「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

岬高校・花畑の草刈    by    (ナベサダ)

平成25年9月30日(月)
望海坂自治区第一公園内に残っていたヌスビトハギ(通称・ひっつきむし)、
今日はゴミの収集日でもあり、甲斐さん・理性院さんと共に、
公園内の木の間に残っていた物まで処理できた。
平日でも子ども達が最も使う公園なので、衣服に引っ付く前に対応する必要が有った。
次年度は更に早目の対応をして根絶したいものである。
手術後の体調を自己判断で参加の理性院さん、無理しないでくださいね!
f0053885_2033032.jpg

引き続いて、今度は岬高校「菜の花畑」の草刈を見先さん・岩崎さんとで行う。
猛暑で乾き切った畑に連続の風雨だったので、9月に入ってからの草の成長は実に早い。
更にイノシシがミミズ探しでもしたのでしょうか?大あばれした後があちら・こちらに有る。
2時間ぐらいで終われるかと思ったが昼迄掛った。
f0053885_2035788.jpg

f0053885_2041567.jpg

後は耕運機で耕して・・先ずは食用菜の花の畑にする予定である。

・雨後の草 力水得て 伸び加速
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-30 20:58 | 岬高校関係 | Comments(0)

在庫整理   by   「仁べ」

平成25年9月29日(日)
10月2日から入院となったので、仁べの余った材料で 内輪の宴会をした。
メンバーは 仁べを助けてくれる 女性4人。
急に決まった事なのにすぐ集まってくれる。
入院の 壮行会とは 変な話だが。
冷蔵庫の掃除のような料理だったので、大した事はできなかったが、
たまに会って 好きな事をしゃべる会は 楽しいようだ。
e0228405_20103494.jpg
e0228405_20104888.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2013-09-29 23:04 | 徐代表のつぶやき | Comments(0)

畑仕事から    by    (ナベサダ)

平成25年9月29日(日)
天高く馬肥ゆる秋・・程良い気候なので・・気になっていた畑仕事を行った。
f0053885_20423856.jpg

朝から昼食の休憩を挟んで、夕方5時まで畑の草引き&畝作りと石灰撒きを行った。
予定した3畝分の草引きは、時間も掛ったが何とか遣り終えた。
未だ未だ畑仕事はきりが無い。
コスモスが数本咲いている畝とサツマイモや里芋もあるが、
イノシシに遣られたのか堀穴が数箇所ある。
f0053885_20425945.jpg

帰る途中に土曜市で毎週お逢いするSさん畑がある。
共に80歳近いご夫婦であるが、何時も遅くまで頑張っておられる。
“日の暮れも早くなったので、そろそろ置きませんか”声掛けした。
すると、岬町の拡声器で“6時に成りました、早く帰りましょう!”の
声を聞いて帰るのが日課だと言われる。元気なご夫婦である。

・この年で この働きで 良い手本
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-29 22:05 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

SA泉州南定例会から    by   (ナベサダ)

平成25年9月28日(土)
SA泉州南の定例会に参加する。
熊取町の煉瓦館に行く途中には、秋祭りの準備らしき幕や提燈も見える。
岸和田市に始まり南下して岬町・淡輪で、泉州地方の秋祭りは終了、
季節の流れる早さを思う。
f0053885_19381288.jpg

定例会では大阪SA連協関係の事
~各部会(オモチャ部会、福祉IT部会)の報告がされる。
泉州地域の活動報告や10・11月度の予定説明があった。
熊取町:みんなのアンパマイカ
泉佐野市:あそびの寺子屋
阪南市:小学校おもちゃづくり 等々
岬 町:地域の子ども達を自然体験させる趣旨で、
     自然環境整備と学校や幼稚園とを結ぶ取組に力点を置いて、
     行動の予定である事を報告。
f0053885_19383221.jpg

「大人の林間学校」高大・アウトドア団体参加の打合せ、
孝子の森での工作は河田さんに依頼していたので、お任せサンプルを持参頂いていた。
簡単でユニークな工作品なので喜んで頂けると思う。
但し写真公開は内緒にして置く。
それ以外にも、木の葉と木の実や花を使った雛人形の試作品を見せていただいた。
発想がとても面白く今後の参考にさせて頂く予定である。

