「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

カテゴリ:2014年活動状況( 65 )

可愛い大学生がやってきた   in   孝子の森     by    (TATE-misaki)  

平成26年12月19日(金)晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:10) 参加会員 13名 

c0108460_19534741.jpg
[岩橋 岡田 甲斐 佐々木 立石 谷口州 谷口眞 長原 西山 久川兼 的羽 柚岡 渡邊]
和歌山大学女子留学生(1回生) 2名来訪[雷蕾(ライライ)さん 李訊(リジン)さん] 
寒波は ようやく緩んできたようだ
朝の外気温5度であるが 昼に向けて徐々に上昇していたようだ
おまけに風が全くないので 余計に暖かく感じる
暖かくなって来た時に うれしい来訪者があった
和歌山大学1回生 中国からの女子留学生2名である
李訊(リジン)さんは北京から 雷蕾(ライライ)さんは成都から・・・
孝子駅で岡田代表代行が出迎え
c0108460_19534649.jpg
孝子の森まで伊豆賀林道ルートを案内した
c0108460_19534887.jpg
c0108460_19535019.jpg
c0108460_19535148.jpg
途中植物やいろいろのことを 説明しながらなので 孝子の森まで30分はかかった
c0108460_19535314.jpg
*和大生2名の孝子の森案内・・・[岡田 立石]
c0108460_19535433.jpg
 中央谷道→
 冒険ルート(ぜひ この道に挑戦したいとの要望で ここから尾根へ登った)→
 尾根筋→
 展望台→(今日は風もなく 展望台に上ってもあまり寒さは感じない
c0108460_20005910.jpg
c0108460_20010009.jpg
  見晴らしも 今までの中では最高で 
  漁船が100艘から漁をしている姿を見るのも初めてである
c0108460_20005631.jpg
c0108460_20005864.jpg
  淡路島から明石大橋までクッキリと見える・・・飛行機までよく飛んでいた
c0108460_20005731.jpg
c0108460_20334053.jpg
c0108460_20334158.jpg
  周りの山々の黄葉も見飽きない感じである)
c0108460_20352731.jpg
クヌギ谷→(コナラの大木の倒れた後の整理した姿を見るために
  道なき道を平気で我々と一緒に降りて来る 勇敢な子たちでもある)
c0108460_20010128.jpg
c0108460_20005220.jpg
c0108460_20161581.jpg
c0108460_20005305.jpg
広場
 広場では たき火に当たりながら 活動記録を見てもらいながら説明
 春の花の季節 5月の新緑の写真を見て 春には また来たいとのこと
c0108460_20161672.jpg
 岡田さんのお寿司の弁当を 3人で分け合って食べ
c0108460_20161893.jpg
 谷口眞さんの炊いた味噌汁を おいしいと言って お代わりまでしていた
c0108460_20162002.jpg
 「楽しくて 面白かった」と 柚岡さんからビール空き缶風車を それぞれお土産に貰い
 12時に岡田さんに送ってもらいながら 下山して行った
c0108460_20162330.jpg
 大学生ではあるが 小学校低学年並の 素直さと無邪気さを持っており
 雷さん 李さん と呼ぶより 蕾ちゃん 訊ちゃんと呼んだ方が ふさわしい
 本当に可愛い子たちであった
*「バンブーハウス」の竹樋の修繕・・・[岩橋 谷口州 柚岡]
  落ち葉が溜まって一部腐って来ていたので 5本ほど新しい竹に取り替えた
c0108460_19535765.jpg
c0108460_20161792.jpg
*餅つき忘年会の準備・・・[佐々木 甲斐 谷口州 長原 西山 的羽 渡邊]
 石臼を洗い 再度覆いをかける
 蒸し器用ストーブ設置&薪準備
c0108460_20005587.jpg
 杵ともち箱の水洗い・・・孝子小学校まで車で運び
  水道水できれいに洗い 再度 山に運び込んで たき火で乾燥
c0108460_19535677.jpg
 ・・・何れも凍るような冷たい水洗いの作業であるが
  ワイワイしゃべりながら 楽しく作業を進めている
 焼き物用竹串作り100本
  忘年会の料理は田楽のようである 味噌を付けて串挿しで約予定らしい
  岬高校生に使った竹の半割りの残ったのを利用して
  寸法切りして 細く割って 全員で先端と後端を尖らすように削っていた
c0108460_20162488.jpg
c0108460_20161392.jpg
*孝子の森の畑よりサトイモ掘り・・・[久川兼 的羽]
 久川さんが丹精込めて育てた 里芋を全て掘りだした
 それを半ドラに入れて芋洗いして 広げて乾燥⇒忘年会料理用
c0108460_19534446.jpg
c0108460_20161967.jpg
c0108460_20162184.jpg
*春蘭の道作り・・・[久川兼 的羽]
 「い」「ろ」坂は落ち葉階段となり 非常に感じがいい道になっている
c0108460_20221409.jpg
 「は」坂の一番難所の階段作り
  第3折れの道の整地は出来て 全貌が見えて来た
  後は階段作りになる
  ・・・今日の作業はその中でも杭も打ち込めないほどの岩の上に位置しており
     階段のコンクリートいあたを固定するのに時間が掛かっていた
c0108460_20221262.jpg
c0108460_20221516.jpg
  「は」坂の次は シダの腐葉土が積もっている場所に移動する
   ここも 土の部分が出るまでシダの腐葉土を取り除くのに苦労しそうである
c0108460_20221614.jpg
*尾根道整備・・・[岡田 西山]
 不要なクスノキの低木を間伐 尾根道の松なども整備
c0108460_20221140.jpg
*料理部・・・[谷口眞]:味噌汁 & コーヒータイムの準備
c0108460_20005416.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2014-12-19 20:39 | 2014年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日    by   (ナベサダ)

