「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

定例活動日:周回路作り

平成22年6月25日(金) 曇り・雨
c0108460_15545012.jpg

(9:30~12:40) …孝子の森…参加会員 9名
本日の作業内容
新ルート「周回路作り」(題展望台⇒孝子小学校)
c0108460_15552186.jpg

①先頭部隊(調査隊)…[岡田 久川 横山]
   シダ刈りをし 邪魔な樹木を切りながら
   昔の山道らしき跡を探しながら進む
   三分の二くらいの山の頂上(142.5m)まで到達
   ここからは旧山道が見えるようなので
   開発は割合楽なように思える
c0108460_15554813.jpg
c0108460_1556419.jpg

②後続部隊(山道整備隊)…[廣田 樋山 西山 甲斐 鈴木]
   前回の確定した調査道を刈払機で
   シダを刈りながら1.5m前後に広げていく
   刈払機のプロ軍団のようなもので
   瞬く間に相当数の距離を完成させている
c0108460_15563467.jpg

c0108460_1557388.jpg
c0108460_15571869.jpg

③第5展望台周辺の草刈り…[鈴木]
   誰よりも早く山へ入り 我々が山に着いた時は
   既に相当量の草刈りが出来ている
   そのために滝のような汗でシャツもびっしょりと濡れている
c0108460_15574348.jpg

「雨の予報はなかったように思うが
11時ごろから相当強い雨が降りだしていた
一度作業にかかれば雨だか汗だか分からなくなるメンバーだけに
雨の中 昼まで作業を続けていた
その中で後続部隊や先頭部隊を行き来し
途中の邪魔な樹木を切ったり
道の真ん中のリョーブを切らさないために
その横の道を広げたり
勝手な作業をしているのも一人いた
昼食時に『あれー!雨だわ!昼からは作業が出来んな』」と
言う調子で 少々の雨は我関せずである
昼弁当時間には「仁べ」の徐さんが
すこぶる甘いメロンをデザートに差し入れてくれた
お陰で昼時間は賑やかになった
流石に弁当を食べた後 雨の中へは出て行かず
午後は作業は雨天中止となり 半ドンで帰ることになった」
c0108460_15581990.jpg

「孝子の森のササユリは他よりは開花がやや遅い
うみべの森などは20日には完全に花が終っていたのに
ここでは まだ咲いている花を観賞できるし
まだツボミの状態なのも2輪ほどある
4輪咲き1株を含め3株6輪は花が散っているが
今日現在では5株8輪は観賞可能である
c0108460_1559513.jpg
c0108460_15592713.jpg
c0108460_15594484.jpg
c0108460_160023.jpg

アジサイも手入れをしていないのにきれいに咲いた
c0108460_1601914.jpg

池の「ミクリ」も花が咲き出した
c0108460_1603532.jpg

オカトラノオも同じ時季で花は終りつつあるが
まだまだ観賞に耐える場所もある
日陰の場所は少し遅れるようである
c0108460_162575.jpg

孝子の森のニホンミツバチの巣箱の中は
巣がだんだん大きくなってきている
蜂蜜を味わえることが出来るのか楽しみでもある」
c0108460_1611895.jpg

    「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_1615886.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-06-25 17:23 | 2010年活動状況 | Comments(0)

[アジサイパーティー] in 岬町アジサイロード

平成22年6月16日(水) 曇り・晴れ
c0108460_21272179.jpg

(10:30~16:30) …参加会員 16名 特別参加 5名
…岬町みさき公園団地飯盛登山道(アジサイロード)
みさき公園団地みさきケ丘に飯盛山登山口がある
9年前は荒れ果てて人は通れない状態であったが
みさきケ丘住民の久川さんが一人でコツコツと山道作りを始めた 
途中強力な応援も1人入り どうにか飯盛山への道が開通すると 
今度は山道の両側にアジサイを植え始め 
結局アジサイ約30種以上400本 
その他の植物100本が植えられた
c0108460_21281728.jpg
 
