「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ソバノキの伐採・・・孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年2月28日(火) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
9:20~15:20) 参加会員 7名〔岡田 立石 長原 西山 久川兼 柚岡 渡邊〕
c0108460_20515306.jpg

朝9時の気温は9度 雲一つない快晴で 終日続いた 1日中 雲一つない快晴は珍しい

c0108460_20510178.jpg

しかし 氷が張っていたので 早朝の気温は相当低かったようだ

c0108460_20510344.jpg

火曜日の会員の集まりは いつも少なくて 今日も7名であった

*ラジオ体操

c0108460_20513137.jpg

*ミーティング

*ソバノキ(カナメモチの別名)伐採・・・〔岡田 長原 西山 久川 柚岡〕

 久川さんがリョーブ道の中程から 少し入った所に 成長していたソバノキを見付けてきて どうしても必要だと言う

材質は硬くて粘りがあり カケヤのヘッドや柄に使う材料らしい

c0108460_20515670.jpg

6本立であるが半分枯れている 枯れてしまえば使い物にならないので 今伐採して加工する必要がある

早速伐採班を編成して作業に取り掛かった

c0108460_20523865.jpg
c0108460_20523678.jpg

太い幹は樹齢40年くらいか・・・径18㎝で25年の年輪であった

c0108460_20531350.jpg

6本を順番に伐採していったが 1本が枝掛かりしてしまったので 周辺の樹木も何本か伐採した

c0108460_20531162.jpg

ソバノキは枝も混じえて7本全て伐採した

c0108460_20540049.jpg

柄の長さの寸法に切断して運び出す準備

径18㎝で4本の柄が出来るか微妙である・・・これから帯ノコ盤で4分割の作業が必要だ

根元の太い部分も切断してカケヤのヘッドに加工予定

c0108460_20535874.jpg

これからの作業は 全て久川さんの担当になる・・・カケヤや種々の作業工具を製作予定のようだ

伐採したのは一部広場へ運んだが 後の運び出しは後日の作業になる

c0108460_20544886.jpg

*階段作り・・・〔渡邊〕〔立石〕

 クヌギ谷道 手前の中央尾根道への枝道 合流点手前5mほどが 急斜面で登りにくいので

大きな伐採木を運び 横木にして階段を作った 一部径10㎝くらいの横木も利用した

c0108460_20512888.jpg

同時に横の斜面を 10㎝程削って少し広くした

c0108460_20545141.jpg

道の横に成長しているヤマザクラは つるで引っ張って道の反対側に 伸びるように工夫した

c0108460_20551270.jpg
c0108460_20551512.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2017-02-28 21:06 | 2017年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森  by  (ナベサダ)

平成29年2月28日(火)
“もう2月が終わりだな~”上さんの声で、本当に逃げる2月を実感する。
みさき里山クラブの活動~なぎさクリニック~下校見守り~学校だよりの配布等々、
昨夜から体調が思わしくないが、毎度のこと乍ら・・気晴らしも兼ねて活動で発散する。
f0053885_20405263.jpg


みさき里山クラブの活動に参加、天気は上々乍ら・・孝子地区の朝は冷えたみたいで、小学校の水たまりには氷が張っていた。
本日の参加者は7名で、ラジオ体操から枯れかかっていた木の伐採と道の階段づくりを行う。
f0053885_20412511.jpg


f0053885_20463724.jpg


私はクヌギ谷横道の斜面道の階段作業を行った。
火曜日は他用も有って午前中としているので、その時間内に私の目標を決めて作り上げた。
斜面が急なので大きめの丸太を運んで高さを稼ぎ、補充程度に中丸太で調整して仕上げた。
f0053885_20421657.jpg


f0053885_20424577.jpg


木の伐採の方は堅い樹なので、声を掛け乍ら作業はされていたが、私は予定終了時点で帰宅する。
f0053885_20431636.jpg


f0053885_20434921.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2017-02-28 20:08 | 2017年活動状況 | Comments(0)

