「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

杉林の間伐・・・孝子の森

平成30年6月26日(火) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森(9:20~15:40)  
参加会員 14名〔礒野 岡田 甲斐 柴田 徐 立石 谷口ま 戸田 中川 長原 久川兼 福永 柚岡 渡邊〕

朝6時で気温26.7度である 快晴であり 真夏の気候になりそうである

火曜日の参加会員としては 最高の14名も集まった

山へ登る途中も昆虫採集をし植物観察をし 楽しい子どもに返った気分になる

c0108460_20482900.jpg



*ラジオ体操

c0108460_20482865.jpg



*ミーティング

c0108460_20521777.jpg



*担当外杉林間伐の打ち合わせ・・・〔土井中孝子組合長 徐〕

 池の側の杉林は孝子の森の入口である

 しかし数本の杉が雨水で根を洗われて 倒れており 非常に見苦しい

組合長立ち合いの元に 伐採するする杉に目印を付けた

回りの細い木なども 全て伐採して欲しいとの要望であった

その見返りに 山で伐採した樹木を薪として 販売しても良いとの許可を頂いた

*15年っ館の活動記録ファイルの保管・・・〔立石〕

 15年間の記録を9冊のファイルにまとめた それを我が家から持ちこんだ

c0108460_20491852.jpg



 パイプハウスの本箱に全て並べて誰でもが利用できるようにした

c0108460_20491934.jpg



*バンブーハウス先端にブルーシートの屋根張り・・・〔戸田 中川 柚岡 渡邊〕 

 前回活動日に竹で柱を組み立てた

c0108460_20505866.jpg



 その上に大きなブルーシートを被せ 雨と日除けの両用できる屋根を作った

 これで15周年パーティー会場は完成した

c0108460_20530347.jpg



*釜土の改修・・・〔甲斐〕

 今まで苦労しながら焚いていたようだ

c0108460_20530112.jpg



 釜土の底から5cm位の場所に BBQの網を固定して 下から空気が入るように改造

 これで火の燃え方が相当変わり 少しは焚きやすくなった

 いずれその周辺を大改造する予定

c0108460_20531466.jpg



*ワラビ群落の手入れ・・・〔久川 礒野〕

 クヌギ谷上部のワラビ群落周辺の草を 根から抜き取り 肥料も撒いた

c0108460_20505926.jpg



*広場周辺の草刈り・・・〔谷口ま〕

*杉林の間伐・・・〔男性部9人〕

 径15cm前後の杉が 雨水に根が洗われて3本倒れている

c0108460_20545930.jpg



しかし まだ生きているので 根の方を慎重にチエンソーで切断

c0108460_20545770.jpg



枝掛かりして なかなか倒れない 下から寸断しながら倒していったが

跳ね返りがないか 考えながらの作業なので スムースには出来ない

その間に周囲の細い杉は ノコギリで伐り倒した

c0108460_20552703.jpg



雑木の細い木も全て伐採した

c0108460_20552580.jpg



枝払いした幹は 3mくらいに切断し 軽トラに積み込んで広場へ運んだ

c0108460_20562225.jpg



c0108460_20594402.jpg


和歌山大学生が実習にやって来たので 軽トラの積み込みも手伝ってもらった

c0108460_20562015.jpg



残りの杉は 伐採後 他に利用したいので 伐採適期の秋に延ばすことにした

それでも倒れていた杉を取り除き 雑木も切倒したので スッキリとはした

c0108460_20594368.jpg



*料理部・・・〔谷口ま〕味噌汁&コーヒー

c0108460_21015515.jpg



*和歌山大学3年生が 毎週火曜日午後に環境実習に50人ほど来ている 

 6~7人の班に分かれ 課題を持って研究しているらしい

c0108460_21010959.jpg



 ・・・シダの種類 ウラジロの研究 水室調査 土質調査等々

徐さんが山野草や自然の諸々を教えていた 今の若者は本当に自然の事を知らないようだ

c0108460_21010860.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2018-06-26 21:05 | 2018年活動状況 | Comments(0)