アジサイは水の好きな植物だけに枯らさないようにするために
試行錯誤を繰り返し何度も失敗しながら現在に至っている 
夏場は20㍑入りポリタンク2個を同時に背負って
何回も山へ運んで水やりをしたらしい 
見るに見かねて奥様も手伝ったとか…
その苦労の甲斐があって今はアジサイロードとして一般にも認められ
アジサイを見に来る来訪客も増加した
c0108460_2129020.jpg

久川さんは82歳になられるが今でもかくしゃくとしており
1年364日風雨に関係なくアジサイの世話に山に登っている…元旦のみお休み
今回はアジサイの周りに根切り用の深い溝を掘っていた 
この作業だけでも大変な重労働である
雨水を集める工夫も各所で設置されており
水揚げの苦労は少しは減少したのではと傍観者は勝手に想像している
c0108460_21301511.jpg

その久川夫妻に「みさき里山クラブ」の会員が
アジサイ見物に招待された
第2阪和道路がアジサイロードを縦断することになり
今の姿を見ておいて欲しいとの要望である
11時00分にアジサイロード登り口(飯盛山登山口)に集合した
昨晩の大雨と12日に急に決まった企画なので
参加者は少ないと思っていたのに16人も集まり 驚きである
山道の階段はしっかりと補修されていて8年の経過は感じられない
c0108460_2133475.jpg

少し登ったところからアジサイの姿が見え始めた
大概見慣れている花であるが 
さすがに久川夫妻が力を入れているだけに種類が多く
どれもこれも色が非常にきれいである
あれもこれもと美しいものにカメラを向けているので
登りの急なしんどさも忘れてしまった
c0108460_21333556.jpg

昨年咲いていたササユリは今年はイノシシの餌食になったとか
30分ほどで展望台に到着したが 
ここからは岬町淡輪地区深日地区が一望され さわやかな風も吹き
なんとも言いがたい至福の時間である
c0108460_2134778.jpg

飯盛山あと1時間くらいの距離に見える
c0108460_22281614.jpg

11時35分に久川展望台で懇親会が開始された
c0108460_21343517.jpg

全員が一品づつ飲み物や食べ物を持ち寄っての懇親会であるが
c0108460_21351326.jpg

久川さんが準備してくれていたものも相当のご馳走であった 
特にかしわの焼き鳥:食材の準備だけでなく 大きな七輪も運び上げ
その場で焼いてくれて 焼きたてのおいしいこと…特に塩味が…
c0108460_21354325.jpg

高知県の田舎混ぜ寿司(イタドリ・ショウガ・チクワ・ゴマ)も素朴な味で
食べ飽きない…大きなお櫃に2杯も山へ運んでくれていた
沢山のご馳走にたくさんの飲み物 
飲み放題食い放題の豪華な懇親会である
      [徐さんは苦労してピザを焼いていた]
c0108460_21401913.jpg

c0108460_21361066.jpg
c0108460_21363568.jpg

…途中5人もお客さんが来訪し我々に参加して楽しんでくれた
飲み出せば話題が豊富になるメンバーであり
禁煙問題でいじめられたり 広報で誉められたり 久川親子3人会員を喜んだり
久川夫妻の苦労話で盛り上がったり 話題は八方へ飛び回る
お互いの夫婦のあり方の話題も なかなか面白かった
気がつけば4時間も飲み食いし しゃべりまくっていたらしい
c0108460_21373061.jpg
c0108460_21374853.jpg
c0108460_21381726.jpg
c0108460_213853100.jpg

15時35分に下山開始したが 降りてからも話足りない飲み足りない
メンバーが半数くらい みさき公園団地の「仁べ」に集まって
二次会を始めていた…家の都合で淋しく帰って行ったメンバーもいたが…
    「不思議な模様?これは何かわかるかな?」
c0108460_21412596.jpg

    「久川展望台から我が家も望遠レンズで確認できた」
c0108460_21424190.jpg

     「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_23103661.jpg
c0108460_23105226.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-06-16 17:25 | 会員親睦会 | Comments(0)