高石ジュニア自然大学「こどもゆめくらぶ」13期生お別れ遠足「孝子の森・里山体験」  by  (TATE-misaki)  

平成29年2月25日(土) 晴れ
高石ジュニア自然大学「こどもゆめくらぶ」13期生お別れ遠足「孝子の森・里山体験」
(9:20~14:50) 参加会員 5名〔岡田 徐 立石 久川兼 渡邊〕

雲の殆どない快晴である 風もなく ぽかぽかと暖かく 春がやって来た感じである

高石ジュニアの卒業遠足は 2005年に第1期生が来訪してから13年間連続である

・・・途中一度雪で中止になった時はあるが・・・

しかし今日のような 小春日和の快晴は初めてである

920 孝子小学校で待機

940 和歌山市立野崎西小学校 PTAの5人が見学に来られた(午前中)・・・午後からはPTA会長さんも来られた

1004 南海孝子駅 総員90名到着

c0108460_22263558.jpg

 孝子小学校へ移動トイレ休憩

c0108460_22263154.jpg

1034 孝子小学校出発

c0108460_22271272.jpg

 伊豆賀林道ルートで 時間を掛けて行く

c0108460_22275794.jpg
c0108460_22270848.jpg
c0108460_22275329.jpg

1057 孝子の森広場到着

1104 あいさつ&注意事項&スケジュール説明

c0108460_22284527.jpg
c0108460_22284072.jpg
      (野崎西小学校PTA関係者に高石J中谷代表が詳細説明)
c0108460_22293606.jpg

1115 里山活動開始

 トン汁班 ダイコン ニンジンなどの野菜を子どもたちが刻む

c0108460_22310044.jpg

スタッフが大鍋3つにトン汁準備(かまど*2 ストーブ*1)

c0108460_22315098.jpg

 焼き芋班 サツマイモをキッチンタオルを濡らして包み その上にアルミホイルで包む

c0108460_22310490.jpg

久川さんが たき火の熾火を広げて じっくりと40分間焼いてくれる

c0108460_22294035.jpg
c0108460_22421517.jpg

 竹笛班 準備しておいた女竹の 節と節との間で切断して準備

   スタッフがナイフで途中まで半割りにする それを手で揉み 吹けば音がでる

c0108460_22412612.jpg
c0108460_22314430.jpg

・・・作業の終わった子どもたちは ロープ遊びなど始める

1140 孝子の森散策・・・(案内:渡辺 岡田 立石)⇒クヌギ谷道から展望台へ

c0108460_22360105.jpg
c0108460_22355770.jpg

1154 展望台

c0108460_22365342.jpg
c0108460_22365991.jpg
(ウラジロ飛行機・ピョンピョンカエル

c0108460_22372259.jpg


・やまびこ・景観等を十分に楽しむ)

c0108460_22381608.jpg
c0108460_22372601.jpg

1208 尾根道散策リョーブ中道を通り下山

c0108460_22382070.jpg
c0108460_22390723.jpg

1227 広場到着・・・「みんなで楽しいお食事」

c0108460_22391156.jpg

 全員がお椀をもってトン汁鍋3カ所に並ぶ 豚肉たっぷりのトン汁で 非常においしい

c0108460_22400478.jpg
c0108460_22400754.jpg

 お代わりで行列も出来ていた(1人2杯までと制限していたようだ)

c0108460_22404815.jpg
c0108460_22404265.jpg

・・・ロープ登りが一番人気

c0108460_22325871.jpg
c0108460_22333695.jpg
c0108460_22333314.jpg
 ブランコ

c0108460_22432365.jpg
 シーソー
c0108460_22412206.jpg
 竹笛等遊びも忙しい

   「仁べ」のがらくた博物館のハリセンボン標本や 鹿の骨標本などは人気があった

c0108460_22425000.jpg

1315 焼き芋を全員がたき火を囲んで 徐さんの話を聞きながら 美味しく食べる

c0108460_22421010.jpg
c0108460_22424772.jpg

焼き加減が非常によくて 最高においしい 全員が おいしい美味しいと好評であった

・・・台所や使った場所をきれいに片付け 帰りの準備を始めた・・・2つしかないトイレには行列が出来た

1420 お礼の挨拶

 「駅から近くて こんないい所があるとは知らなかった 個人的にも来てもいいですか?」との うれしい言葉が何人もあった

c0108460_22432850.jpg

1422 下山開始

1449 南海孝子駅発で帰って行かれた

c0108460_22443138.jpg

 

