「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2013年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

年の終わりに   by   (ナベサダ)

平成25年12月31日(大晦日)
歳の精も有るかも知れぬが、振り返り見る1年は実に早いな~と思う。
この1年の中で特記事項を上げるとすれば、NPO法人まちづくり岬の解散である。
立上げ準備から10年・・法人認証から9年・・収支報告から見れば小さな団体ではあるが、
各団体との交流を旨としたまちづくり・・趣旨に沿った活動継続は・・最後まで貫けたように思っている。
f0053885_1840264.jpg

平均年齢の上がった事などから、法人格は返上したものの・・声が掛れば出来る範囲で、頑張る姿勢には変わりは無い。
「大人の林間学校」~子ども達の自然体験サポートへとバトンタッチ、地域の皆さん共々に良い方向に、次年度も頑張れるものと確信している。

本年度の流れから見ると
3月17日 :今後の方向性を視野に、ファミリー林間学校開催。http://nabesada.exblog.jp/18766719/
6月5日 :第62回「大人の林間学校」にて法人としての取組は終了。
http://nabesada.exblog.jp/19746590/
7月28日 :NPO法人まちづくり岬・臨時総会にて解散。
http://nabesada.exblog.jp/20104408/
12月17日:法人の清算手続き全て終了する

・喜怒哀楽 手の鳴るほうへ 良く動き
正月3日は賀状のみ・・ブログは休みます。
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-31 20:43 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

書類整理   by   (ナベサダ)

平成25年12月30日(月
暫らくは正月休みでもと思ったが、昨日から今日にかけてパソコンの移設(ウインドウズXP→8)をして、当面は両方が使用できる状況にした。
新機種8をリビングに、従来のXPを2階に設置した。
其の内に新機種8だけになるであろうが、当面はこの状態の方が安心である。
f0053885_20263210.jpg
引き続いて、溜まりに溜まった書類の整理を行った。
特に法人関係のイベントをはじめとして、各種団体との連携などの資料は、処分を迷いながら溜まっていたものが多い。
今年はNPO法人も「大人の林間学校」も終了して、他団体との連携も今後は細くなって行くであろうが、歳と共に致しかたない事である。

整理しながら、書かれた文字やアンケートなどに、目が止まると前に進みかねるものもある。
名簿類は個人情報の問題もあり、殆んどを手で破りながら・・、中には少々寂しい思いのするものも有るが、迷いながら目を瞑るようにして処分をした。
迷いながら残したものの中には、昨年度・大阪アクティブシニア協会・助成金で開催した「まちづくり出張講座」・アンケートには、個々人の意見は無記名だが、
岬町の現状と今後の意見があったので簡単に纏めて見ました。
毎度の事ではあるが・・・
f0053885_2041581.jpg
岬町は・・
~良いところ
・海と山の自然環境が良い所が圧倒的であった。
~悪いところ
・行政に対する意見が多々あり(纏めると・・新しい事に消極的・)
~お気に入りのイベント
・つつじ祭、深日漁港ふれあいフェスタ、
~提案・要望イベント
・海の幸グルメフェスタ、花火の復活、町民バザー、古墳まつり等々
~要望の土産物
・魚を使った加工品(干物も含む)、古代米を使った商品
~まちづくり提案
・休耕田の活用、ひとづくり優先(年配者の力要望)、「大人の林間学校」の様な仕掛けのある観光。
主だった意見を集約してみました。

・整理する 思い出品が 手を止める
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-30 23:43 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

本年最後の土曜市から by   (ナベサダ)

平成25年12月28日(土)
年の暮へと暦も残り少なくなり、今年最後の土曜朝市のサポートに行く。
看板を4箇所に設置終えると、出店者の顔も揃いテント張り、机の設定からくじ引きで毎回場所が決まる。
日本海側は大雪だそうだが、岬町は穏やかな天候に恵まれて来客者の出足も良く、9時開店を10分早めて開催された。
正月を前に野菜関係には人気があったようで、何時もより人出も売上も上がったようである。
サポートを通して沢山の方々とふれあいながら年末の挨拶も終えた。
f0053885_2111714.jpg
来春の初売りは1月11日(土)9時~10時である。
私は里海祭の関係で顔は出せないかもしれないが、来年も良い年でありますように願うものです。

