「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

カテゴリ:青少年海洋センターサポート( 9 )

「くらたんワイワイ祭」(青少年海洋センター)の準備    by   (ナベサダ)

平成28年1月23日(土)
青少年海洋センターにて、依頼のあった「くらたんワイワイ祭」の広報チラシを貰うと同時に、
気になっていた岬高校・養殖わかめの生育具合を確認に行く、
今年は気温の高い日が続いたので、塩分濃度が上がらなかった様で成育不良である。
例年は此の祭で年間売り上げの半分は稼ぎ、山海人プロジェクトの活動資金に充てるのだが、今年は難しいかも??

f0053885_19571285.jpg

f0053885_19570105.jpg

「くらたんワイワイ祭」では「おもちゃ作り」の依頼も有るので、
ストロートンボ、まわる金魚、紙飛行機、ワッカ入れ遊び、等々を検討中である。
昼からは和歌山方面の
100
均に行って、おもちゃ作りに使用する画用紙や小物材を購入して帰る。
バタバタしながらでも下準備はして置かねばなるまいか。

・この寒さ 春の足音 ひと休み



[PR]
by kyousinomori | 2016-01-23 20:55 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

「くらたんワイワイ祭り」  in  大阪府立青少年海洋センター     by    (TATE-misaki)

平成27年2月14日(土) 晴れ
朝の外気温3度であるが 風もなく 昨日より抜群に暖かい
昼頃には 6~7度に 気温も上昇してきた
こんな日は 2輪オープンカーでも 支障なしに走れる
出掛けると言っても オープンカーで5分の近場である 海洋センターである
c0108460_15484693.jpg
c0108460_15484725.jpg
今日は 9:00~15:00まで ここで祭りが行われている
c0108460_15484583.jpg
体育館に入ると 屋台がたくさん出ている
c0108460_15484884.jpg
*パン・・・工房みさき  
*たこ飯・ふぐ飯・・・カネショウ水産
 (川村さんは同居人の友人で良く知っており 昼ご飯にフグ飯とたこ飯を3個買った)
*カレーライス・豚汁・・・KMC-OB  *こーひー・チョコタワー・・・海風館
c0108460_16593864.jpg
  
*おでん・ぜんざい・ポップコーン・みるくせんべい・・・海洋センター
*京はばねろ篠ソース 他・・・(有)篠ファーム
*手づくりクラフト雑貨・小物・・・小さな雑貨屋さん
c0108460_16594013.jpg
*おもちゃ作り・わかめ販売・・・SA泉州南
  (渡邊さん 見先さん 新野さん 岩崎さん等知った顔が多い
   岬高わかめ販売には尾崎先生や 転任された武田先生も居られた)
  このコーナーは人気コーナーで子供の姿が絶えない
  ストローとんぼ・紙飛行機・お散歩カニなどが人気のようだ
c0108460_15484334.jpg
c0108460_15484464.jpg
c0108460_15485008.jpg

c0108460_15484955.jpg
c0108460_16132221.jpg
*石ころアート・ちりめん発見隊・・・海洋センター
  (松本さんや桜井さんなど知った顔ががんばっていた)
c0108460_16132197.jpg
c0108460_16132045.jpg
*たき火コーナーは屋外である

食堂がイベントステージになっている
*「弾き語り」ますだ たかこ
 ギターを弾きながら歌っていたが どちらもなかなかうまかった
 歌唱力もあり 高音も低音もきれいに出ていた
 テレビに出ているプロ歌手と偽っている連中より よほどうまい
 歌っている歌は知っているのは3曲ほどだったが
 最初から最後まで10曲以上聴いてしまった
c0108460_16132303.jpg
c0108460_16132457.jpg
*「バンド演奏」岬高校軽音楽部
  1~3年生 18名が曲によってメンバーを3~4人に組み替えて演奏していた
  何といってもドラムが迫力があり 3人が3人とも上手であった
  2人は女の子であったが 迫力とリズム感は大したものである
  曲は全く分からないが 若い元気な演奏に聴きほれていた
c0108460_16132621.jpg
c0108460_16132700.jpg
c0108460_16594124.jpg
c0108460_16132877.jpg