平成26年12月19日(金)
寒風の吹く寒い日が続いたが、今日はひと休みで風もなく好天に恵まれた。
岬高校支援活動~みさき里山クラブ活動日へと走る。
孝子小学校から中孝子を通ると、絵に描きたいような晩秋の風景が楽しみである。
山道に入ると・・今日は岡田代表代行の案内で、中国から和歌山大学校・留学の女学生2人と出会う。
昼からは講座が有るので、午前中だけの里山研修だったようだが、
中国に比べたら・・美味しい空気を喜んで帰えられたそうだ。
f0053885_20241773.jpg
昼からの作業は12月26日の忘年会準備である。
料理メニューは、餅つき、芋煮(久川長老が育てられた里山産)田楽、鶏のから揚げ、ぜんざい等々。
全員で焼き物用の串作りであるが、上手下手有り・・喋りながら賑やかな作業であった。

f0053885_2025762.jpg
久川長老と的羽氏のコンビは、今が一番難所の道づくりに精を出しておられた。
f0053885_20254660.jpg
その横を抜けて展望台まで一回りして、晩秋の山々を見ながら広場へと帰る。
f0053885_20262582.jpg
今年も残り少なくなった日程は忘年会のみとなった。

・里山の 四季へようこそ 国際化
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-19 19:46 | 2014年活動状況 | Comments(0)

新山道の名前は「春蘭の道」に決定  in  孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年12月12日(金)曇り
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
c0108460_20210943.jpg
 (9:20~15:00) 参加会員 11名 
[岩橋 岡田 甲斐 佐々木 立石 谷口州 長原 西山 久川兼 的羽 渡邊] 
曇りのち晴れの天気予報であるが 今にも雨が降りそうな曇り空である
c0108460_20210888.jpg
外気温も朝の9度が全く上昇しないようだ
今の山は花は全く見られず 黄葉と冬イチゴの赤の実が目立つ
c0108460_20211068.jpg
*ラジオ体操
c0108460_20211103.jpg
*ミーティング・・・今日の作業
  新山道の名前「春蘭の道」に決定
新山道の尾根近辺に春蘭の株がたくさん見つかったようだ
   今までの山道も「桜の木道」「合歓の木道」と花の名前の道になっている
c0108460_20293272.jpg
c0108460_20293371.jpg
c0108460_20293663.jpg
  新山道へ行くのに通る八王子峠道を「鹿子(カゴ)の木ルート」に決定
   八王子峠道の入口近辺から尾根に出るまでの道の左右に鹿子の木が10本からある
   この特徴のある木を大事にする意味で名づけられた
c0108460_20471268.jpg
*新山道作り・・・[久川兼 的羽]
  いろは坂の「は」部分の階段作り  下から一段一段作っていく
  下の方は土が柔らかいので作りやすいが 上に行くと岩ばかりなので 大変な作業になりそうである
c0108460_20293448.jpg
c0108460_20293509.jpg
*階段材料の運び上げ・・・[岩橋 甲斐 佐々木 長原 西山]
  階段材料のコンクリートガーデントップ20枚を  山道上部まで運び上げた
c0108460_20211227.jpg
*鉄筋切り・・・[岡田 的羽]
  山道の階段の杭は鉄筋を使っている
  高速切断機で廃材の鉄筋の寸法切りと同時に 先端を斜め切りにして尖らす
c0108460_20211514.jpg
*水の運搬・・・[岡田 谷口州 渡邊]
  軽トラに200ℓタンクを積んで 孝子小学校で水を満タンにして
  孝子の森の600ℓタンクに移し替える・・・2回往復して大型タンクに満たした
c0108460_20503703.jpg
*倒木コナラの玉切りした丸太運び・・・[岩橋 甲斐 立石 谷口州 長原 西山 渡邊]
  前回活動日に切断した丸太が残っている  これらを全て広場まで運び降ろした
  距離150m 高低差20mだが  重い丸太を持っての上下作業なので  寒い中でも汗ばむ感じである
c0108460_20211492.jpg
c0108460_20210609.jpg
c0108460_20210456.jpg

