「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

みさき里山クラブ&中孝子地区住民幹部懇談会 in 中孝子集会所

平成22年8月29日(日) 晴れ
c0108460_15123587.jpg

(10:00~12:30) …中孝子集会所
中孝子地区住民幹部 5名 
みさき里山クラブ    5名
今まで中孝子地区住民との交流会は2回実施した
その中で お酒の入らない 真摯な姿での
腹を割った話し合いをしたいとの気分が双方から出てきた
今回が その第1回目となる
c0108460_15171646.jpg

1.自己紹介
2.孝子の森の今までの経過説明…岡田代表
   駅から15分の場所を借りられたことが最高
   H14年11月…開拓作業開始
   H15年4月…みさき里山クラブ発足
   「働け&楽しめ⇒パーティー等」
c0108460_15173592.jpg

3.自由討論
 ①今のメンバーが元気なうちに
   孝子小学校を販売拠点にして
   町と田舎をドッキング構想
   孝子小学校近辺の土地を貸してもらい
   駐車場を造れば可能性がある
c0108460_1518849.jpg

 ②地域は人材不足・人間不足である
   住民はジリ貧を覚悟している
 ③「住民会議」から「みさき里山クラブ」への
   流れの説明…町の活性化の住民の声はある
 ④身軽なボランティアと土地や山をなんとかしなければとの
   地域住民との重荷の格差はある
 ⑤従来から行政は孝子地区を無視してきた
   行政は孝子地区に力を入れてくれるだろうか?
   お互いに不信感をもっている
 ⑥この地区では販売所を作っても出品者は1~2名では?
c0108460_15183430.jpg

 ⑦「大人の林間学校だより」配布
 ⑧仙人草の生け花を見てもらう⇒野の花の使い道の説明
 ⑨卯の花・カラスウリ・アケビ等の野性の植物が
   都会の人には人気があり 少しのアレンジで販売できる
 ⑩豊富な竹で器やお櫃・植木鉢等作っても売れる
c0108460_1519594.jpg

 ⑪「かって星」(国道筋の住民の店)を利用する方法もある
   …試験的に販売所を設置して 実活動をしては?
     駐車場の整備が先決であるが…
 ⑫交流会でご馳走してもらうだけでは 気を使う
   何か一緒に作業をしたい
 ⑬森林組合の会員をボランティアで動かす方法を検討
 ⑭毎年たくさん捕獲できるイノシシの肉の利用道はないか?
c0108460_1519453.jpg

3.昼食
  「仁べ」の徐さんが茶ソバを準備してくれた
  竹の器に盛ったソバは非常に風情があリ
  実際に竹の使い方をPRできた
  ソバも非常においしかった
c0108460_15192375.jpg

…持参した「みさき里山クラブ活動記録」6冊も
  住民の皆様に熱心に見てもらい
  山野草その他地元の人の知らないものが
  多いのにも十分関心を持ってもらえたような気がする

  「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_15233060.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-08-29 02:18 | 中孝子地区交流会 | Comments(0)

みさき里山クラブ:青少年海洋センター「海洋マリンクラブ」サポート

平成22年8月22日(日)② 晴れ
(7:30~14:00) …孝子の森…参加会員 4名
朝5時30分起床 7時30分孝子小学校集合
8時前には孝子の森に到着していた
大阪府立青少年海洋センターの
今年からの企画で「海と山」の2回目のサポートである
「海洋マリンクラブ」(小学高学年~高校生)が
20~22日 2泊3日の工程で
21日は孝子小学校の講堂に宿泊し
今日は孝子の森に8時30分には来る
7:30~準備:テーブルの覆いをはずし
     簡易テントを張って日陰を作り
     原木プレートのお絵描きの準備
     ストロートンボ 輪ゴムてっぽう作りの準備
c0108460_21312120.jpg

8:30 子ども達到着
     [子ども 25名 スタッフ 10名]
     岡田代表挨拶…「孝子の森の概要」
c0108460_21344887.jpg
c0108460_2135754.jpg

8:40 フリータイム
     ブランコ・ロープ登り・お絵描き・オモチャ作り等
9:05 尾根散策
     今回のグループは統制が取れていて
     岡田代表の案内を追い越していく者もおらず
     一列縦隊に整然と付いて歩く…感心である
c0108460_21354460.jpg

     展望台では「景色がいいなあー」の歓声と
     こだまを期待して叫んでいたが
     思うような返しがなくて少し残念がっていた
     チーフリーダーへの鬱憤晴らしのような叫びが多かったが
     それだけリーダーへの関心があり 親しみがあるように思えた
c0108460_21361918.jpg