続いては・・淡輪小学校の下校見守りメンバー宅に、来年1月度の学校予定表を持参すると共に、
1年の労と来年度の協力をお願いして回る。
昨年まで担当しておられた方が病気になられ、何時の間にか私のところに役割が回って止まる。
居心地が良いのか?スタートの声掛け人として、致し方ないのであろうか。
f0053885_210223.jpg
・ふれあいの 市も賑わう 年の暮
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-28 23:28 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

きのくに子どもNPO「★(スター)メイト:里山であそぼう!」 in  孝子の森 by   (TATE-misaki)

平成25年12月27日(金) 曇り晴れ曇り

c0108460_21513877.jpg


みさき里山クラブ臨時活動日(8:50~15:20)
参加者 [岡田 甲斐 徐 立石 渡邊 他] 
昨夜は夜中過ぎまで割合に激しい雨 今日の天気が気になったが
明け方には晴れそうな天気になってくれた これで今日のお客さんは迎えられると一安心
和歌山市福島に事務所のある「きのくに子どもNPO」が11月24日に引き続き第二弾が孝子の森にやって来た
5・6年生主体の「★メイト:里山であそぼう!」のイベント企画で
前回の低学年の評判を聞き 高学年も行きたいとのことで 急遽 孝子の森を選んでくれた
我々としては非常にうれしい事である

9時53分南海孝子駅到着予定なので サポート会員は1時間前に 孝子の森に到着し準備を開始
一部は孝子小学校と孝子駅でお出迎え

9:53 一行到着(車2台は材料を運んできた) 総勢 21名(子ども15名 大人6名)

c0108460_21513831.jpg
 子どもは小学2年~小学6年までばらつき サポーターには高校生・大学生も含まれていた
 伊豆賀林道ルートから孝子の森へ
c0108460_21513983.jpg
c0108460_21514011.jpg
c0108460_21514111.jpg
10:22 孝子の森へ到着・・・(先着していた子供たちは早速ロープ登りを楽しんでいた)
c0108460_21514162.jpg
10:25 NPO事務局挨拶&里山スタッフ紹介
     里山の注意事項・・・徐代表
c0108460_21513651.jpg
c0108460_21513707.jpg
10:30 子どもが料理開始
     *トン汁班(白菜 ニンジン ネギ ダイコン等を刻む)
c0108460_21595989.jpg
c0108460_22000016.jpg
c0108460_22000263.jpg
     *パン班(粉を練る)
c0108460_22000118.jpg
     *たき火管理班(背負子で薪運び)
c0108460_21595983.jpg
     *フリー班(ツリーハウス・木登り・ブランコ・山道探検等)
c0108460_21595519.jpg
c0108460_21595756.jpg
c0108460_21595803.jpg
11:50 昼食
 (今回は家族での参加は少なく 昼食は友達同士で食べていた
  トン汁はお変わりが続出していたし スタッフも頂きお代わりまでした
  2年生の男の子などは「こんなおいしいトン汁をお母さんに食べさせてやりたい」
  と言いながら5杯もお代わりしたのには驚きであった)
c0108460_22062637.jpg
c0108460_22062747.jpg
c0108460_22062582.jpg
c0108460_22062547.jpg
展望台散策(12:30~13:05)
 岡田顧問が案内したが 元気な子供たちは走って登り 大人は置いてきぼりである
 何組かに分かれて登って来たので時間差が出来てしまった
 展望台から尾根散策し一部は 冒険ルートをキャーキャー言いながら降りていた
c0108460_22084243.jpg
c0108460_22085882.jpg
c0108460_22084293.jpg
c0108460_22084335.jpg
c0108460_22084469.jpg
たき火でパンを焼く
 子どもたちが捏ねた粉を たき火で発酵させるのに苦労していた
 それを棒の先に丸めて付けて たき火で焼いて食べる 
 焼くのにたき火が熱いので 竹を接ぎたしてもらったりして苦労して焼いていた
 それがまたおいしかった
c0108460_22111205.jpg
c0108460_22111042.jpg
c0108460_22111250.jpg
c0108460_22111128.jpg
お遊びタイム
*ブランコ・・・割合人気でロープをねじって遊ぶ
*ロープ登り・・・大人気
  高学年だけに動きは素早く一周の時間が短い
  斜面を駆け上り駆け下りているような感じである
c0108460_22332172.jpg
*木登り・・・数人だけであったが さすがにこれはむつかしそうで
  上まで登ったの一人だけであった
c0108460_21595767.jpg
*たき火管理・・・薪を運ぶのに背負子を使うことを教えたら 面白がって入れ代わり立ち代わり運んでいた
  活発な女の子まで参加していた
c0108460_22332412.jpg
c0108460_22332449.jpg
ツリーハウス・・・今回はここでは少し遊んだだけであった
*奥地探検・・・冒険グループ
  ロープ遊びに飽きたメンバーは その上の開拓していないジャングルに登りだした
  笹をかき分けサルトリイバラで指を怪我したりしながら姿が見えなくなった
c0108460_22332368.jpg
*天然滑り台・・・奥地へ探検に行った帰りに急斜面を滑って降りてから味をしめ
  今度は滑ることだけを目的に登りだした
  ダンボールや種々の道具を使ったが やはりズボンのまま滑るのがよかったようだ・・・お尻を真っ白けにして
  中には靴だけで上手に滑っている子もいた
c0108460_22332027.jpg
c0108460_22331943.jpg