c0108460_20254076.jpg
c0108460_20504238.jpg
c0108460_20292928.jpg
c0108460_20293914.jpg
*倒木コナラの根の始末・・・[佐々木 長原 西山]
  根にはたっぷりと土と岩がこびり付いている
  この土や岩をツルハシで削り 現れた根を切断していく
  幹は径1m近くもある太いもので  チエンソーで切断できるように 土のついている部分を鉈で削り取る
  作業場は山の中腹にあり 周りは素晴らしい黄葉に囲まれて
  ロケーションは最高であるが  誰もそんなことには気にせず 作業に熱中している
c0108460_20504017.jpg
c0108460_20503817.jpg
c0108460_20504144.jpg
*冒険ルート周辺の草刈り・・・[岩橋 甲斐 谷口州 立石]
  しばらく草刈りをしていないので 種類によっては1mも伸びているのもある
  広場周辺の冬イチゴが ここに大移動している 当然草刈りの対象になってしまっている
  その周辺の剪定木の枯れ木を広場へ運び 薪にする
c0108460_20503694.jpg
c0108460_20292811.jpg
*料理部・・・[甲斐](女性部が参加がない場合でも 直に男性部で代行できる 何にでも対応できる集団である)
  インスタントみそ汁の味噌を使い  コイモなどの具材を入れて料理
  コーヒーの準備・洗い物等
c0108460_20293705.jpg
c0108460_20293074.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-12-12 21:00 | 2014年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ活動~    by   (ナベサダ)

平成26年12月12日(金)
学校支援活動~みさき里山クラブの活動に遅れて参加する。
孝子小学校から孝子の森へと一人歩いていると、晩秋から冬へと一歩一歩移りゆく姿を思う。
鈴なりの山柿も良い色となってきたが、干し柿にするには手間が掛かるのだろうか?
f0053885_1925774.jpg
f0053885_19271070.jpg
落葉道を踏みながら広場に到着する。
f0053885_19272997.jpg
今日の作業予定はコナラの大木の片付け、新道づくり、草刈に分かれての活動であった。
私の今日の作業は片付けられた木々の運搬~岡田代表代行の車に同乗して里山の水補給等々であった。
この時期の里山は打合せも雑談もコーヒータイムも焚火を囲む、肌寒くなると焚火は何よりの御馳走である。
本日の打ち合わせでは、新道を「春蘭の道」そして新道までを「鹿子の木道」と命名
f0053885_19282386.jpg
時折小雨がちらつく空を見上げると雲行きも怪しいが、
仕事終了の声掛けをしても・・里山仲間は・・動いている手はなかなかストップ出来ないようである。
f0053885_1929196.jpg
・カメラから 覗くと秋も 年の暮 
f0053885_19303612.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-12-12 20:22 | 2014年活動状況 | Comments(0)