[PR]
by kyousinomori | 2017-02-25 23:13 | 高石ジュニアーお別れ遠足 | Comments(0)

高石ジュニア自然大学「こども夢くらぶ」13期生:孝子の森に来訪  by  (ナベサダ)

平成29年2月25日(土)
みさき里山クラブ・孝子に森に高石ジュニア自然大学「こども夢くらぶ」13期生親子90名が孝子の森に見えたので案内。
f0053885_20354051.jpg


孝子の森・広場にては、4班を豚汁組と焼き芋組にと、2グループに分かれて準備をしていた。
f0053885_20362410.jpg


~展望台までの散策(天候も快晴で風も爽やか・遠望も淡路島~神戸まで見える)
f0053885_2037116.jpg


f0053885_20383776.jpg


~リョウブ谷コースで広場へ~昼食~恒例の竹笛作りや斜面上り、ブランコ、シーソー等々
f0053885_20413511.jpg


f0053885_20395922.jpg


f0053885_20404920.jpg


、~焼き芋出来上がり配布~自由行動~下山
本日サポートした里山会委員5名は、後片付け後下山する。
尚、今日は和歌山市・野崎西小学校・PTA代表6名も取組見学に来られる。

[PR]
by kyousinomori | 2017-02-25 22:26 | 高石ジュニアーお別れ遠足 | Comments(0)

イベント前準備と片付け・・・孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年2月24日(金) くもり・晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~15:00)
c0108460_20412743.jpg
 