     下りは冒険ルートであったが ロープを持たないと
     降りられないような急な場所が何箇所かあり
     片手でロープを持っただけで堂々と降りる子や
     座り込んですべるようにして降りる子や様々である
c0108460_21372255.jpg

9:47 フリータイム
c0108460_2138159.jpg

     オモチャ作りコーナーは大人気で
     作ったストロートンボを飛ばしたり
     輪ゴムてっぽうでは準備した的当てゲームをしたり…
c0108460_21383535.jpg

     プレートのお絵描きでは自分たちのグループ名を
     いろいろにアレンジして描いていた
     スタッフの名前を書き込んでいる子もいる
c0108460_2143614.jpg
c0108460_21434569.jpg
c0108460_214413.jpg

     ブランコも何人もでネジってくるくる回し大喜びしたり
c0108460_21442253.jpg

     ダンボールをお尻に敷いて急斜面を滑り降りて歓声を上げたり
c0108460_214450100.jpg

     子どもと大学生のスタッフが一緒になって遊んでいる
     各地区から集まり普段は全く付き合っていないメンバーが
     年齢も違うのに 昔の子どもグループのように
     縦割りで楽しく遊んでいる姿は なかなかいいものである
10:45 自炊タイム…全員を3グループに分ける
      ①ヤキソバ班
         ニンジン・キャベツ・タマネギ・ウインナーを刻む子
         ドラム缶半割に火を起す子
         鉄板で一度に20人分くらいのヤキソバを豪快に料理していく
c0108460_21452690.jpg
c0108460_21454697.jpg

      ②ブタキムチ班
         豚肉をばらき 野菜といためてキムチで味付け
         ヤキソバと並んで料理している
c0108460_2146791.jpg

      ③フルーツポンチ班
         白玉団子作りが大変である
         粘土細工で遊んでいるようなもので…
         それでもお湯の中に大小の団子を入れて
         最後は恰好は付いていたが…
c0108460_21463296.jpg

12:20 昼食
       各班が作った料理を行儀よく並んで器に盛ってもらう
       各自「大盛」「普通」「少なく」と自己申告している
c0108460_21483210.jpg

       それぞれの場所に分散して楽しく食べていた
c0108460_21485517.jpg
c0108460_2149944.jpg

       我々サポーターにも ちゃんと持ってきてくれた
       食後は片付ける者や 昆虫採集やトカゲ捕獲に燃える子や
       様々だが タマムシが2匹も捕獲し観察できたのはよかった
13:20 全員下山→孝子小学校へ(荷物をまとめて帰途へ) 

       「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_21521212.jpg
c0108460_21522837.jpg
    
[PR]
by kyousinomori | 2010-08-22 02:20 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

リョーブ原木切断:プレート作り

平成22年8月21日(土) 晴れ
c0108460_15261147.jpg

青少年海洋センター「海洋マリンクラブ」の
特別企画「海と山」が
明日 孝子の森にやってくる
今日は孝子小学校講堂で宿泊予定とか
c0108460_1528132.jpg

明日は小学4年~中学3年の30人の
子どもたちを山で1日遊ばせる必要がある
海洋センタースッタフは山での遊びは知らないので
我々が何とか対応せざるを得ない
原木のプレートへのお絵描きは
前回も人気があったので材料がなくなった
孝子の森より持ち帰っていた
リョーブの原木1.5mを電動マルノコで
5~6mmの厚さのプレートに切断し
約170枚プレートを作った
c0108460_15263816.jpg

全てに4mmの穴あけをして
準備は完了である
c0108460_1527193.jpg

c0108460_15272224.jpg

終った頃には甲子園では興南高校の優勝が決まっていた
圧倒的な強さで春夏連覇である
沖縄に拍手を送りたい
明日は7時30分に孝子の森へ行く
[PR]
by kyousinomori | 2010-08-21 02:22 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)

周回路が開通!!

平成22年8月20日(金) 晴れ
c0108460_17594633.jpg

(9:30~14:10) …孝子の森…参加会員 8名
夏の孝子の森への道は花が少ない
あかるくなった道を通って伊豆賀口池へ出ると
c0108460_1803832.jpg

目立たないが稀少植物の「ミクリ」が花を咲かせている
c0108460_1801130.jpg

これに見とれていると目の前をサッとブルーが飛んだ
カワセミがこの池を餌場にしているようだ
止まっている場所が不明で写真には写せなかったが
きれいなブルーがいまだに瞼に残る
チョウやトンボも飛び回っている
孝子の森へ行くまでが楽しいひと時である
c0108460_1812114.jpg

c0108460_1814799.jpg

本日の作業内容
1.周回路開拓作業
c0108460_1832792.jpg

  …全員で作業に取り掛かったが
   現場へ到着するのに
   刈払機を担いで50m登り
   展望台から周回路を400m近く
   アップダウンを歩く…30分近くかかる
   事前に岡田代表と西山さんが
   犬飼谷方面から入って開拓路をほぼ決めていたので
   もう少しで開通すると思うと
   力が入り短時間で100m近くを開拓し
c0108460_1841212.jpg
c0108460_1843362.jpg