瞬く間に倒木を解体  in 孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年12月5日(金)小雨・曇り・晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:00) 参加会員 12名 
[岡田 甲斐 佐々木 立石 谷口州 谷口眞 西山 羽間 久川兼 的羽 渡邊] 
和歌山大学留学生[曹松 君]

c0108460_18065050.jpg
寒波が居座っている 朝の集合時間帯は小雨である
「なんで雨やのに出て来るん ?」と言いながらも会員は11名も集まった
和歌山大学留学生である1名も加わった・・・中国ウイグル自治区出身である
日本に来て北海道2年 大阪1年目で 日本語はペラペラである
「雨 まだまだ降るんかなあー」と言いながらも 全員山に登って行った
前回の活動日から 1週間しか経っていないが 黄葉は殆ど散っている
山への道は全て落ち葉の絨毯である・・・カサオソと歩き 目にも非常に和む
こんな道であれば どこまでも歩けるような気がする
c0108460_18065229.jpg
c0108460_18065336.jpg
c0108460_18065605.jpg
c0108460_18065444.jpg

*和大生:曹君の紹介・・・岡田

c0108460_18065795.jpg
*ラジオ体操
c0108460_18065940.jpg
*ミーティング:今日の作業
*和大生:曹君の里山説明&案内・・・[立石]
  活動記録と写真で概略の説明
  「バンブーハウス」「パイプハウス」の出来るまでを現地で説明
  新山道作り・倒木処理の現場見学  展望台・尾根散策
c0108460_18064819.jpg
c0108460_18132166.jpg
「狂い咲きのモチツツジ」
c0108460_18131954.jpg
*新山道作り・・・[久川兼 的羽]
  いろは坂の「は」部分3折れ目の 最終段階の地ならしが進行中
  土留めもしっかりと出来上がっており この地ならしが終れば階段作りになる
  「に」坂からはシダの腐葉土地帯の 階段造りになると思われる
c0108460_18064660.jpg
*倒木:コナラ大木の後始末
  ・・・[岡田 甲斐 佐々木 谷口州 西山 羽間 渡邊]
  ・・・午後 [立石 谷口眞」
c0108460_18131827.jpg
  前回の継続で 葉の付いた小枝を払い 幹部分をチエンソーで切断していく
c0108460_18131747.jpg
c0108460_18131450.jpg
  予想外に作業はスムースに進み  切断作業は今日で終了した
  幹の部分は ホダギに使うので  全て広場に運び降ろす
  約120m 高低さ20mを  何往復もして 運び降ろしているが
  今日の作業では終了せず  次回の継続になる
  倒木を担ぎ降ろしてくる姿もまちまちで
  担ぐ者 抱きかかえる者 ロープで引っ張る者
c0108460_18195004.jpg
 
c0108460_18195235.jpg
c0108460_18131259.jpg
  一輪車を使う者 久川背負子を使う者等々 なかなか面白い姿であった
c0108460_18194872.jpg
*料理部・・・[谷口眞]
  味噌汁&コーヒータイムの準備
c0108460_18065947.jpg
  和大生:曹君もみんなと一緒に弁当を食べ  午後から帰って行った
c0108460_18132213.jpg

c0108460_18131069.jpg
c0108460_18131121.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-12-05 18:24 | 2014年活動状況 | Comments(0)

晩秋の里山活動日    by   (ナベサダ)

平成26年12月5日(金)
昨日の事だが、炬燵から立ち上がった途端に腰に痛みが発生、
風呂に入ってゆっくりと温めてから寝たのですが、今朝起きても軽い腰痛と左足に違和感は有った。
学校支援の担当日だったので行ってから、注意しながら動いていると・・動くには支障は無さそうである。
学校が試験中で早目に終わったので~みさき里山クラブの活動に参加、
孝子小学校~孝子の森へ、周りの風景はすっかり晩秋である。
f0053885_19292199.jpg

f0053885_19295681.jpg
ラジオ体操~本日の作業は倒木(コナラ)の片付け作業であるが、
軽腰痛の事情は説明してあるので、マイペースでの作業とさせて頂いた。
先ずは木の片付け用の紐の購入に和歌山コメリへ~木の枝の結束作業~展望台に足を延ばして散策等々の軽作業で終了。
f0053885_19315645.jpg

f0053885_19424753.jpg
大きな倒木の片付け作業は、今年いっぱいは掛かるだろうかと思っていたが、
チェンソーの威力は凄い!倒れた太目の丸太を下方から1/3切って~上方から切断して行くが、面白いほど作業が進んでゆく。
片付け作業も小枝や小さな丸木は括って、広場まで順次運ばれて~ほぼ片付いた。
f0053885_19432550.jpg

f0053885_19434892.jpg

f0053885_1948827.jpg
本日は、岡田氏の誘いで和歌山大学へ中国から留学中の学生が見学に来られ、案内係は立石氏が担当された。
元気な高齢者の姿をどのような印象で捉えられた事であろうか。
f0053885_19445393.jpg
今日の孝子の森の気温は少々冷えてはいたが・・動けば体が温もり腰痛も気にならずに済んだ。