参加会員 13名〔雨宮 岡田 小岩 徐 立石 谷口州 谷口眞 長原 西山 久川兼 福永 藤岡 柚岡〕 

日向は暖かいが 日陰はやはり寒い 春の気候に誘われて会員も13名集まった

c0108460_20412257.jpg

*ラジオ体操

*ミーティング

c0108460_20415431.jpg

*広場片付け・・・〔徐 立石〕

 廃材の床などで使えないものは 重量があるので軽トラで たき火まで運んで焼却

落ち葉掃除 薪片付け 等々

c0108460_20422715.jpg

*トイレタンク水補給・・・〔立石〕

 2つの簡易トイレに60の水補給

c0108460_20423132.jpg

*水搬送・・・〔岡田〕

 軽トラで孝子小学校迄3往復して 炊事用タンク 手洗い用タンクを一杯にした⇒エンジンポンプを利用

c0108460_20441662.jpg

*展望台のチェック・・・〔岡田〕

 階段をチェックしたが 大きな問題はない

*ツリーハウスの補修・・・〔徐 柚岡〕

 階段の手すりが腐食で ダメになっていたので 青竹を新規に取り換え杭も補強した

周りの手すりが一部腐食していたので 横木を取り換えて補修

c0108460_20445037.jpg

*伐採木や枝を片付け・・・〔谷口州 長原 西山 福永 柚岡〕

 クヌギ谷中腹の伐採木を 大きな幹や枝などを全て運び降ろした

c0108460_20425848.jpg
c0108460_20434242.jpg

*山道部材の搬送・・・〔谷口州 長原 西山 久川 福永 柚岡〕

 クヌギ谷T字交差点周辺に残っていた ガーデントップや広場の在庫分など20枚ほどを中央尾根道へ搬送

c0108460_20462100.jpg

枯れ桜芯も土留め材として搬送

*枯れ桜芯を半割り・・・〔久川〕

 径20㎝はある芯を 斧と楔を使って半割りにした

c0108460_20434676.jpg

*中央尾根道登り口周辺の補修・・・〔久川〕

 山道は 少し崩れて道幅が狭くなっていたので 桜の芯材で土留めして整備

c0108460_20453691.jpg

 曲がりくねった山道に 土留め材を芸術的に並べている

c0108460_20453252.jpg
*栗の木その他に施肥・・・〔岡田〕
c0108460_20445376.jpg

*広場からの登り階段補修・・・〔立石〕

 従来の階段を補修しながら少し広げた

 土を均すと出てくるのは 小石ばかりで対応が大変であった

c0108460_20442006.jpg

*薪の積み上げ・・・〔谷口州 長原 西山 福永 柚岡〕

枝を束ねた薪をきれいに積み上げた

c0108460_20461832.jpg

*落ち葉集積場の補修 ・・・〔谷口州 長原 西山 福永 柚岡〕

 囲いの杭が腐食した 鉄杭を打ち込みロープでくくって補強

c0108460_20470307.jpg

*料理部&台所周辺の清掃・・・〔女性部〕

c0108460_20420078.jpg

 味噌汁炊き&コーヒータイム準備



[PR]
by kyousinomori | 2017-02-24 20:57 | 2017年活動状況 | Comments(0)

少数精鋭で多くの作業をする・・・孝子の森少数精鋭で  by  (TATE-misaki)

平成29年2月21日(火) くもり・晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
9:20~15:20) 参加会員 6名〔岡田 徐 立石 久川兼 柚岡 渡邊〕
c0108460_20010033.jpg