定例活動日:周回路調査

平成22年6月12日(土)① 晴れ
c0108460_2217264.jpg

(9:30~14:30) …孝子の森…参加者 8名
本日の作業内容
1.(10:00~12:00)
  周回路調査(第5展望台⇒孝子小学校へのルート)
c0108460_2217532.jpg

   昔は存在した尾根道だが長い間使っていないため
   完全に自然の山に戻っている
   シダを刈りながら 邪魔な樹木を間伐しながらの
   通路の確定作業である
   先頭集団(久川 廣田 丸山)
    手探りで尾根道を探しながら深いシダのヤブコギである
    相当体力のいる作業であるが 
    80歳を超えた長老が先頭である…頭が下がる…
c0108460_22175625.jpg

   中間集団(羽間 酒井 立石)
    先頭集団の刈り取ったシダや樹木を整理しながら進む
c0108460_22182293.jpg

   しんがり集団(西山 鈴木)
    通路の巾を広げながら 最終整理をしながら進む
  …自然発生的にできたフォロー集団であるが
    お互いに非常にチームワークがよく
    午前中に予定の三分の二くらいは進んだと思う
2.(13:00~14:30) …所要で3人が午前中だけで帰った
 ①ホダギの移動整理
 ②刃物類の整備
 ③伐採小枝の整理
c0108460_22191490.jpg

 ④植物調査
   *ササユリは2株2輪が咲いた
     現在 10株 13輪は確認できた
c0108460_221955100.jpg

c0108460_2220194.jpg

   *オカトラノが咲き出した
     ツリーハウス横の群落から
     山の奥へと繁殖が広がっている
c0108460_22203695.jpg

   *ツルニンジンの育ちは今年は最高である
     株数が増加しただけでなくツルもすごく成長している
     花が非常に楽しみである
     今はオカトラノオが入り込み一緒に育っている
   *孝子の森で1株だけのクサスギカズラも
     葉の出るのが遅くて心配したが
     今では蕾を一杯つけている
   *中腹のオオバノトンボソウは花が咲きそうで
     なかなか咲かず 逆にたくさんあった株が
     減少しているように思える
 ⑤ニホンミツバチの観察
   みさき公園団地にミツバチの分蜂が現れ
   知らせを聞いた徐さんが分蜂を巣箱へ移し
   夕方に孝子の森へ運んできた
   その後順調に巣作りが始っているようである
   巣箱の中で真っ黒な塊になっている
c0108460_2221043.jpg
c0108460_22211961.jpg

     「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_23164523.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-06-12 17:27 | 2010年活動状況 | Comments(0)

「H22年6月度運営委員会」

平成22年6月3日(木)① 晴れ
(10:00~11:25) …「ピアッツア5」ロビー
参加会員 8名
c0108460_20331276.jpg

1.「中孝子地区住民との交流会」の反省
  ①問題点
    *料理の準備も共同作業にすべきでは…
    *話の輪を広げるべくテーブル椅子を多く準備する
    *簡単な日除けを検討…安いテントで可
    *記念植樹は企画すべきである
      …穴掘りから自分で行う
        「マイツリー」の意識が強まる
        観察のため山へ来る機会が増加
  ②費用の集計
     大人 22人 ¥22,000入金
  ③今後の課題
    *申込書は全員フルネームをお願いする
    *定期的に少人数での交流会を行う
c0108460_20334561.jpg

2.6月度活動予定
 ①6月5日(土)…進入路の草刈り
 ②6月12日(土)…周回路の調査
      (第5展望台⇒孝子小学校への新道)
 ③6月18日(金)
    …シダ刈り→北尾根南面谷奥(G地区)
 ④6月25日(金)
    …シダ刈り→北尾根南面谷奥(G地区) 
3.ホダ木の件…代金(1口10本)¥5,000回収
    …廣田副代表担当
c0108460_20353636.jpg

4.その他
①里山に傘を常備する…イベント対応
   会員の不要な傘を寄贈してもらう
②会員全員が自然の樹木の中から「マイツリー」を決める
   その樹木の世話とその周辺の下草刈りを
   責任を持って行う
③関電の山の鉄塔への階段に使っている
     階段材料の購入の検討をする
c0108460_20365450.jpg