*山道ルートの探検・・・山道の階段を登り尾根まで行ったりしていた
*冬イチゴ採集・・・孝子の森へ来るまでに冬イチゴを食べながら来たものだから
  今度は広場の斜面でイチゴ狩りを始めた⇒イチゴジャムを作るとの目的があるとか
  この斜面にこれだけ冬イチゴがあるのは 我々もあまり知らなかった
c0108460_22332237.jpg
「今回の子どもたちの元気さには驚いた 駅に着いてから帰るまで走りづめではないかと思うくらいである
高学年であるだけに 遊びは自分たちで考えだしている
予想外の動きをするので サポーターとして付いていけない・・・山の下から怒鳴っているだけである
斜面を駆け上がり 展望台への山道はかけ登り 案内人やサポーターをおいてきぼりにする
叫び声で駆け付けて見たら この真冬に山の尾根を蛇が這っていた
冬眠真っ最中の蛇が なぜ出てきたかは不思議である
元気な子供たちにつられて 蛇も駈け出して出て来たのかも・・・?
帰る間際までロープ登りはしているし 展望台へ行きたいとも言うし
鍋に一杯炊いたトン汁も 遊んでいる合間に全て食べてしまった
よく遊び よく食べるこんな集団は 初めてのような気がする
驚いて見てる間に3時になってしまった」
c0108460_22332210.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2013-12-27 22:48 | きのくに子どもNPO | Comments(0)

きのくに子どもNPO・プレイパーク   by   (ナベサダ)

平成25年12月27日(金)
きのくに子どもNPOが孝子の森に遣ってきました。
孝子駅へは10時前の電車で到着予定だったが、みさき里山クラブメンバー5名は、
9時には集合してイベント広場にて、焚火、テーブル、リュック置き場の設定をして準備する。
10時半頃に先頭の子ども5人が競うように走ってきた。
続いて本日の参加者が到着、本日の参加者は子供15人(小学校2年生~6年生)、
大人6人(高校生・大学生含む)であった。
f0053885_20372730.jpg