   11時15分にはとうとう開通したとの
   歓声が上がった
   (前線には参加せず 後方で根株切りをしているのもいたが)
c0108460_185132.jpg

   全員で犬飼谷峠へ出て標識の前で記念撮影
c0108460_1854672.jpg
c0108460_186229.jpg

   ここから金輪寺や孝子小学校は近い
2.昼食&ミーティング…「バンブーハウス」
   今後のスケジュール&草刈り事業
3.水搬送
  …軽トラックで18㍑ボトル 12個を
    孝子駅近辺から運び上げ
    200㍑タンク2個に入れる
    青少年海洋センターのイベント準備である
c0108460_1862644.jpg

汗まみれで電車で帰ってきたが
家の近くまで来ると 前の九層川にカメがいる
イシガメらしい
家に帰りリックを置いてからバケツを持ち出し
川に降りてイシガメを救出した
よく観察すると左足が根元からない
何かに噛み切られたの甲羅の一部も欠損している
3本足なら泳げるだろうと判断し
故郷の御陵まで自転車で運んで堀に放してやった
c0108460_18153134.jpg

水に落ちると直ぐに姿を消したから
多分泳いで行ったのだと思うが…?
無事に生きのびりることを祈る
c0108460_18155149.jpg

    「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_18163662.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-08-20 02:25 | 2010年活動状況 | Comments(0)

定例活動日:周回路開発

平成22年8月7日(土) 晴れ・曇り
c0108460_16243037.jpg

(9:30~13:20) …孝子の森
参加会員…11名
本日の作業内容
1.周回路開発&整備
   第5展望台から犬飼峠へ抜ける道は
   昔はあったようであるが
   今はシダや潅木に覆われて歩けない
   昔の道を探しながらの開発である
c0108460_1625871.jpg

   先頭の開発部隊は大変な作業である
c0108460_16255469.jpg
c0108460_16264667.jpg

   犬飼峠の近くまで来ているが
   下りの道が2方向あり どちらか決めかねている
   途中の展望台にもってこいの場所も
   周囲の枯れ松の伐採やシダ刈りで広げた
c0108460_16275746.jpg

   開発した山道には各所に切り株が頭を出している
   蹴躓くと危険なので 切り株切りの作業も大変である
c0108460_16284022.jpg

2.第1物置(畳小屋)の大掃除&整理&座布団干し
3.みさき里山クラブのゼッケンの名前描き
「朝の内は晴れていたが 作業に掛かる頃は曇りである
炎天下でないのは助かるが 風が全くなく
刈払機でのシダ刈りや 伐採作業は汗だくである
それより作業現場へ行くのに30分は掛かる
50mほど刈払機をかついで山を登り
アップダウンの山道を500mほど歩く
午前中実質1時間くらいしか作業は出来ていないが
それでもプロ集団であるので 思ったより進んでいる
女性で1人だけ珠樹さんが参加してくれたが
男性軍の弱点の小屋の大掃除や片づけをしてくれた
その後も 沢山のゼッケンに
「みさき里山クラブ」の字体を描き入れる作業をしていた
全員大汗をかいて疲れ果てているので
夏場でのことでもあり作業は午前中で終了することになった
昼食時に廣田さんの持ってきてくれた
ミニトマト(アイコ)は黄色も赤も甘くておいしかった
昼食後 こんな時間に帰るのは久し振りだなあーと
言いながらも 帰ってシャワーを浴びることを
楽しみにしながら全員帰途についた」
c0108460_16291771.jpg

     「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_16311879.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-08-07 02:27 | 2010年活動状況 | Comments(0)

H22年8月度運営委員会

平成22年8月6日(金)① 晴れ
c0108460_18163683.jpg

(10:00~11:25) …「ピアッツア5」ロビー
参加役員…9名
1.「青少年海洋センター:ウォーターワイズクラブ」サポート
  反省…①ピザ窯を改良→9月
       ②ピザとアルミ箔が剥れにくかった…食用油等塗布
       ③海洋Cスタッフは勉強不足
         …我々が中心になっての開催と同等
2.孝子の森使用料金掲示板設置報告
c0108460_1817769.jpg

3.10月16日(土)周回路開通式
  ①中孝子地区との懇談会を先行さす
  ②加藤区長と8月25・27・29・30・31のいずれかで
     日程を調整する
  ③みさき里山クラブ参加予定(岡田 廣田 丸山 徐 立石)
  ④周回路整備作業に地元からも参加してもらう
  ⑤招待は孝子地区の住民を優先する…会費制
  ⑥詳細は9月中に決定する
c0108460_18172398.jpg