昨日は爆風であったが 気温は18度と 暖かかった

今日は一変して 気温は5度で冷たい

c0108460_20012586.jpg

火曜日の活動日は集まりが悪くて 今日も6人であった

しかし ジョウビタキ会員は参加してくれた

c0108460_20053695.jpg
・・・シロハラも仲間に入りたそう
c0108460_20005944.jpg

徐さんが せんなん里海公園海岸で拾って来た「ハリセンボン」を洗って きれいに標本にした

c0108460_20004375.jpg

*ラジオ体操

*ミーティング

*広場横のフキノトウの収穫・・・〔全員〕

 フキ畑に沢山フキノトウが 顔を出している

c0108460_20021663.jpg
 

大きくなり過ぎたのもある これでフキ味噌を作る予定

c0108460_20012831.jpg
c0108460_20013015.jpg
c0108460_20021356.jpg

*里芋収穫 & 里芋焼き・・・〔久川〕

里芋を1株だけ掘ったが 12個ほど収穫できた これを全て濡れ新聞紙で包み 更にホイルで包んで たき火の中へ入れて焼き里芋

昼食後に頂いたが トロリとして美味しかった

*広場の階段周辺の小石掃除・・・〔渡邊〕

 坂道に小石が一杯で 子どもたちが 石車に乗る可能性が高く 広範囲に掃き きれいにした

c0108460_20043139.jpg

*広場からの階段作り・・・〔渡邊〕

 クヌギ谷道への導入部の道の途中が坂であり 土階段を作っていたが

それを全て原木を横木にした 階段を6段作った

c0108460_20063988.jpg

*広場からの登り階段の補修・・・〔立石〕

 クヌギ谷中腹の伐採木の幹を 階段横木用に運び降ろし

c0108460_20042898.jpg

 それを使って従来階段の 2倍の広さに作り替えた

c0108460_20061087.jpg
c0108460_20060782.jpg

周りの土を掘り起こして 整地したので中からミミズやイモムシが出てきた

ジョウビタキが監督に来て ついでに虫も頂いていた

c0108460_20053804.jpg
c0108460_20053416.jpg

*女竹採集・・・〔岡田 柚岡〕

 25日に高石ジュニアが来る

 その時 竹笛を作るので その材料の女竹を 山への入口周辺から採集してきた

*作業小屋の床張り・・・〔徐〕

 一人作業なので あまり捗らないが 廃材の床を利用して レベルを出しながら設置していった

c0108460_20074794.jpg

*枯れヤマザクラの芯で杭作り・・・〔久川〕

 芯を50cmくらいの寸法切りして 先端を尖らせて杭作り

c0108460_20075030.jpg

*枯れヤマザクラの芯の運び上げ・・・〔久川〕

 太くて長いのは 山道作りの土留め用に使う

広場に在庫していた全てを 山道補修用場所へ運び上げた

c0108460_20072460.jpg

*鉄くずの整理&軽トラで売りに行った・・・〔岡田 徐 柚岡〕

 あちこちに集積してある鉄くずを 軽トラに積みこんだ

 パイプ椅子や車輪などの かさばる物は ジスクグラインダーで切断して小さくした

c0108460_20063765.jpg
c0108460_20072645.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2017-02-21 20:19 | 2017年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森  by  (ナベサダ)

平成29年2月21日(火)
午前中は、みさき里山クラブ活動日~昼からはガス給湯器工事の支払い及び下校の見守りに付く。
風も有り今朝は寒かったが、孝子の森へ歩きだすと体が反応して寒さは感じない。
孝子の森に到着すると・・春近しを思う。
蕗の薹が芽を出し、入り口付近の梅も開花して我々を迎えて呉れる。
f0053885_2042875.jpg


f0053885_2045536.jpg


f0053885_2052173.jpg
25日(土)が恒例の高石ジュニア自然大学の里山体験日なので、竹笛作成用のメダケ取り(岡田、柚岡)、
作業場の補修(徐)、階段用杭づくり(久川)、階段作り&補修(立石、渡辺)で行った。
f0053885_2055242.jpg
広場からの登り口当たりには、轉石が多いので・・高石ジュニアは子供たちが沢山来ることも有り、
完全にとは行かないが掻き集めて隅に寄せて遊びやすくした。
午前中で私は予定が有り帰宅する。
f0053885_2072615.jpg


昼からは、下校の見守りに着くが、もう3学期も終わりに近づくと、オドオドしかったピカピカの1年生が、友達も出来てしっかりして来るものだと感心する。
f0053885_2075972.jpg
下校見守りも・・頑張って頂いた方が引っ越しをされて、今年から火曜日が欠員となり担当はしているが、
里山も地域も高齢化が進むと共に、ボランティアの補充は厳しい現状がある。何か良い方法は無いものか?

・ボランティア 出来る幸せ 噛みしめて

[PR]
by kyousinomori | 2017-02-21 19:23 | 2017年活動状況 | Comments(0)

『里山ボランティア入門講座』第4回・・・孝子小学校&孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年2月18日(土) くもり・晴れ
『里山ボランティア入門講座』第4回(9:10~15:20) 
参加会員 10名〔岡田 瓦葺 徐 立石 谷口州 中川 長原 久川兼 福永 渡邊〕

朝から曇っている 雨の心配はなさそうである

早い目に孝子小学校に行く

c0108460_22505938.jpg
・・・梅が咲き ウグイスでなくメジロが来ていた これもいい
c0108460_22505628.jpg

910~(孝子小学校教室)

会場の教室の設営

机と椅子が教室一杯に並んでいて非常に狭い感じである

10脚ほど壁側に間引き 15席ほどに調整した

プロジェクターの設定

930 参加者集まりだした 参加者 女性4名

1000 開講 あいさつ・・・渡邊副代表

「安全講習」 講師 長原氏・・・プロジェクターを駆使して わかりやすく説明

c0108460_22520306.jpg

 山の作業での基本的なルール

c0108460_22515939.jpg

 刈払機の構造と使用時の注意事項

c0108460_22513657.jpg

 刈払機使用時の実例事故の8例紹介

 便利な道具ではあるが 不注意な使い方は大事故になる

c0108460_22513231.jpg

1115 全員車で孝子の森へ移動

1125 「ノコギリの目立て講習」・・・講師 徐代表・実技 久川氏

 *切れないノコギリで丸太切り体験

c0108460_22531899.jpg

  そのノコギリを久川氏が目立てをする

c0108460_22531530.jpg

  丹念にリズミカルに刃のゆがみを 金槌で叩いて修正し

c0108460_22541978.jpg

古い使いこなした治具を使って 金やすりでリズミカルに研いでいく

c0108460_22541619.jpg
c0108460_22554721.jpg

見ているだけで驚きであり 楽しみである

 *目立て済みのノコギリで丸太切り体験・・・ビフォアー&アフターの違いに歓声

c0108460_22554363.jpg

 *久川氏は孝子の森のノコギリの目立てを継続

1140 「包丁の砥ぎ方講習&体験」・・・講師&実技指導 徐代表

 *砥ぎ方の基本(パイプハウス教室)