大阪府高齢者大学校・26年度受講生募集の広報誌を頂く、
新講座等参加者が応募し易く考えておられるようだが、
しっかり見てから紹介すると致しましょう。

・ささやかな 活動ですが 持つ希望
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-28 21:58 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

アサギマダラがやって来た   by    (TATE-misaki)

平成25年9月27日(金) 晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森
c0108460_20394691.jpg

(9:20~15:00)  参加者 11名 
[雨宮 岡田 甲斐 徐 立石 西山 羽間 久川兼 的羽千 渡邊] 特別参加[荒木] 

秋晴れである ずいぶんと涼しくなった
日向は気持ちがよいが日陰は寒く感じるほどである
孝子の森への道筋の竹が倒れて見苦しかった竹藪が
昨日うみ森との合同作業で ずいぶんすっきりとした
後1日の作業でもう少しきれいにしたいものである
c0108460_211264.jpg

1.ラジオ体操
c0108460_20442289.jpg

2.本日の作業ミーティング
3.クヌギ谷の植樹チェック・・・[岡田 渡邊]
10月30日に岬高校「山海人プロジェクト」で1年生6組が孝子の森へやって来る
その時 植樹を行うので植樹場所の選定をした
以前植樹した跡をチェックし 枯れた植樹跡に再度植樹してもらうことになった
あちこち分散しているが約30本の目印を付けた
c0108460_20461143.jpg
c0108460_20461414.jpg
c0108460_20564176.jpg
 
4.クヌギ谷の植樹周辺の草刈り・・・[荒木 甲斐 西山 羽間]
作業場は急斜面が多く お互いに作業をしている姿は見えない
シダを刈った跡地であるのでシダがたくさん出てきた
c0108460_2183431.jpg
c0108460_20485193.jpg
c0108460_20463419.jpg

5.里山花壇の造成・・・[久川]
広場周辺の草だらけの樹木の周りや山裾を開墾し石積みをして花壇造成している
活動日だけでは時間が足りずに臨時出勤までして造成している
今日は花壇に挿し芽して育ったショウジョウバカマや
アジサイロードの春蘭やササユリも植え付けていた
・・・今日も残業して作業続行
c0108460_20493663.jpg

6.建物周辺の草引き・・・[的羽]
刈払機で刈れない隅っこの草まできれいに刈り取っていた
c0108460_20502248.jpg

7.植樹目印の竹杭作り 他・・・[徐]
10月2日入院手術予定なのであまり無理をしてもらっても困る
c0108460_20505027.jpg

8.広報写真&客山展望台チェック・・・[立石]
山の上で作業をしておれば現場まで行く 体力的には登山?はしんどい
船が空飛ぶ展望台には異常はない・・・今日は空気も澄み渡り展望も最高である
c0108460_2052261.jpg
c0108460_2191868.jpg
c0108460_2052292.jpg
c0108460_20525584.jpg

9.昼食の味噌汁とコーヒー等準備・・・[雨宮]
c0108460_20531934.jpg

10.アサギマダラ観察・・・[雨宮 徐 立石 的羽]
  アサギマダラの大好物のヒヨドリバナは 毎年刈り取らずに温存している
  孝子の森の各所に群落は出来ている
  しかし昨年は1匹も姿は見なかった
  ことしは久々に姿を見せてくれた
  北海道から台湾方面へ2200kmも飛翔する途中で
  孝子の森で蜜を吸いながらしばらく休憩する
  1日24kmも飛翔した記録もあるらしい
  そのうちの1匹に会えて大感動である
c0108460_212124.jpg
c0108460_2123639.jpg
c0108460_213567.jpg
c0108460_2132425.jpg
c0108460_2142732.jpg
c0108460_214432.jpg

11.岬高校「山海人プロジェクト」現場打合せ・・・尾崎先生 高橋先生 的羽先生
    ・・・[徐 渡邊 甲斐 岡田 立石]
  和歌山での高校映画鑑賞会の帰りに寄られた
  植樹現場まで登って詳細打合せ
  歩行やや困難な生徒には羽間さんが専任
  スコップを持って山に登り 植樹の穴掘りから生徒に体験してもらう
c0108460_20571721.jpg
c0108460_20592229.jpg