c0108460_16132961.jpg
*「沖縄楽器演奏」童神(わらびがみ)
  歌は全て知っていのばかりであったが いまいち心に響いてこない
  既存の歌手のイメージの既定概念が邪魔しているのかもしれない
  現役のプロ歌手と比較してしまっているのかも・・・?
  三味線は あまり好きでないが 太棹と蛇皮線は好きである
  その蛇皮線の音があまり聞こえなかったのも原因かも知れない
  いまいち沖縄の雰囲気に浸れず 中座してしまった
c0108460_16131942.jpg
c0108460_16593927.jpg
喫煙場所は海岸べりであるが 一服するのも あまり寒くはなかった
気持ちの良い青空を見ながら 大空に煙を吐き出すのも気持ちのいいものである
c0108460_15485120.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2015-02-14 17:13 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

H24 年2月 第5回「たこうみフェスティバル」 in 大阪府青少年海洋センター

平成24年2月26日(日) 曇り
c0108460_16575632.jpg

(9:50~13:30) …主催:大阪府立青少年海洋センター
 「第5回 たこうみフェスティバル」 
「NPO法人まちづくり岬」販売コーナーに出店(8人) 
   & おもちゃづくりコーナー運営(4人)
朝早くから 「NPO法人まちづくり岬」のスタッフと
岬高校の先生とは海洋センター桟橋の
岬高校が養殖している わかめを採集していた
c0108460_16584766.jpg

今日は朝は海風が冷たく非常に寒い 暖を取る火の気もない
海水に手を差し込んでのわかめ採集であるが
手袋をしていても手先がかじかんで自由が利かなくなる
最後には海水を汲み上げて 汚した桟橋を掃除までしている
c0108460_1704063.jpg
c0108460_171315.jpg
c0108460_171331.jpg

それを150gづつパック詰めしラベルを張り 袋に入れる
1パック100円で売るための準備は大変である
c0108460_172342.jpg

「NPO法人まちづくり岬」の販売コーナーには
中孝子の清水さんが野菜と弁当・お餅も出品している
山形の玉こんにゃくを3個串刺ししておでん風味付けした
玉コンニャクは温かくて美味しく 大鍋に2鍋も準備したが
評判がよく よく売れていた
c0108460_174093.jpg
c0108460_1743629.jpg
c0108460_175183.jpg

「NPO法人まちづくり岬」管轄のおもちゃ作りは
外があまりにも寒いので場所を玄関ロビーに移動し
子どもたちにも評判がよく 入れ替わり立ち代りの参加で
準備してきたおもちゃの材料はなくなってしまった
c0108460_1754953.jpg
c0108460_1763910.jpg

その他 屋台・販売コーナーでは
わたがし・パン・たこめし・干物・タコライス・餅ぜんざい・おでん
等が販売されている
c0108460_1771724.jpg

c0108460_1775783.jpg

c0108460_1782518.jpg

和凧つくりやクラフトのコーナーも開設されている
日本凧の会大阪支部のメンバーは
せんなん里海公園の砂浜で各種の変わり凧を揚げている
今日は風があるので どの凧もよく揚がっている
青空に揚がっておればもっとよかったのにと思うほどの
初めて見るような たくさんの種類の凧である
c0108460_1791830.jpg
c0108460_1794233.jpg
c0108460_17101983.jpg
c0108460_171050100.jpg

ステージでは 太極拳演舞 和太鼓演奏
c0108460_17111518.jpg
c0108460_17114641.jpg

岬高校の軽音楽部と吹奏楽部の演奏もある
c0108460_17122878.jpg

「凛憧」のよさこいソーラン演舞もあった
これは若さがはちきれる元気な演舞で
3曲目は観客も一緒に踊る「うらんじゃ音頭」で
ジイちゃんから幼い子どもまで混じって楽しんでいた
c0108460_1713187.jpg
c0108460_1714934.jpg
c0108460_19303560.jpg
c0108460_17143933.jpg
c0108460_17153965.jpg
c0108460_17161899.jpg