c0108460_22574687.jpg

   荒砥石 中砥石 仕上げ砥石の使い分け

   荒砥石と中砥石は水を掛け乍ら砥ぐ

   仕上げ砥石は水はかけない・・・泥のようなぬめりが砥ぎに有効である

c0108460_22574374.jpg

 *砥ぎ方の実演と体験(作業小屋)

   参加者の持参した数丁の包丁を実際に砥いで見せる

c0108460_22583613.jpg

各自に体験してもらい その都度細かい注意をして 包丁の砥ぎを仕上げていく

砥ぐ角度(包丁の種類により微妙に違う)

抑える指の位置(刃先より前に絶対出さないこと)

c0108460_22583244.jpg

1230 たき火を囲んでお弁当タイム

 (谷口州さんが炊いてくれた味噌汁付き おいしいのでお代わり続出 3杯目も居た)

1300 自前包丁砥ぎ実習

c0108460_22591372.jpg
c0108460_22591884.jpg

1340 刈払機体験・・・指導 長原氏

c0108460_23004216.jpg
c0108460_23022858.jpg
c0108460_23022407.jpg
c0108460_23030227.jpg

     (孝子の森の新しい会員 中川 瓦葺 福永 の3人も生徒になり実習)

      〔実習場の横では ウグイスカグラが咲き出している〕

c0108460_23030671.jpg

1420 自前包丁砥ぎ実習再開

c0108460_22595904.jpg

   1丁1丁講師が仕上げ具合をチェックし 仕上げ追加砥ぎなどをして 切れる包丁に仕上げていった

   包丁の欠けている部分は 講師がグラインダー削り 仕上げ砥石で完成した

c0108460_22595678.jpg

1450 コーヒータイム&本日の感想

 自分の身近な物への実習なので 非常に有意義であったようだ

別のボランティア活動している人は 安全講習にも高い評価であった

1500 片付けて全員車で下山



[PR]
by kyousinomori | 2017-02-18 23:20 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

里山ボランティア入門講座「里山保全&刃物管理」  by  (ナベサダ)

平成29年2月18日(土)
土曜朝市で初めて「岬高わかめ」の販売を行う。見先氏には鍋とコンロと水とポン酢の準備して頂いた。
f0053885_23165941.jpg
1パックを試食用にしたので販売は24パックである。試食頂いた方は“美味しい!”と言って購入頂く、試食効果は大きいものが有る。
中には・・“待ってました!”と、お買い頂いた方も有った。
凡そ30分位でほぼ完売として、孝子小学校へと向かう。
f0053885_23175669.jpg
孝子小学校では、10時~里山ボランティア入門講座「里山保全&刃物の取扱い管理」があり、第1部:長原氏「里山の取組と安全管理」の講座が有った。
参加者は13名(一般受講者4名、会員10名)
f0053885_23184239.jpg
パワーポイントの資料を解かり易く上手に纏め、説明も分り易かったのではないかと思う。
手元の資料が有れば良かったが、日常活動している者にとっては理解で良かったのかも?
f0053885_2319387.jpg
f0053885_23195852.jpg
孝子の森へは、時短も兼ねて車で移動して、徐代表による刃物の簡単な説明。
第2部:実践講座へ。
f0053885_23203427.jpg
各人が持参された包丁(料理、出刃、刺し身)の研ぎが始まる。
其々に研ぎ方が有るが、調理包丁は研ぐときの隙間は10円玉1枚分位の隙間、
出刃包丁や刺身包丁の片面は平行に、実践と実習を兼ねて良い勉強になった。
中には恰好は満点だが・・研ぎ上りは今一の指摘もあった。
f0053885_23212271.jpg
f0053885_2322846.jpg
一方、鋸の目立ては長老・久川氏が、年季の入った道具を持参され、長年の経験を生かして、一定のリズムで目立て作業をされていたが、
切れない鋸が良い音で切れる鋸に変身して行く、見事な職人技で有った。
f0053885_23233871.jpg
f0053885_23224899.jpg
一方、包丁研ぎとノコギリ目立てに引き込まれて、忘れそうになっていた刈払機の実践講座も、
少し遅くなったがツリーハウス近くで開催、刈払機2機を使って、午前中の講座の実践が行われた。
一般受講者は全員女性で有ったが、新入会員の男性も一緒に、刈払機にチャレンジして頂いた。
感想は・・刈払機で刈った後を見れば、夢中になって刈られる気持ちが解かる気がする・・と言う事である。
f0053885_23273434.jpg
f0053885_2327670.jpg
f0053885_23263927.jpg
・包丁研ぎ 微妙な感覚 難しく

