作りおもちゃとして「ストロートンボ」や折り紙等を準備していた。
f0053885_2053177.jpg

スタートはかくれんぼ~ゲーム遊び等から、退屈した子供にストロートンボを渡すと、喜んで遊ぶ姿から次々と広がった。
本当は自分たちで作って遊ぶ方が良いとは思ったが、どこまで口を挟んだら良いのやら・・?
迷いも有ったので、作る事よりも遊ぶことを優先した。
f0053885_20534885.jpg

f0053885_20543611.jpg

昼食後は講堂を目一杯使って尻尾取りゲームを行う。
鬼3人がズボン尻のベルトに挟んだビニール紐を追っかけて取るのであるが、
逃げる方も追っかける方も懸命に走り回った。
我々は、見ながら若いって良いな~・・こんな思いで見守った。
f0053885_205562.jpg

f0053885_20553520.jpg

その内に雨も上がった様なので、3時のおやつは団子を作って食べる準備をされていた様で、
孝子の森で火を焚いて湯を沸かし作る事として、往復時間も計算をして全員で急いで山に行く。
到着すると・・火を焚く係・団子を作る係と分れてよく頑張っていた。
約30分位だったか?湯が沸くと手で捏ねた団子の湯通しをし~分け合って賑やかに食べていた。
f0053885_2056332.jpg

f0053885_2056553.jpg

f0053885_20572094.jpg

f0053885_2105494.jpg

昨日は途中で私は下山したが、気になっていた秘密基地がウラジロを使って、
大変上手に出来上がっていたのには感心した。
その後は、昨日同様に竹笛の要望が有り・・残っていた竹材で作る・・上手に鳴らしながら孝子小学校へと下山。
小学校では帰宅準備と清掃もきっちりとさせて今日は終了とした。
f0053885_20595280.jpg

f0053885_210961.jpg
・休校舎 今日は嬉しい 子等の声
[PR]
by kyousinomori | 2014-03-26 19:48 | きのくに子どもNPO | Comments(0)

きのくに子どもNPO『あみはうす』春休み学童保育 第1日・・・孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年3月25日(金) 晴れ・曇り
きのくに子どもNPO『あみはうす』春休み学童保育 第1日・・・孝子の森
(9:20~15:50)参加者8名 [岡田 大島 甲斐 徐 立石 久川兼 柚岡 渡邊]
朝の内は晴れていたが 午後からは曇ってきた
明日は雨との予報は当たっているのかも知れない
しかし非常に暖かい 完全に春の気温である
今日から1週間 きのくに子どもNPOの学童保育のサポートである
第1日 参加者 12名(児童 8名 指導者3名 保護者1名)
9:10 孝子小学校に会員が8名集合・・・一部は山に先行して準備する
 きのくに子どもNPO幹事が車で食べ物や鍋を持ち込んできたのは 里山クラブの車で山へ運び上げた

c0108460_21385200.jpg
9:53 孝子駅に子どもたち到着・・・紀の川駅から2駅目7分間の移動
元気に走って降りてきた子どもたちと一緒になって孝子の森へ移動
c0108460_21385352.jpg
c0108460_21385360.jpg
途中で木の葉笛を教わったり スミレや山野草を観察したり
c0108460_21385430.jpg
フキノトウを収穫したり 杉の落ち葉をたくさん拾ったり(たき火の焚き付け用)
ちょっと時間をかけて孝子の森に到着
c0108460_21385472.jpg
10:25 孝子の森到着
 挨拶:里山メンバー紹介
    きのくに参加者紹介
 きのくに子どもたち ミーティング
c0108460_21385517.jpg
10:35 たき火の点け方の勉強・・・久川さんが丁寧に教えた
c0108460_21385560.jpg
 山では紙やダンボールは使わない 杉の枯枝で十分に点火できる
 瞬く間に火は燃え上がった
 たき火が係りを手を挙げてもらい 薪などを運んでもらう
c0108460_21385273.jpg
10:50 秘密基地作り開始
① 男性軍4名
クヌギ谷に昔からあるイノシシ用落とし穴の名残の窪地を利用して
c0108460_21464515.jpg
底にごろ石を敷き詰め その上に竹を寸法切りして並べ最後に板を打ち付けて床作り
c0108460_21464471.jpg
c0108460_21464256.jpg
壁に板を並べたり 女竹の柱にカーテンを張って屋根にしていた
c0108460_21464266.jpg
自分たちで木を切ってテーブルまで作っていた
c0108460_21534962.jpg
② 女性軍3名
中央谷道のウツギの根元をスコップや鍬で整地して邪魔なウツギの枝は剪定し
c0108460_21464300.jpg
リョーブの丸太を基礎にして その上に板を敷き詰めた割合に大きな基地である
樹木間に竹を渡して屋根にシートを張る予定のようだ
c0108460_21535098.jpg
c0108460_21535151.jpg
c0108460_21534886.jpg
③ 親子2人の秘密基地
前回の作りかけの基地の骨組みを利用して竹で追加補強しながら
c0108460_21535180.jpg
ウラジロの葉で屋根葺きをしている⇒男性軍の一部も応援に来た
きれいなグリーンハウスが出来た
c0108460_21535265.jpg
c0108460_21534958.jpg
(11:45~12:15)昼食
サポーターも交えた全員が「バンブーハウス」で徐代表料理の味噌汁付きで昼食
c0108460_21464578.jpg
c0108460_21464631.jpg
(12:15~15:30)基地づくり継続
途中で子供たちが準備し久川さんの焼いてくれたヤキイモも 各人が基地へ持ち込み食べていた
c0108460_21464183.jpg

みさき里山クラブ会員の作業
① パイプハウス増築設計依頼&打合せ/高橋1級建築士が来訪・・・[徐 岡田]

c0108460_21385192.jpg
② トイレ掃除&トイレ流し水補給&砥石台作り・・・[甲斐]
c0108460_21535245.jpg
③ 廃材のくぎ抜き・・・[大島 柚岡]
④ 花壇整備・・・[久川 大島]
⑤ ツリーハウスの第2の階段作り・・・[柚岡 大島 甲斐]
c0108460_21464383.jpg
⑥ 手洗い蛇口の手直し・・・[柚岡]

「秘密基地づくりに多忙で 他の遊びは少なかった
一部は木登りや
c0108460_21591886.jpg
c0108460_22390248.jpg
ロープ登りもしていたが 基地づくりの中休み程度である
c0108460_21534836.jpg
孝子の森にある木材や竹や道具類は自由に使ってよいとの対応をしていたので
材料置き場から どんどんといろんなものを運びだし 切ったり打ち付けたりしていた
男女の基地づくりは秘密契約があるらしく 
完成するまではお互いに相手の秘密基地を見てはいけないことになっている
お蔭で 女子部の方に借りにいく道具などは 我々が行かされた
竹を切ったり 材木を切ったり 釘を打ったり 紐を結んだり スコップを使ったりとか
道具を使うことも十分に学んだようだ
c0108460_22390496.jpg
c0108460_22390379.jpg
c0108460_22390374.jpg
場所の選定や構造のイメージやあらゆる材料の使い方やと
秘密基地づくりは 総合的な学習になっているようである
15:35に挨拶して下山し 16:17の孝子駅発和歌山市駅行きの南海電車に乗って帰って行った
c0108460_21535018.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2014-03-25 22:43 | きのくに子どもNPO | Comments(0)