いずれも内容の濃い企画であるが
PR不足で観客が少なく 寒い天候にも災いされた
天気がよくて PRをうまくやれば
1000人位の集客力はある企画だと思う
c0108460_17174546.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2012-02-26 01:07 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

青少年海洋センター企画「ウオーターワイズクラブ」 in 孝子の森

平成23年8月5日(金) AM曇り時々小雨 PM:晴れのち曇り
c0108460_21413841.jpg

(9:00~15:20) …孝子の森…参加会員 11名
青少年海洋センターの事業企画が
昨年から海だけでなく 山の体験も組み入れた
その趣旨に みさき里山クラブが全面的に同調し
当日のサポートのお手伝いを引き受けた
c0108460_21423188.jpg

①孝子の森の場所の提供
②釜 かまど 炊事用具 薪等の貸与
③子ども達の お遊びのサポート
④ピザ焼きの引き受け
⑤昼食の準備は海洋Cスタッフがする
c0108460_21425618.jpg

9:30~①会場の準備
…200リットル水タンク一杯の水を
   軽トラで山に運び常設タンクへ移す
c0108460_21433270.jpg

②「運営委員会」
  *みさき公園団地の草刈り事業の報告
  *刈払機 3台 新規購入の承認
  *退会者の報告
c0108460_2144040.jpg

10:15 子ども達&スタッフ到着…総員18名(子ども10名 スタッフ8名)
c0108460_21452599.jpg

     到着と同時にブランコやロープ登り ツリーハウスに殺到する
c0108460_21463588.jpg
c0108460_2145516.jpg
c0108460_2147461.jpg

     小学校低学年が多く 女の子も1人だけなので 遊びは限定されてきて
     個々に自分の好きなことをしている感じである
     昆虫の好きな子は1日中網を持って
     「山はいいな!山はいいな!」と云いながら昆虫を追う
c0108460_21493342.jpg

     座り込んでアリジゴクを観察している子
c0108460_215278.jpg

     山椒の木の匂いを教えてもらっている子
c0108460_2154156.jpg

     火に興味のある子は枯葉や枯れ草を集めてきてはカマドにくべている
     …スタッフは火の回りが悪くなり困っているが…
c0108460_21564010.jpg

     昼食準備の女性スッタフが火を起そうと 火吹竹を吹いたら
     中に潜んでいた大きなゴキブリとキッスしていまい悲鳴を上げる場面もあった
     しかしその後もめげずにカレーを炊いていたのは エライ!!
     丸山さんはカマドの火と釜でのご飯炊きの管理に多忙であった
c0108460_21574664.jpg

     海洋Cスタッフの準備してきたピザ生地を
     子どもたちも加わってワイワイ云いながら伸ばし
c0108460_21582858.jpg

     トッピングして準備→それを甲斐さんがピザ窯で焼く
c0108460_2159334.jpg

     ピザ窯の予熱管理 焼け具合管理に
     熱い窯の前に貼り付けで汗だくになっている
c0108460_2202228.jpg

     皆が手伝いながらやる作業はいいものである
12:00 昼食…一番初めに焼きたてのピザに集まった
c0108460_2205953.jpg

     全員が自分たちの手作りのピザを 「おいしい! おいしい!」と食べている
c0108460_2222333.jpg

     次にお釜で炊いたご飯とカレーである
c0108460_2232760.jpg
c0108460_2241535.jpg

     2種類の食事に全員がお腹一杯になった
     食後は午前中の遊びの継続である
     ミヤマクワガタ タマムシ ヤンマ 大型のカネブン
c0108460_2273414.jpg
c0108460_2271134.jpg