④孝子の森使用ルールを決める
    使用料に見合う寄贈をお願いする
    …トイレ使用→山の汲み取り料は高額のため
      水の使用→中孝子から運び上げる必要がある
      火の使用→会員が必ず立ち会う
⑤富山:立山(1泊2日)の訪問報告…岡田代表
   黒部市の里山交流センター・大王杉・ナラ枯れ病
   牛を放牧して草刈り企画
   富山県は緑を守る税金@500を徴収している 等々
c0108460_20342486.jpg

     「みさき里山クラブ」運営委員会記録作成
c0108460_23265965.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-06-03 17:34 | 運営委員会 | Comments(0)

養父和大教授:孝子の森へ来る

平成22年6月3日(木)③ 晴れ
c0108460_22265213.jpg

(15:00~16:40) …孝子の森…参加者2名
1.竹酢液の詰め替え作業
   竹酢液2リットル 10本の受注があった
   新しいペットボトルに詰め替えた
   これで在庫分は大部分消化できた
c0108460_22271255.jpg

2.(16:10~16:40) …孝子の森「バンブーハウス」
  養父教授・井伊先生来訪…岡田代表・立石
 ①和大システム工学部環境システム学科3年生
   野外実習に孝子の森を使いたいとの申し入れ
   学生 約40人 指導教員 6名
   6~7月 3~4回 実習を行う
   植生・水質・生物の調査方法の実習
   孝子の森の利用だけなので 岡田代表も了解した
c0108460_22382129.jpg

c0108460_22383631.jpg

 ②尾根筋と中腹のギンランに似た植物は?と質問
   …多分「オオバノトンボソウ」か「ノギラン」だとのこと
   …調べてみると葉の形や花の茎の形から
    「オオバノトンボソウ」と決定
    わずかの素人の情報でピタリと当てるとは流石である
c0108460_22385564.jpg
c0108460_223997.jpg

 ③養父教授をみさき里山クラブの
    ボランティア顧問になって欲しいくらいである
c0108460_22273739.jpg

     (伊豆賀口池にカモが1羽だけ居残っている)
c0108460_222914100.jpg

孝子駅から電車で帰ってきた
[PR]
by kyousinomori | 2010-06-03 17:30 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

第34回 H22年「6月度大人の林間学校」 in 孝子小学校&孝子の森

平成22年6月1日(火) 晴れ・曇り・雨
c0108460_21554482.jpg

(8:40~16:00) …孝子小学校&孝子の森
…参加者 25名(男性11名 女性14名)…8市3町 
   (大阪市 1名 枚方市 1名 羽曳野市 1名 堺市 10名 高石市 1名 
    岸和田市 2名 泉佐野市 4名  阪南市 1名
    熊取町 1名  田尻町 1名 岬町 2名) 
  サポーター 7名
  講師 1名
 8:40~9:00 孝子小学校の講堂で会場準備
c0108460_2156583.jpg

 9:00 受付…早い人は既にこの時間には来ている
           9:30までに全員集合→早い目に開校となる
(孝子小学校講堂)
c0108460_21562650.jpg
c0108460_21572136.jpg
 
 9:33 朝礼…渡邊校長
      『故郷は懐かしいものである
       これが「大人の林間学校」の発想の起点である
       本日の34回目「大人の林間学校」までの経過説明
       孝子小学校の歴史 創立137年 築102年の校舎
       昭和16年に増築された講堂
       孝子地区の少子高齢化 180世帯 小学生 5世帯 8人
       駐在さんの3人の子どもを含んでいる
       9月例会の「大人の林間・臨海学校」の詳細とPR
       本日のスケジュールの説明』
       …本日は「清水野産物直販店」は店主旅行のため休業の知らせに
         「残念だなあー」の声も数人から出ていた
 9:43 ラジオ体操…生徒の河田氏の指導で開始
c0108460_21574616.jpg