12.ミーティング
 *10/24淡輪小2年70名来訪への対応
    Rope登り・ブランコ・丸太切り・ピザの提供
 *10/9「高齢者大学の林間学校」・・・渡邊に一任
 *10/17岬高校連絡協議会・・・岡田・渡邊出席
 *11/23「手づくり広場」・・・ツル採取は後日検討
    干し柿は柿不作のため中止
 *里海まつりに参加を積極的に検討
    渡邊が会議に参加して今後の対応を決定する
 *森林助成金の成り行き説明
    大阪府の審査はパス⇒現在林野庁で審査中
    ほぼ合格と判断できるのでは・・・?
c0108460_20595427.jpg
c0108460_2101360.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2013-09-27 21:26 | 2013年活動状況 | Comments(0)

定例活動日    by    「仁べ」

平成25年9月27日(金)
秋分を過ぎると すっかり秋めく。
今日は雲ひとつない快晴だが 少しも暑さは感じない。
e0228405_22155563.jpg

9時半には 11名の会員が集まり 山に入る。
ラジオ体操が 気持ちよい。
e0228405_22181959.jpg

広場の隅など 今まで荒れていたところが 久川さんの開拓魂で すっかり整備されてきた。
山すそは 掘り出した石で 綺麗に石垣ができている。
e0228405_22193584.jpg

ここには 半日陰を好む ウドやフキなどを植えるらしい。
ブランコの支柱の木の根元には ササユリを植えた。
大きな木の根に囲まれたところなら ゆり根が大好物の 
イノシシにもやられないだろうと言う事だが、果たして どうなる事か?
e0228405_22243616.jpg
e0228405_22245988.jpg

しかし こんな風に 上手に穴を開けるアライグマも増えている。
e0228405_2226450.jpg

絶滅危惧種の アナグマもいるようだ。
元からの野生種なら仕方がないが、アライグマには手を焼く。
いろんな生物を輸入して捨てるやからには 困ったものだ。

遠く沖縄と北海道の間を 季節ごとに移動するアサギマダラも 
今年は里山に立ち寄ってくれた。
今日のところは 1匹だけだが これから増えてくるだろう。
体に毒を溜め込んでいるため 鳥に襲われる事もないので 実に堂々と飛んでいる。
羽もゆっくりと開閉させ、
食べられるものなら食べてみろと言わんばかりに ゆっくり飛んでいる。
人間も恐れず カメラを5センチほどまで近づけても逃げない。
他の蝶ならこうはいかない。
e0228405_2235544.jpg
e0228405_22352483.jpg

アサギマダラの好物の ヒヨドリバナ
e0228405_22424326.jpg

大きなヤマナメクジもいた。6センチはある。
e0228405_22384232.jpg

ツユクサの色は見事。
e0228405_22394265.jpg

昼食後 僕と丸さんの二人が入院するので 10月の活動予定と 
行事の担当スタッフなどを振り分けを決めた。
その後 岬高校の先生方が3名来山して 山海人の打ち合わせをした。
今年で3年目の行事なので 要領もわかり 何とかなるでしょう!
e0228405_22493366.jpg

家に戻ってからは 入院用の持ち物を準備した。
仕事のご予約は 11月になると思います。
予約をお断りしたお客様からも 励ましていただきました。
ありがとうございます。
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-27 21:25 | 2013年活動状況 | Comments(0)

孝子の森にて   by   (ナベサダ)

平成25年9月27日(金)
みさき里山クラブ活動日で孝子の森へ行く、
昨日整備した真竹の竹薮はすっかり綺麗になったが、
次回10月1日には、もう少し伐採作業や草刈等で整備する予定である。
f0053885_20103874.jpg

孝子の森ではラジオ体操~
本日の作業は岬高校・山海人プロジェクトの植樹場所の確認である。
新しい場所作りには森林組合の許可もいるので、
数年前から行ってきた植樹のチェックをして回ると、
水不足で枯れたり虫に食われたもの等ある。
高校1年生の植樹予定の30箇所を確認して、印をした竹を挿して回る。
f0053885_20112813.jpg

f0053885_2012178.jpg

昼過ぎに1年生担当の先生が3人下見訪問に来られた。
既に客山コースから展望台を回って広場へと来られた様なので、直ぐに当日の打合せを行う。
1クラス3本*6クラス分の確保の依頼であった、
約1ヶ月の期間があるので植樹場所再確認の予定である。
f0053885_20133060.jpg