c0108460_22882.jpg

     蝶やバッタや蜂やセミやと昆虫も沢山捕獲できた
c0108460_8163217.jpg

13:40 尾根散策…岡田顧問案内
     全員が参加した 割合におとなしく リーダーより前へ行く子はいなかった
     下りはロープを持って下る「冒険ルート」にしたが
     これが又 大人気で落伍者もなく全員降りた
c0108460_2291280.jpg
c0108460_2294697.jpg

c0108460_22104990.jpg

14:20 それぞれの遊びの継続
     途中から「スイカ割り」があり 最初は新聞紙の棒でたたく予定が
     木の枝や太い竹が持ち出され粉みじんになっていた
     それを冷たくておいしいときれいにたべてしまった
     大きな塊を長時間掛けて食べている子もあった
c0108460_2212926.jpg

     *スタッフは片付け
15:00 全員下山
…今日は海洋Cで泊まり明日は海の体験である
c0108460_22125663.jpg

「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_075373.jpg
c0108460_08147.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2011-08-05 17:43 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

H23年2月 第4回「タコうみフェスティバル」 in 大阪府立青少年海洋センター 

平成23年2月27日(日) 晴れ
c0108460_17505195.jpg

(9:00~14:30) …大阪府立青少年海洋センター 
参加会員…12名
第4回「タコうみフェスティバル」
c0108460_175123100.jpg
 
場所&主催 大阪府青少年海洋センター
    後援 岬町・阪南市・泉南市・泉佐野市
        の教育委員会
        大阪府青少年活動財団
        大阪府こども育成連合会
    協力 日本凧の会
        せんなん里海公園
        「NPO法人まちづくり岬」
        みさきタコクラブ
        泉南JC「「うみっ子ヨット教室」
        愛の家「工房みさき」
c0108460_17521453.jpg

「NPO法人まちづくり岬」の担当は即売会である
①おもちゃ作り…[渡邊 大津 ?] 
②岬高校の菜の花とワカメ販売…[見先 丸山夫妻]
…岬高校2年生が種まきして育てた菜の花を
  観賞用は贈呈し 食用を販売
  (おひたしにして試食に出したのが成功である)
  岬高校3年生が養殖したワカメは
  大人気で大口購入者もあってまたたくうちに完売した
c0108460_175395.jpg
c0108460_17542263.jpg
c0108460_17553761.jpg
  
③ヤキイモ…[甲斐 島田 理性院 立石]
…半割ドラム缶5本を利用して9時からどんどんたき火をし
  からけしを沢山作りその中に
  新聞紙とアルミフォイルで包んだ鳴門金時を入れていった
c0108460_1755614.jpg

c0108460_1756639.jpg

  火力が強いので焼けるのに40分はかからなかった
c0108460_1756453.jpg

  昨夜から半割ドラム缶で燃やし続けている籾殻でも
  ヤキイモを試してみたが1時間ほどかかるが
  焦げないきれいなおいしいヤキイモが焼けた
c0108460_17571247.jpg

  150個ほどを2回に分けて焼いたが
  ボチボチではあったが昼前には完売した
c0108460_17574513.jpg
 
④農産物&オモチ等の販売…[中孝子の清水 中学生]
…山菜ご飯 赤飯 おはぎ あえもち のしもち シフォンケーキ
  黒豆とうふ 八朔 デコポン リンゴ
  ホウレンソウ ムラサキシキブネギ 春たまねぎ ダイコン等々
  大部分販売できたと思う
c0108460_17581542.jpg

c0108460_17584551.jpg

「曇り後雨の天気予報であったが 小春日和の上天気であった
今回はヤキイモに専念したので 肝心の凧揚げは見られなかった
目の前のフェスティバル会場でのステージパフォーマンスは
ちょこちょこと見られた
和太鼓のお腹に響く力強い演技や岬高軽音楽部や
c0108460_17592618.jpg
c0108460_180650.jpg

大学生の元気な「よさこい」は楽しませてもらった
c0108460_1805975.jpg
c0108460_182022.jpg

これだけの大規模なイベントをやっているのに
地域住民の参加が少ないように思う
(要予約 先着順)とのポスターの文字がネックのようだ
申込みしなければ来てはいけないように思われる
「里海まつり」のように一般客を呼び込み作戦を考えれば 
もっと賑やかな祭りになると思える
いい企画だけに もったいないように思う」