 9:47 教室へ移動
c0108460_2158568.jpg

 9:51 渡邊校長の訓話と「出席をとります!」
      …小学生に戻った かわいい返事の連続
        これで全員が小学生になってしまった
c0108460_21583724.jpg

 9:53 1時間目「坂の上の雲」(坂の下はガケだった)…教室
       講師 徐仁義(中華厨房「仁べ」店主)
c0108460_2159147.jpg

      …この授業で言いたいことは
        「日本人はもっと勉強しようよ!」 
        「科学的に見て判断しようよ!」
        「空気を読む(KY)だけではダメだ!」
c0108460_21592829.jpg

      …[司馬遼太郎「坂の上の雲を書き終えて」]
        の抜粋を読み上げ その内容の噛み砕いた解説と
        その時代の背景の説明…日露戦争の世界的な意義
        昭和初期に
        陸軍の国際感覚のなさ比較検討力のなさが原因で
        「日本は滅びる」と予言した英国女性評論家がいる
c0108460_21595136.jpg

        ①日本は四囲が海で安全な国のため
          ぬるま湯の国であり 防衛意識が皆無
        ②中国は独裁国家で軍備を増強中…要警戒
        ③対中国警戒対策は沖縄基地以外にない
          …グアムは遠くて役にたたない
           沖縄県民にあやまり沖縄を無税にするとか
           対策を考える必要がある
        ④子供・孫にもう一度教育をやり直す
           躾け,義務,みっともない,相手を思いやる
           いたわる,弱いものを助ける,
           日本語の勉強,歴史の勉強 等々
c0108460_220164.jpg

10:48 休憩&講堂へ移動
10:54 2時間目…「昔を偲ぶ音楽会」
      …西台幸子先生 (うみべの森を育てる会代表)
     進行係&歌の解説者…渡邊校長
c0108460_2204086.jpg

      ①朝はどこから ②海 ③みかんの花咲くころ  ④汽車 ⑤七つの子
c0108460_2211215.jpg

     中休憩…「生徒の持っている技量の紹介」と実演
       井上さん…どんぐりアート
       河田氏…竹笛のいろいろ→特にウグイス笛はすばらしい音だ
c0108460_221356.jpg

       梶山氏…スーパー竹トンボ…飛翔力のすごさに目をむく
c0108460_22208.jpg

      ⑥とんがり帽子 ⑦ここに幸あり 
       [「岬高校:山・海・人プロジェクト」の働きかけとサポートの
         実行と経験談を話した
         …若者も外に出て地域の人たちと接触することで
         心を開き 変化するのでは?との期待がある]
c0108460_2234238.jpg

       ⑧高校3年生 ⑨上を向いて歩こう
      …西台先生が生徒向けに独自に音程を変更していると
        渡邊校長の紹介に…「それで音が合うんだなー」の声あり
11:44 休憩
c0108460_2225913.jpg

11:56 山道移動
  (孝子駅から1kmのところに 孝子の森はある 伊豆賀川沿いに徐々に登って行く
   徐先生の周りに集まって植物やその他諸々の説明を聞きながら歩いた
   伊豆賀川に下りてショウブを取ってきて説明したり
   竹の種類・卯の花・山野草のイチゴの種類・クサスギカズラ等々
   すでに草花教室が始っている)
c0108460_224848.jpg

c0108460_2243280.jpg

12:26 「孝子の森」 …「バンブーハウス」で昼食
       くにべの弁当と丸山勝さんの山で炊いてくれた味噌汁付きだ
       今回は お茶・コーヒー・ピザ・味噌汁・後片付け等
       全て男性スタッフが対応した
       …見かねて生徒の手助けもあった…ありがとうございます…
c0108460_2251864.jpg
c0108460_225525.jpg

13:02 スタッフ紹介…司会 渡邊校長…各自自己紹介
c0108460_2261547.jpg

13:07 文部省唱歌「夏は来ぬ」の詳細解説と植物教室…徐先生
      …「夏は来ぬ」5番までの歌詞全ての解説
c0108460_2264719.jpg

      卯の花のにおう垣根に→「におう」丹秀う…視覚的言語
                      色が際立って鮮やかに映えること
      玉苗…宝石のような美しい苗
      おこたり諌むる…螢と雪明りで勉強した中国の故事
c0108460_2274974.jpg