孝子の森広場では、ヒヨドリソウが見事に咲いている。
この花の蜜を吸いに来る蝶がいる。
アサギマダラ蝶で日本列島を北から南へと2000キロも飛んで行くのだそうだ。
小さな蝶のどこにそんな力があるのだろうかと思う。
f0053885_20125999.jpg

今日は花の周りを1匹飛んでいたが、カメラに収める事はできなかった。

・列島を 飛んで飛んで飛んで マダラ蝶
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-27 21:23 | 2013年活動状況 | Comments(0)

孝子の竹林でボランティア合流作業・・・大成功!!   by   (TATE-misaki)

平成25年9月26日(木) 晴れ
うみべの森を育てる会定例活動日・・・ボランティア3団体交流作業
c0108460_1816427.jpg

(8:20~14:50)・・・孝子の真竹の竹林・・・総計21名参加
うみべの森を育てる会 (13名)
[浅井 飯島 生熊 甲斐 吉川 酒井 柴田 杉本 立石 傳 中川 西台 春山]
みさき里山クラブ(7名)[岡田 佐々木 徐 中村 西山 久川 渡邊]
自然と本の会(1名)[高木]
朝から曇っており涼し過ぎる天候であったが
孝子小学校へ全員が集合した頃は快晴の秋晴れになった
1月の里海まつりの「とんど」の竹は例年「井関川竹林」から伐っていたが
ここの竹も少なくなり太いのが無くなった
止むを得ず今年から孝子の竹林での調達を交渉し許可を得たので今日はその作業に入る

孝子地域の活動になるので おまけに「みさき里山クラブ」の進入路の一角なので
みさき里山クラブに事情を説明したら「応援するよ!」と言うことになり
うみべの森を育てる会とみさき里山クラブの交流作業をすることになった
うれしいことに「自然と本の会」の高木さんも「井関川竹林」の整備をしている関係で応援に来てくれた
実質3ボランティア団体の合流作業と言う 珍しい出来事になった
c0108460_18172274.jpg

孝子小学校や歩いて5分の現場の竹林で挨拶と大まかな作業内容の説明だけで作業開始した
2.5m・・・とんどの中に使う⇒枯れた竹で可
3m・・・とんどの外側・・・青竹を使う
伐った後の枝なども全てきれいに整理する
c0108460_18173193.jpg

21名が竹林に散らばると姿が見えないくらいだから 小さい竹林のようだが広さは割合にある
長年手入れされていないので道に倒れ掛かっている竹などが多い
倒れている竹を伐るのを優先して作業を進めた
徐さんや岡田さん・久川さんの助言を聞きながら 手前と奥の2か所で作業を開始し
枝の始末は竹垣方式が大変なので束ねてきれいに積み上げる方式に変更した
c0108460_18181022.jpg
c0108460_1818478.jpg

最初はやり方や段取りが なかなかうまくいかなかったようだが
慣れて来る内に個々の作業内容も決まり チームワークもうまくいき出したようだ
1時間ごとに休憩を取ったが 休んだと思うとすぐに動き出している人もいる
いつもの活動と違う作業であり新しい作業には興味津々のようで
新しいおもちゃを貰った子どものように全員が楽しそうによく動いる
c0108460_1819495.jpg
c0108460_18201967.jpg

気が付けば奥のグループ11名 手前のグループ10名と人数も自然体でうまく分散し
うみ森の会員も6名と7名となっていた・・・本当の作業交流会になってきている
特に奥の うみ森女性4人組はチームワークが良くバリバリと竹の枝払いと寸法伐りをするので
逆に竹伐りの男性軍が追いたくられる格好
みさき里山クラブにトレードしたいとまで言いだした
c0108460_18225929.jpg
c0108460_18234586.jpg
c0108460_18243190.jpg
c0108460_1830950.jpg