      「NPO法人まちづくり岬」活動記録作成
c0108460_1823220.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2011-02-27 01:02 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

みさき里山クラブ:青少年海洋センター「海洋マリンクラブ」サポート

平成22年8月22日(日)② 晴れ
(7:30~14:00) …孝子の森…参加会員 4名
朝5時30分起床 7時30分孝子小学校集合
8時前には孝子の森に到着していた
大阪府立青少年海洋センターの
今年からの企画で「海と山」の2回目のサポートである
「海洋マリンクラブ」(小学高学年~高校生)が
20~22日 2泊3日の工程で
21日は孝子小学校の講堂に宿泊し
今日は孝子の森に8時30分には来る
7:30~準備:テーブルの覆いをはずし
     簡易テントを張って日陰を作り
     原木プレートのお絵描きの準備
     ストロートンボ 輪ゴムてっぽう作りの準備
c0108460_21312120.jpg

8:30 子ども達到着
     [子ども 25名 スタッフ 10名]
     岡田代表挨拶…「孝子の森の概要」
c0108460_21344887.jpg
c0108460_2135754.jpg

8:40 フリータイム
     ブランコ・ロープ登り・お絵描き・オモチャ作り等
9:05 尾根散策
     今回のグループは統制が取れていて
     岡田代表の案内を追い越していく者もおらず
     一列縦隊に整然と付いて歩く…感心である
c0108460_21354460.jpg

     展望台では「景色がいいなあー」の歓声と
     こだまを期待して叫んでいたが
     思うような返しがなくて少し残念がっていた
     チーフリーダーへの鬱憤晴らしのような叫びが多かったが
     それだけリーダーへの関心があり 親しみがあるように思えた
c0108460_21361918.jpg

     下りは冒険ルートであったが ロープを持たないと
     降りられないような急な場所が何箇所かあり
     片手でロープを持っただけで堂々と降りる子や
     座り込んですべるようにして降りる子や様々である
c0108460_21372255.jpg

9:47 フリータイム
c0108460_2138159.jpg

     オモチャ作りコーナーは大人気で
     作ったストロートンボを飛ばしたり
     輪ゴムてっぽうでは準備した的当てゲームをしたり…
c0108460_21383535.jpg

     プレートのお絵描きでは自分たちのグループ名を
     いろいろにアレンジして描いていた
     スタッフの名前を書き込んでいる子もいる
c0108460_2143614.jpg
c0108460_21434569.jpg
c0108460_214413.jpg

     ブランコも何人もでネジってくるくる回し大喜びしたり
c0108460_21442253.jpg

     ダンボールをお尻に敷いて急斜面を滑り降りて歓声を上げたり
c0108460_214450100.jpg

     子どもと大学生のスタッフが一緒になって遊んでいる
     各地区から集まり普段は全く付き合っていないメンバーが
     年齢も違うのに 昔の子どもグループのように
     縦割りで楽しく遊んでいる姿は なかなかいいものである
10:45 自炊タイム…全員を3グループに分ける
      ①ヤキソバ班
         ニンジン・キャベツ・タマネギ・ウインナーを刻む子
         ドラム缶半割に火を起す子
         鉄板で一度に20人分くらいのヤキソバを豪快に料理していく
c0108460_21452690.jpg
c0108460_21454697.jpg

      ②ブタキムチ班
         豚肉をばらき 野菜といためてキムチで味付け
         ヤキソバと並んで料理している
c0108460_2146791.jpg

      ③フルーツポンチ班
         白玉団子作りが大変である
         粘土細工で遊んでいるようなもので…
         それでもお湯の中に大小の団子を入れて
         最後は恰好は付いていたが…
c0108460_21463296.jpg

12:20 昼食
       各班が作った料理を行儀よく並んで器に盛ってもらう
       各自「大盛」「普通」「少なく」と自己申告している
c0108460_21483210.jpg