4.今後の活動について
  11月23日(火)「手作り広場」
5.伊豆賀林道の伐採作業
  …3日間 延べ25名
6.その他
①孝子小学校の休校と道の駅への転用
  …地元に積極的に働きかけて早期実現を画策
    駐車場を作り 物を作り 山を整備し
    若者の働ける場所を提供する
②みさき里山クラブの創設以来8年間の活動状況
   A4 2ページの実績表を岡田代表が解説
③岬町「ゆめみらい」事業に参加申請検討
④各年度の作業実日数と人数の把握
  …総会資料より確認→立石担当
⑤「みさき里山クラブ」のゼッケン作成中
  …文字書き込み作業を女性軍に一任する
c0108460_18174897.jpg

     「うみべの森を育てる会」活動記録作成
c0108460_18182678.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-08-06 02:29 | 運営委員会 | Comments(0)

青少年海洋センター:「ウォーターワイズクラブ」のサポート

平成22年8月5日(木) 晴れ
c0108460_2235111.jpg

(9:30~16:00) …孝子の森…参加会員 6名
青少年海洋センターの事業企画が
今年から海だけでなく 山の体験も組み入れた
その趣旨に みさき里山クラブが全面的に同調し
当日のサポートのお手伝いを引き受けた
①孝子の森の場所の提供
②釜 かまど 炊事用具 薪等の貸与
c0108460_2251661.jpg

③子ども達の お遊びのサポート
④ピザ焼きの引き受け
⑤昼食の準備は海洋Cスタッフがする
9:30~会場の準備
    …散策ルートの危険な場所へは看板を設置
      ピザ窯 釜等の準備
      名札お絵描き ストロートンボ・風車の準備
11:20 子ども達&スタッフ到着
c0108460_2245099.jpg
c0108460_228774.jpg

     到着と同時にブランコやロープ登り
c0108460_2253990.jpg

     名札お絵描きに殺到する
     写真立てを作りたいとの希望で
     リョウブの原木を切り出したが
     今度は男子はノコギリ使いに興味を持ち
     廃材の板を使ってヨットを作り出した
c0108460_2284810.jpg

     女子はストロートンボやストロー風車に集まる
c0108460_22112329.jpg

     お遊びのサポートで我々は大忙しである
     昼食準備のスッタフがやや慣れていないようなので
     甲斐 丸山は食事準備に多忙であった
c0108460_2262023.jpg

c0108460_2264698.jpg

12:40 昼食…お釜で炊いた五目飯とヤキソバ
     子どもたちも幾つかのグループに分かれ食べていた
     昼食後はゆっくりとする間もなく
     各クラフトの継続作業に飛びついていた
13:50 尾根散策…岡田代表案内
     元気盛りの子ども達だけに山も走るようにして登る
     ゆっくりと歩けと押えるのが精一杯である
c0108460_22134713.jpg

c0108460_22141423.jpg
c0108460_22143438.jpg

     下りはロープを持って下る「冒険ルート」にしたが
     これが又 大人気で落伍者もなく全員降りた
c0108460_2215197.jpg

c0108460_22152119.jpg

     アンコールでこのルートを2回も行った女子もいる
     3回目は時間がなくなって諦めたが…
14:20 焼きたてのピザをデザートに楽しむ
c0108460_2213275.jpg

     徐さんなどはヨット作りのお手伝いで
     子ども達に囲まれて大汗をかいていた
c0108460_22124024.jpg

15:10 全員下山
…海洋Cへ帰り2泊して明日から海の体験である
c0108460_2216097.jpg

「今回の子ども達は堺市を中心にしたメンバーで
 普段はあまり付き合いがなくて このクラブでの付き合いだけらしい
 年齢も近く 非常に元気の良い 積極的な集団である
 まず 眼がキラキラと輝いているのが素晴しい
 指示待ち子どもでなく あれして これしての
 要望一杯の子ども達で サポートも楽しかった」
「『おっちゃん うみべの森のおっちゃんと違う』
 と夏休み工作に来てくれた女の子から声を掛けられ
 懐かしさで その後も何度も会話を楽しんだ」
「子どもたちが生きたタマムシを捕まえてくれた
 死んだ個体や 鳥に食べられて羽だけのや
 飛んでいるのは見たが 間じかで見たのは今年初めてである
 何度見ても不思議な色のきれいな虫である」
c0108460_22162116.jpg

「みさき里山クラブ」活動記録作成
c0108460_0571743.jpg
c0108460_057336.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2010-08-05 02:31 | 青少年海洋センターサポート | Comments(0)