手前のグループは他の団体が竹馬用に竹をたくさん伐り出したが
不要な竹などは枝が付いたまま積み上げてあり非常に見苦しいので
久川・甲斐組は枝を払いきれいに積み上げていた
久川さんなどは他の団体が無造作に伐っていた竹の切り株を根元できれいに伐り直し整備していた
2時前後になると誰が言うのではないが道や道端に積まれていた枝や枯れ竹を整理しだし
2時30分には終わって帰れる体制になっていた
c0108460_18253214.jpg
c0108460_18262167.jpg

今日だけで予定の400本は準備できたようであるが思ったより竹が細いので
次回の10月1日には もう少し伐り出し整理して終わりにしたい
やはり作業は人数である⇒チームワークの良い人数が集まれば予定以上の作業が出来る
c0108460_1827693.jpg

c0108460_18293584.jpg
 
c0108460_18324099.jpg
c0108460_18325743.jpg
 
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-26 22:33 | 2013年活動状況 | Comments(0)

うみべの森を育てる会と合同竹取    by    「仁べ」

平成25年9月26日(木)
今日は 「うみべの森を育てる会」が、恒例の正月行事 とんど焼きに使う竹を 
孝子の森の途中の竹やぶで 調達する事になった。
手が入らず 荒れ放題の竹やぶで 地主の許可をもらって 竹をもらうと言う事だが、
実際は うみ森と里山の両方のボランティアが、荒れた竹やぶの掃除をしたようなものだ。
両チーム 総計21人が 朝9時半から 3時ごろまで掛かって 倒れたり枯れたり
足の踏み場もなかった 竹やぶが すっかり綺麗になった。
定例活動日より疲れる作業でした。
作業メンバー 現場に到着。
e0228405_20471782.jpg

e0228405_2049869.jpg
e0228405_20492391.jpg
e0228405_204940100.jpg
e0228405_20495892.jpg

家に戻ると 町長選の立候補者が 大きな声で 選挙カーを走らせているが、
選挙公報を読むと あきれる。
誰とは言わないが 民主党が政権をとったときのように 
予算の裏づけのない絵に描いたもちのような選挙公約を並べている。
一番あきれたのは 紀淡海峡大橋だ。
今でも 四国に橋は3本は多すぎたと言われているのにだ。
図書館に健保の引き下げに、固定資産税の引き下げに、赤バス無料だと!
予算は 御自分の資産でも売却してやるのかね?
よほどの金持ちなのか計算ができないのか ほら吹きなのか!
こんな広報1枚で 町長を選べと言う選挙管理委員会にもあきれる。
岬の未来は 暗いなーー!
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-26 22:30 | 2013年活動状況 | Comments(0)

孝子・竹取物語    by    (ナベサダ)

平成25年9月26日(木)
岬町・孝子の森に行く途中に真竹の薮がある。
何時も通りながら気になっていた場所である。
本日は里海公園・うみべの森を育てる会が、
新春里海まつり“海に吠えろ!”のトンド焼に使用する竹が必要なところから、
TATE-misakiさんが持主の了解を得て、うみべの森を育てる会と
みさき里山クラブのメンバーが集って、竹の伐採と整理を行った。
f0053885_20365211.jpg

f0053885_20372328.jpg

私は下校見守り担当等の予定があり午前中で失礼したが、
今迄が切り易いところから適当に切って、後はほったらかしの状態だったので、
最初はどうなる事やらと心配してのスタートだったが、
仕事は大人数と云うが如く、今日1日で大分片付いたようである。
f0053885_20381580.jpg

f0053885_2038392.jpg

作業は道端と倒れ掛かった竹を優先して伐採、
生竹は3m・枯れ竹は2,5mにカットして、枝は纏めて括るようにした。
中途半端に切られた竹跡も根元から切って整備もした。
f0053885_2039526.jpg

昔はこの場所辺りは田圃だったそうで、土地は平坦で石垣があり、
直ぐ奥には伊豆賀口池がある。
この時期は秋の農繁期で忙しくされたのであろうが、今は当時の面影もなく、
何時の間にか竹薮となったようである。
昔と今をダブらせて見る訳ではないが、高度成長とバブル崩壊と・・過ぎ去った50年・・
世の中を随分と変えてしまったものだ、善し悪しは別として・・。

・竹薮で 昔と今を ダブり見る
[PR]
by kyousinomori | 2013-09-26 22:29 | 2013年活動状況 | Comments(0)