       それぞれの場所に分散して楽しく食べていた
c0108460_21485517.jpg
c0108460_2149944.jpg

       我々サポーターにも ちゃんと持ってきてくれた
       食後は片付ける者や 昆虫採集やトカゲ捕獲に燃える子や
       様々だが タマムシが2匹も捕獲し観察できたのはよかった
13:20 全員下山→孝子小学校へ(荷物をまとめて帰途へ) 

       「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_21521212.jpg
c0108460_21522837.jpg
    
[PR]
by kyousinomori | 2010-08-22 02:20 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

リョーブ原木切断:プレート作り

平成22年8月21日(土) 晴れ
c0108460_15261147.jpg

青少年海洋センター「海洋マリンクラブ」の
特別企画「海と山」が
明日 孝子の森にやってくる
今日は孝子小学校講堂で宿泊予定とか
c0108460_1528132.jpg

明日は小学4年~中学3年の30人の
子どもたちを山で1日遊ばせる必要がある
海洋センタースッタフは山での遊びは知らないので
我々が何とか対応せざるを得ない
原木のプレートへのお絵描きは
前回も人気があったので材料がなくなった
孝子の森より持ち帰っていた
リョーブの原木1.5mを電動マルノコで
5~6mmの厚さのプレートに切断し
約170枚プレートを作った
c0108460_15263816.jpg

全てに4mmの穴あけをして
準備は完了である
c0108460_1527193.jpg

c0108460_15272224.jpg

終った頃には甲子園では興南高校の優勝が決まっていた
圧倒的な強さで春夏連覇である
沖縄に拍手を送りたい
明日は7時30分に孝子の森へ行く
[PR]
by kyousinomori | 2010-08-21 02:22 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

青少年海洋センター:「ウォーターワイズクラブ」のサポート

平成22年8月5日(木) 晴れ
c0108460_2235111.jpg

(9:30~16:00) …孝子の森…参加会員 6名
青少年海洋センターの事業企画が
今年から海だけでなく 山の体験も組み入れた
その趣旨に みさき里山クラブが全面的に同調し
当日のサポートのお手伝いを引き受けた
①孝子の森の場所の提供
②釜 かまど 炊事用具 薪等の貸与
c0108460_2251661.jpg

③子ども達の お遊びのサポート
④ピザ焼きの引き受け
⑤昼食の準備は海洋Cスタッフがする
9:30~会場の準備
    …散策ルートの危険な場所へは看板を設置
      ピザ窯 釜等の準備
      名札お絵描き ストロートンボ・風車の準備
11:20 子ども達&スタッフ到着
c0108460_2245099.jpg
c0108460_228774.jpg

     到着と同時にブランコやロープ登り
c0108460_2253990.jpg

     名札お絵描きに殺到する
     写真立てを作りたいとの希望で
     リョウブの原木を切り出したが
     今度は男子はノコギリ使いに興味を持ち
     廃材の板を使ってヨットを作り出した
c0108460_2284810.jpg

     女子はストロートンボやストロー風車に集まる
c0108460_22112329.jpg

     お遊びのサポートで我々は大忙しである
     昼食準備のスッタフがやや慣れていないようなので
     甲斐 丸山は食事準備に多忙であった
c0108460_2262023.jpg

c0108460_2264698.jpg

12:40 昼食…お釜で炊いた五目飯とヤキソバ
     子どもたちも幾つかのグループに分かれ食べていた
     昼食後はゆっくりとする間もなく
     各クラフトの継続作業に飛びついていた
13:50 尾根散策…岡田代表案内
     元気盛りの子ども達だけに山も走るようにして登る
     ゆっくりと歩けと押えるのが精一杯である
c0108460_22134713.jpg

c0108460_22141423.jpg
c0108460_22143438.jpg

     下りはロープを持って下る「冒険ルート」にしたが
     これが又 大人気で落伍者もなく全員降りた
c0108460_2215197.jpg

c0108460_22152119.jpg

     アンコールでこのルートを2回も行った女子もいる
     3回目は時間がなくなって諦めたが…
14:20 焼きたてのピザをデザートに楽しむ
c0108460_2213275.jpg