[PR]
by kyousinomori | 2017-02-18 22:38 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

クヌギ谷の伐採木の片付け・・・孝子の森  by  (TATE-misaki)

平成29年2月17日(金) くもり時々雨
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~14:30) 
参加会員 10名〔岡田 瓦葺 徐 立石 中川 長原 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕

早朝は少し小雨が降った 8時ごろから昼前までは曇りである 当然 定例活動日は中止ではない

孝子小学校に集まったのは9人 普段と変わらず当然のように山へ行く

孝子小学校の梅も咲き出したが 山への途中は花もなく寂しい

c0108460_18472515.jpg

*古い目立てよう道具に感心

 久川さんが 60年以上 使い込んでいる 目立ての古い道具を持ってきた

黒光りする見たこともない道具に 全員が感心していた

明日の「里山講座」で包丁砥ぎとノコギリ目立ての講習をする それの準備である

c0108460_18470845.jpg

*ラジオ体操

c0108460_18483291.jpg

*ミーティング

*クヌギ谷の伐採木の整理・・・〔岡田 瓦葺 中川 福本 柚岡 渡邊〕

c0108460_18501680.jpg

 2月3日定例活動日に 斜面の大きな木を何本も伐採した

伐採木の枝や幹が まだ片付いていない

c0108460_18493086.jpg

コナラの太い枝等はホダギ用に運び降ろした


c0108460_18501916.jpg

寸断していない枝も そのまま運び降ろした

大きな枝は山の上で 運べる大きさに寸断した

c0108460_18523199.jpg

階段補修用に使える幹は1.5mの長さに切断し 広場登り階段に使う予定

*山道周辺の伐採木を整理・・・〔立石〕

山道に使うべく準備していた材料が残った それらを杭も含めて全て運び降ろした

c0108460_18505090.jpg

*伐採枝の整理・・・〔岡田 中川 久川〕

大きな枝のまま運び降ろしたのを薪化に寸断し結束

c0108460_18530590.jpg

*枯れヤマザクラの芯を杭加工・・・〔久川〕

たき火の傍で先端を削った 削ったクズはすぐに焼却できる

c0108460_18504779.jpg
c0108460_18515227.jpg

*作業小屋の床張り・・・〔徐〕

 廃材の床材を高さを調整しながら設置していく

c0108460_18515079.jpg

作業はなかなか 根気がいるものである

壁との隙間は他の板を張って調整

c0108460_18534007.jpg
c0108460_18493359.jpg

*パイプハウス内の整理・・・〔徐 柚岡〕

柚岡さんが孫のために手づくりした机が不要になり 寄贈してもらった それを食器本棚の横に設置した

 昆虫の標本 木の標本等の整理

c0108460_18530813.jpg
c0108460_18522960.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2017-02-17 19:09 | 2017年活動状況 | Comments(0)