・晩秋の 落葉踏み踏み 汗を掻き
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-05 17:35 | 2014年活動状況 | Comments(0)

孝子の森も紅葉がきれいだ!     by    (TATE-misaki)

平成26年11月28日(金)晴れ・曇り
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
c0108460_20565691.jpg
(9:20~15:30) 参加会員 12名 
[雨宮 岩橋 岡田 甲斐 小岩 佐々木 立石 谷口州 谷口眞 久川兼 的羽 渡邊]
c0108460_20565763.jpg
午前中の前半は気持ちの良い秋晴れ
山の紅葉黄葉も最高の見頃である 紅葉に見とれて 山への足取りも遅れがちになる
c0108460_20565826.jpg
c0108460_20570015.jpg
c0108460_20570490.jpg
この紅葉を背景に作業できるのも 最高の幸せである
車のタイヤも落ち葉模様である
c0108460_20565514.jpg
山道も落ち葉絨毯だ
c0108460_20570312.jpg
しかし 作業途中で小雨が降ったり 数分間雨宿りが必要だったりと 
安定しない天候になった・・・その後は曇りがちである
暑さ寒さは感じられず 作業するには絶好の気温である
c0108460_20565155.jpg
c0108460_20565364.jpg
*ラジオ体操
c0108460_21204761.jpg
*ミーティング(今日の作業)
*伐採木の整理&運搬・・・[岩橋 岡田 甲斐 小岩 佐々木 立石 谷口州 渡邊]
c0108460_21204884.jpg
c0108460_21204996.jpg
  中孝子組合が池の側の樹木を 曲がり角の見通しが悪いため相当数伐採していた
c0108460_21205328.jpg
c0108460_21205486.jpg
  これ等を全て整理し軽トラに積み込み 広場へ運び 薪とする
c0108460_21305611.jpg
  作業場にはビナンカズラ(サネカズラ)もぶら下がっており癒される
c0108460_21205031.jpg
c0108460_21205208.jpg
*新山道作り・・・[久川兼 的羽]
  いろは坂の「は」部分を造成中
  大きな枯れ木の腐らない芯を 2人で移動させながら
  土留め用に設置し固定 側壁を削り 山道を造成した
c0108460_21204235.jpg
c0108460_21204479.jpg
c0108460_21204569.jpg
c0108460_21305255.jpg
*巨木コナラ倒木の始末開始・・・[岩橋 岡田 甲斐 佐々木 谷口州 渡邊]
 8月11日に来襲した台風11号で 斜面に生えていた 巨木のコナラが倒された
 根は大きいが幹は3本立ちである
c0108460_21305069.jpg
 中孝子組合から処理を依頼されたので 我々が対応することになっているが
 完全に枯れるまで3ケ月間放置していた
c0108460_21305858.jpg
 しかし 根の一部が生きているのか枯れてはいなかった
 この倒木処理の段取りを決めるため 現場でミーティングの予定が
 現場へ到着と同時に 作業に取り掛かっていた
c0108460_21305941.jpg
c0108460_21305172.jpg
 横倒しのコナラの上に乗って 小枝を切断し始めた
 太い枝はシイタケのホダギにする
 5cm以上は別置にして その他は薪にするために結束
c0108460_21304916.jpg
 その薪の束を下りる時は 一人1束づつ運ぶ
 中には2束も運んでいる力持ちもいる
 半分ぐらい枝を落としたところで 今日の作業は終了した
*掲示板の写真張替え・・・[立石]
 2年間屋外に展示していたら写真の色が褪せてしまった
 それらを全て取り替え 「展望台のできるまで」も入れて一部取り替えた
c0108460_21305752.jpg
*料理部・・・[雨宮 谷口眞]
  具だくさん味噌汁炊き
  コーヒータイム準備
  デザートは雨宮さんの北欧の菓子パンと 甲斐さんの東京土産である
*ミーティング(たき火を囲んで)
 「新春里海まつり2015」のとんど準備に参加者の確認
 1月8日 6人確定・・・[佐々木 谷口州 西山 久川兼 的羽 渡邊] 
   9日 7人確定・・・[岩橋 佐々木 谷口州 西山 久川兼 的羽 渡邊]
  10日 7人確定・・・[岩橋 佐々木 谷口州 西山 久川兼 的羽 渡邊]
c0108460_21305313.jpg
c0108460_21305462.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-11-28 21:50 | 2014年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日から    by   (ナベサダ)