     徐さんなどはヨット作りのお手伝いで
     子ども達に囲まれて大汗をかいていた
c0108460_22124024.jpg

15:10 全員下山
…海洋Cへ帰り2泊して明日から海の体験である
c0108460_2216097.jpg

「今回の子ども達は堺市を中心にしたメンバーで
 普段はあまり付き合いがなくて このクラブでの付き合いだけらしい
 年齢も近く 非常に元気の良い 積極的な集団である
 まず 眼がキラキラと輝いているのが素晴しい
 指示待ち子どもでなく あれして これしての
 要望一杯の子ども達で サポートも楽しかった」
「『おっちゃん うみべの森のおっちゃんと違う』
 と夏休み工作に来てくれた女の子から声を掛けられ
 懐かしさで その後も何度も会話を楽しんだ」
「子どもたちが生きたタマムシを捕まえてくれた
 死んだ個体や 鳥に食べられて羽だけのや
 飛んでいるのは見たが 間じかで見たのは今年初めてである
 何度見ても不思議な色のきれいな虫である」
c0108460_22162116.jpg

「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_0571743.jpg
c0108460_057336.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-08-05 02:31 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

H22年2月 第3回「タコうみフェスティバル」 in 大阪府青少年海洋センター

平成22年2月28日(日) 晴れ
昨日南米チリで巨大地震が起きた
日本にも津波の影響があるとて
テレビで各地に津波警報が出ている
こんな時だから海岸でのイベントは
やっていないと思っていたが
連絡を取ると開催中であるとのことだ
午後の部から参加することにした
c0108460_17225922.jpg

第3回「タコうみフェスティバル」 
場所&主催 大阪府青少年海洋センター
    後援 岬町・阪南市・泉南市・泉佐野市
        の教育委員会
    協力 日本凧の会大阪支部
        せんなん里海公園
        「NPO法人まちづくり岬」
        みさきタコクラブ
        大阪府立岬高校
 9:00 受付 42家族 126名参加
         スタッフ 約40名
 9:30 開会式
10:00 凧作り開始
11:30 昼食
12:00 岬高校軽音楽部の演奏
12:45 お楽しみタイム
      ①ミニゲーム ②昔あそび ③おもちつき
      ④あたご山ウオーキング…「NPO法人まちづくり岬」担当
c0108460_17234159.jpg

       淡輪ヨットハーバーの歩道橋から淡輪遊園へ
c0108460_17253967.jpg

       あたご山の松寿橋
c0108460_17264689.jpg

       展望台の灯台の中にクイズの答えが…
c0108460_17282113.jpg

       展望台で記念写真
c0108460_1729824.jpg
c0108460_17314388.jpg

       せんなん里海公園では日本凧の会の大凧の姿が…
c0108460_17303749.jpg
c0108460_17305729.jpg
c0108460_17312114.jpg

13:45 参加者「太平洋集会所」へ集合
14:00 凧揚げ大会…せんなん里海公園淡輪海水浴場
c0108460_17321595.jpg

c0108460_17324011.jpg

c0108460_17325567.jpg

      自分で作った凧を それぞれが揚げだした
      最初は走って揚げていたが 慣れてくると手の動きだけで
      高く高く揚げることが出来るようになった
      空一杯に沢山の凧が泳いでいる姿は壮快である
      大部分の子どもが80mの糸一杯に揚げていた
      凧同士のお祭りも何件か発生していた
      糸がもつれて困っている子どもの何人かの手助けもした
c0108460_17395829.jpg
c0108460_17401529.jpg

c0108460_17403185.jpg
c0108460_1746202.jpg
c0108460_1813158.jpg
c0108460_17404666.jpg

15:30 閉会式
c0108460_17412251.jpg

16:00 全終了
[PR]
by kyousinomori | 2010-02-28 00:58 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)