「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

ヒノキの間伐・・・孝子の森:地元のヒノキ林  by  (TATE-misaki)

平成28年3月15日(火) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森:土居ヒノキ林
(9:20~14:50)  参加会員 8名〔岡田 立石 谷口州 長原 西山 羽間 久川兼 柚岡〕
c0108460_22223627.jpg
昨日の雨は 気持ちの良い晴天になったが 日陰は やはり寒く感じる
c0108460_22224273.jpg
今日の作業は 孝子の森への進入路の 横にある 地元の土居さんのヒノキ林である
c0108460_22223900.jpg
間伐してほしいと依頼され目印を付けてある
10本のヒノキ間伐ボランティア作業である
c0108460_22224586.jpg
実際はヒノキ7本 スギ3本と伐採して枝掛かりして下ろせない カゴノ木2本の処理である
ヒノキ林は 日陰で じっとしておれば寒い
孝子小学校に集まり 6人は途中で現場に入った
c0108460_22235235.jpg
軽トラの2人は 孝子の森まで行き ヘルメットやノコギリ・ロープなどの間伐に必要な道具を運んできた
★ミーティング(岡田)・・・ヒノキ林にて
 「伐採前の準備作業」の資料の配布⇒これに基づいて 詳しく注意点の説明
c0108460_22223413.jpg
★伐採木にロープ掛け・・・〔長原 谷口州〕
 伐採木の中間ぐらいの高さに 長い竹の治具でロープを括り付け
 ベルトスリングや滑車を使って 直角に引けるようにする
c0108460_22310635.jpg


★ノコギリで伐採・・・〔久川兼 西山 羽間 柚岡〕
 通常伐採はチエンソーを使っているが 保険にうまく入れなかったので 今回はノコギで対応することにした
c0108460_22234723.jpg
 久川さんなどの マイノコギリは 見ていて 音を聞いても良く切れる
 瞬く間に切ってしまうので チエンソーの必要は感じない
 平均直径15㎝であり 太くても20㎝までである⇒高さは12m~17mある
 木を切ることに喜びを感じる メンバーが多いので 10本を交代しながら切っていった
c0108460_22310854.jpg
c0108460_22311195.jpg
c0108460_22424503.jpg
★伐採木の枝落としと寸法切り・・・〔全員〕
 木が倒れると 全員が ハイエナのように群がり たちまち丸太にしてしまう
c0108460_22310375.jpg
 丸太を4mと3mに寸法切りして 枝や幹を道路際に運び出す
c0108460_22235486.jpg
★枝掛かりしたカゴノキの処理・・・〔岡田 立石 羽間 久川〕
 2本が重なっていたが 1本づつ引き下ろして 枝切りして 4mくらいに玉切り
 これは地主が使うので その場に積み上げた
★丸太や枝の搬送・・・〔全員〕
 軽トラで4回往復して 全てを孝子の森広場へ運び上げた
c0108460_22320958.jpg
c0108460_22305916.jpg
c0108460_22310170.jpg
c0108460_22320454.jpg
★弁当タイム・・・ヒノキ林
 日向を探して分散しての昼食
 じっとしておれば寒いので 弁当が済めばすぐに動き出した
c0108460_22425463.jpg

★ミーティング・・・(孝子の森広場)
c0108460_22321258.jpg
 ヒノキの皮は早く剥いた方が良い
 金曜日の定例活動日は雨の天気予報なので 明日 臨時活動日として 剥き作業をする
c0108460_22320711.jpg
c0108460_22424831.jpg
c0108460_22425103.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2016-03-15 22:53 | 2016年活動状況 | Comments(0)