平成26年11月28日(金)
みさき里山クラブの活動日に参加する。
この時期の里山は秋から冬へ、風が吹く度に紅葉に染まった落葉が盛んである。
孝子の森へは、所々で落葉を踏みながら歩く場所が増えるのもこれからだ。
f0053885_19495580.jpg

f0053885_19502377.jpg
今朝は風もなく焚火の煙も真直ぐに上へと伸びている。
ラジオ体操~本日の予定は散策道の新ルートづくり組と伊豆賀池近くの雑木処理であった。
f0053885_1951327.jpg

地元の方が切られた場所は、卯の花時期には、案内のスポットだったので残念だが、新しい芽が育って呉れる事であろう。
f0053885_1951266.jpg

f0053885_19514678.jpg
昼食後は、焚火を囲んで「里海まつり」(1/8,/9/10 )参加の件、
きのくに子どもNPO’(11/30)低学年組と高学年組の訪問あり対応の件
昼からの作業予定の件
f0053885_2035132.jpg
打合せをして活動開始、8/10台風11号の暴風に倒された大木(コナラの木)の処理依頼が有り、どうするか?検討に行ったが・・
f0053885_19584618.jpg

f0053885_19591365.jpg
其々が鋸や鎌を持参したので、早速に浮いた枝切りから作業が始まる、
この様子だと電動鋸で遣れば・・思ったよりは早く対処できそうである。
f0053885_200213.jpg

f0053885_2011515.jpg
・風に舞う 落葉眺めて 昼の飯
[PR]
by kyousinomori | 2014-11-28 20:34 | 2014年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ活動日・イベント準備    by   (ナベサダ)

平成26年11月21日(金)
今日は久しぶりに好天に恵まれた1日であった。
みさき里山クラブ・定例活動に参加する。
~本日の参加者は16名(男11名・女5名)~孝子小学校に集合して孝子の森へ、
途中の川沿いに実る清水さん宅の鈴なりの柿が、良い色になって晩秋を知らせてくれている。
f0053885_20381987.jpg
孝子の森着~ラジオ体操~本日の予定は
23日の手作り広場(蔓編み教室)準備組、新ルートの道づくり組、
孝子の森からノーリツ鋼機まで尾根コース整備組、に分かれてスタートする。
私は甲斐氏と尾根コース整備で作業に向かう。
f0053885_20385482.jpg
尾根コースは余り人の通った形跡はなく、途中は枯れ松の撤去や道にはみ出したシダやサルトリイバラ、
足元の蔓などの刈り取り除去作業を行った。
f0053885_20392983.jpg

f0053885_2040398.jpg
中でも道に被さったシダの1か所は緑のトンネルとして残す。
11月30日には「きのくに子どもNPO」の親子が見えて、散策予定の対応である。
f0053885_20402231.jpg
昼からは焚火を囲んで、岡田代表代行から
11/23日・手作り広場の打ち合わせ、
11/30日・きのくに子どもNPOの打ち合わせ、
1/8日/9日/10日の里海まつりの協力要請の件、スムースに纏めて頂いた。
f0053885_20423260.jpg
~全員で蔓編み教室の材料を太さで(大)(中)(小)に仕分けをして、
籠作りの指導を久川(恵)丸山(禮)から受け乍ら其々が挑戦する。
あれやこれやと言いながら・・・賑やかに作り上げて行った。
f0053885_20432719.jpg

f0053885_20441578.jpg

f0053885_20443574.jpg

f0053885_21101976.jpg
予報では当日は晴れであろうが・・念のために孝子小学校・講堂利用を予約していたので、鍵を預かった。

・打合せ 焚火囲んで 丸く締め
[PR]
by kyousinomori | 2014-11-21 21:44 | 2014年活動状況 | Comments(0)