全員が揃ったところで、簡単な挨拶~里山クラブメンバーの紹介
~きのくに子どもNPOの紹介があり、子ども達はしばしフリータイム、
食事準備を手伝う子ども達は、豚汁(野菜をカット)と
焚火パン(生地づくり~発酵はボールに入れて焚火の側)分担して準備に取り掛かっていた。
f0053885_20382031.jpg

f0053885_20385327.jpg

手の空いた子ども達は、イベント広場周辺でフリーに遊ぶ姿があった。
ロープで斜面登り、ブランコ、ツリーハウス、冬イチゴ狩り、焚火周りに集まる者も居た。
もしもの準備で「ふわふわトンボ」(簡単な手づくり品)はリュックに入れていたが、
何か無いか?声が掛った時だけの用意である。
f0053885_20394375.jpg

f0053885_2040176.jpg

12時には豚汁も出来上り、各自が持参したお椀にたっぷり配布された。
我々も頂いたが、白菜・サツマイモの甘味が効いて美味しく頂きました。
お代わりの呼び掛けもあり、中には4回もお代わりした子どもあった。
場所は焚火周りが一番多かったが、3~4箇所ぐらいにグループが出来ていたように思う。
f0053885_20403270.jpg

食事が済んで・・暫らくすると展望台への散策
・・クヌギ谷・尾根コース~展望台へ(海が・・船が・・少し見える程度)、
下山は遅れて登ってきた子ども達(5年?の女の子3人)をサポートして、
展望台ではウラジロ飛ばし・・下山は冒険コースで広場へ。
f0053885_20405352.jpg

f0053885_20411042.jpg

f0053885_20413615.jpg

到着すると、焚火パンの生地が出来たようで、各自が細い木の棒にアルミ箔を巻き付け
・・上の方から螺旋状に巻きつけて・・焚火近くまで棒を伸ばして焼き上げる
・・熱さもあり竹棒で繋いだり、側に網を置いたりして焼きあげた。
味は焼きたての香ばしさと甘みが効いて美味しく、里山の雰囲気に合った良い企画である。
(材料:強力粉、イースト、砂糖、塩、バター等々?)
f0053885_20422594.jpg

今日も側で話を聴きながら、椎茸は好き嫌いがある、卵や牛乳はアレルギーがある。
団体行事ではサポートされる方々の苦労が分る。
f0053885_20425287.jpg

下山までの残り1時間を子ども達は、イチゴ狩り、ロープ登り、丸太切り、
斜面すべり(危険度はあるが自己判断で自由)、落葉遊び、
子ども達は自由な発想で自然を楽しんでいた。
f0053885_20432885.jpg

f0053885_20434930.jpg

f0053885_20443922.jpg

きのくに子どもNPOのホームページには、其の趣旨が下記の通りであった。
「豊かな生活体験、遊びを通して子ども達の発達・成長をサポートし、
また子ども達の社会参画の機会の拡充を図り、生活および文化環境の向上を目的とする。」
本日の取組のように、自然の中で子ども達は自由な発想で行動する。
大人は見守ってサポートして行く、その中に子ども達の本来の成長がある様な気がする。
・焼き立ての 焦げ目が美味い 焚火パン
・真っ白に ズボン汚して 子の笑顔

[PR]
by kyousinomori | 2013-12-27 22:07 | きのくに子どもNPO | Comments(0)

私の片付け物 by   (ナベサダ)

平成25年12月26日
年末の大掃除と言う訳でも無いが、今朝は我が家の前の植栽の剪定からスタートした。
ところが滅多にしない事をするものだから、小雨が降りだした。
周りの家からからは“ヤッパリ”と言われそうであった。
刈るのは僅かだから直ぐだが、後の掃除の方が大変だった。
f0053885_20261872.jpg