      楝(おうち)…栴檀(せんだん)・白檀
              実物の枝と花を見せてもらい納得
      宿…家のこと…宿は宿六(うちのろくでなし亭主)等の使い方あり
      等々解説されるまでは違った解釈をしていた
c0108460_2272227.jpg

    …全員感心して得心して徐先生の博識に聞きほれていた
      新解釈の元に全員和気藹々と
      渡邊校長の指揮で「夏は来ぬ」全曲をアカペラで楽しく合唱
c0108460_228133.jpg
c0108460_2283381.jpg

13:30 「孝子の森」尾根散策 
      …案内 荒木(みさき里山クラブ) 渡邊校長 徐先生
c0108460_229116.jpg
c0108460_2292411.jpg
c0108460_2294222.jpg
c0108460_2295975.jpg
 
      (途中植物の勉強をしながら イノシシのヌタ場に感心したりし
       展望台で景色を楽しみ ホトトギス(不如帰・時鳥)が鳴き続ける
       尾根筋を散策しながら リョーブ林を通って 下山してきた)
c0108460_22101915.jpg

14:11 クラフト…どちらかのコースを選択
      …①ミニ七夕
         スタッフが準備した原木の台に笹を立て短冊を付ける
         願い事を書き 楽しそうにくくりつけていた
         「大人の学校たのしいね」などと うれしい短冊もある
c0108460_22104417.jpg

c0108460_221154.jpg
c0108460_22131353.jpg

        ②空木(ウツギ)の笛
c0108460_22112844.jpg

      コーヒータイム&ピザ
        みさき里山クラブ自慢のピザ窯で焼いた焼き立てのピザを
        「おいしい!おいしい!」と食べてくれた
c0108460_2211593.jpg
c0108460_22122022.jpg
c0108460_22125530.jpg

14:45 下山開始
      …途中から割合にきつい雨が降りだし
        傘を準備していない生徒は困っていた
        途中の住民が傘を何本も貸してくれて
        孝子駅まで濡れずに行けた生徒もいる
c0108460_22133428.jpg

15:00~ 孝子小学校&孝子駅で解散

「最後に雨が降り 最高の楽しい時間に汚点が付いたが
晴れた日の孝子小学校と孝子の森
曇った日の孝子の森 雨の孝子の山道と
1日にして3つのパターンを経験してもらったことになる
孝子小学校に懐かしさを味わい
孝子の森の手作りの良さを認識できる生徒たちでもあった
素晴しい技量を持った生徒達に誉められて
孝子の森のメンバーも大喜びである」
c0108460_23203265.jpg

(15:10~16:00) …孝子小学校教室
「スタッフの反省会」(渡邊・徐・荒木・丸山・甲斐・立石)
1.音楽・クラフト→マンネリ化の打開策検討
2.時間的にゆとりがない
  …各講座の区切りに5~10分の休憩が必要では
3.音楽の10曲を7曲にして時間を作る
  …山での時間(食事時間を含め)にもう少しゆとりを取る
4.6月4日(金)「第4回:大人の林間学校」の諸問題
  ①参加人数17名
  ②ピザを要望して来ている
    …有償→コーヒー付き @200
    ピザ生地・トッピング材料…徐担当
  ③会場設営…渡邊・甲斐
    孝子の森準備…丸山・徐→味噌汁も準備
  ④クラフトは笛
  ⑤草花教室→卯の花以外を渡邊が準備中
5.ピザの焼き方の諸問題
    …ピザの窯への出し入れ用長柄ピザピールの購入検討
      一度に30cmを3枚焼く方法の検討
    …甲斐に一任
6.ピザ窯の根本的な作り替えが必要か?

     「H22・6月度大人の林間学校」活動記録作成
c0108460_20481776.jpg
c0108460_20483291.jpg
c0108460_20484643.jpg
c0108460_204901.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-06-01 00:58 | 「大人の林間学校」 | Comments(0)