ツル整理 & 会員のつる籠編み研修  in  孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年11月21日(金)晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
(9:20~15:40) 参加会員 [16名]
[雨宮 岩橋 岡田 甲斐 佐々木 立石 谷口州 谷口眞 羽間 久川恵 久川兼 的羽 丸山禮 宮崎 柚岡 渡邊]
空は澄み渡り 気持ちの良い秋晴れ

c0108460_21133723.jpg
孝子小学校の銀杏も枯葉が落ちてしまい 黄色の絨毯になっている
c0108460_21133611.jpg
宮崎さんはこの銀杏の落ち葉を利用して 簡単にバラの花を作っている
c0108460_21230020.jpg
c0108460_21225983.jpg
暑くなく寒くなく外での作業には 最高の天候である
*ラジオ体操
*ミーティング・・・今日の作業
c0108460_21133852.jpg
*新山道の伐採した大木の運び上げ・・・[岩橋 岡田 佐々木 谷口州 羽間 柚岡]
  既に伐採した枯れ木を斜面に寝かせてある  これを10m以上 上部に引き上げる
c0108460_21230676.jpg
  ロープを張り チエンブロックを使って
  ほとんど人力で新山道の土留め箇所まで 運び上げた
  急斜面で土がサラサラなので 非常に作業は困難であった
c0108460_21134050.jpg
*新山道作り・・・[久川兼 的羽]
  いろは坂の「は」(3折れ)部分の 土留め用 枯れ木の芯を固定して山道の基礎作り
c0108460_21230574.jpg
  邪魔な樹木を切ったり根を掘り起こしたりと
  重い土留め材を担いで運んだりと ハードな作業の連続である
c0108460_21230209.jpg
  昨日 傘寿6歳の誕生日を迎えた長老は 若者顔負けの元気さと活躍振りである
c0108460_21230347.jpg
c0108460_21225628.jpg
*八王子峠道の尾根道の草刈り・・・[甲斐 渡邊 立石]
  30日に「きのくに子どもNPO」の  子どもたちが この道を通りハイキングの予定
  垂れ下がっているシダや サルトリイバラ その他のイバラ等を 刈り込んだり刈払機で刈ったりする
c0108460_21134464.jpg
  道にも木の根が現れ 足がひっかかりそうなのは全て切断する
  シダの枯れた葉脈はトゲのようになり 危険なので極力目の高さの分は刈り取った
c0108460_21134330.jpg
*ツルの整理・・・[谷口眞 久川恵 宮崎]
  「手づくり広場」用に採集したツルを 丸めたものをほどきながら
   根などを切り取りながら 太さを大中小に分ける
c0108460_21134236.jpg
   午後からは男性軍も応援に入った
c0108460_21230166.jpg
*つる籠編みの研修・・・(全員)
  「手づくり広場」でサポートできるように
  全員が 久川恵さんや 丸山禮さんに 指導を受けながら実際に編んでいく
c0108460_21225839.jpg
c0108460_21225733.jpg
c0108460_21264544.jpg
*竹串作り・・・[柚岡 佐々木] 
  「手づくり広場」でマシュマロをオヤツに出し
  たき火であぶって食べるため 笹を切って来て 竹串作り
*料理部・・・[雨宮 丸山禮]
  具だくさんの味噌汁炊き
c0108460_21134154.jpg
  コーヒータイムの準備
  デザート:干し柿・あんころ餅・酒粕菓子・・・いずれも会員から提供されたものである
  白馬土産の酒粕菓子は変わった味でおいしい  コーヒーにはぴったりのお菓子である
c0108460_21133570.jpg
*ミーティング(昼食後たき火の周りで)
 ➀「手づくり広場」の詳細検討 & 役割分担決定
 ② 30日に「きのくに子どもNPO」のちびっ子組と小学生組の2組がやって来る
   スケジュールの詳細説明 & 当日の参加者確認
 ③「新春里海まつり2015」のとんど関係への参加要請
  1月8日(木)5人以上 1月9日(金)4人以上 1月10日(土)6人以上
  岡田代表代行より 12月末に参加者確認する⇒予定しておくことを依頼

c0108460_21133490.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-11-21 21:33 | 2014年活動状況 | Comments(0)