続いては、問題の納戸に置いている「おもちゃづくり」部材の整理である。
こちらは時間が掛った。今年もあちらこちらから声の掛った取組へ、
子供対象の事だからと気軽に引き受けた。
取組が終り・・半端物や部材を箱に入れて持ち帰り、整理して仕舞えば良いのだが、
草臥れも有ってそのまま納戸へ・・後日がついつい先送りになって、
次の取組が来そうになると探し物が多くなる。
更に研修に行く度に、未だ好奇心があるものだから、
見本や部材が増えるのも致し方ないところである。
f0053885_20264024.jpg

何時まで・・こうしたボランティア活動が出来るか分らないが・・
惚け防止と健康の為?・・長時間だと疲れる事も有るが・・
子等との会話に癒されて・・。

・おもちゃ作りで 子等とキャッチ ボールする
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-26 22:22 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

クリスマス会から    by   (ナベサダ)

平成25年12月25日(水)
望海坂集会所にて、親子で行うクリスマス会に声を掛けて頂いた。
とは言っても、昨年同様にサンタ役とおもちゃづくりの要望であった。
f0053885_19581963.jpg

昨日のブログの様に・・今日は折紙で「ヒコーキ」「だまし舟」「くちびる」を作って、
遊び方を教えて・・配ると・・早速ヒコーキを飛ばして遊びだした。
続いて折紙UFの作り方を教えだすと、子供も親も集まって直ぐに作り上げて飛ばす。
未だ何かあるのかな?その顔から・・四角い紙からのヒコーキの作り方を教えた。
集会所内はヒコーキとUFが暫し飛び交った。
f0053885_19584871.jpg

簡単マジックは、周りに集まってくるので、ネタが直ぐ判りそうな事もあり、
難しいものは避けて「輪ゴム」「「髪バンド」「毛糸」「ストロー」
「ティッシュペーパー」「数字当て」など、身近な物で行ったが・・
中には子供も知っている物も有ったが・・真剣な目で見てくれていた。
親たちに教えたストローマジックは、親たちも懸命だったが・・一番時間が掛ったようだ。
f0053885_19594458.jpg

続いて、浜井さんの紙芝居とブラックライトシアターが行われた。
共に「クリスマスにサンタが遣ってきた!」こんなタイトルだったかと思うが、
子ども達も真剣に見聞していた。
f0053885_2002776.jpg

f0053885_2004321.jpg

中でも・・ライトシアターは私も初めて見たが、黒い額パネルにライトを当てて・・
蛍光ポスターカラーで描かれた絵(サンタ、そりー、動物、草花など)を、
物語に合わせて置き代えて行くと、反射光で浮き立たせたストーリーができる。
大人の子ども達も新感覚で、サンタクロースの物語を追いかけて楽しめた。

終ると・・大きな声で“サンタさ~ん”皆で呼ぶ、
すると控えの場所で待機中の岩崎サンタさんが、
“メリークリスマス”と大きな袋にお土産を持って現れた。
f0053885_201734.jpg

子ども達も驚いたような顔で整列、次々とお礼を言って受け取って、
嬉しそうな顔でサンタさんを見つめていた。
渡し終わると・・皆でお礼を言ってサンタさんも姿を消した。
昨年はクリスマスリース作りも兼ねて、沢山の参加人数であったが、
今年は2回に分けたので少な目?それでも子供さんの数は30人位だったかな?
よい子に育って欲しいと願いながら・・・。

・マジックの 秘密を探る 子供の目
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-25 20:56 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

2学期終了式とクリスマス前日    by   (ナベサダ)

平成25年12月24日(火)
高校支援活動に行く、今日が2学期の終了式である。
終了式の谷井校長挨拶では、峯近教頭先生の転勤と藤田新教頭紹介が有り、
続いて登校途上に財布を拾って、届けた方からお礼の挨拶が有った事、
山海人プロジェクトで地域交流でも、良い話が膨らんでいる様子・・等々、
我々は体育館入口待機中で、途切れ・途切れに聞いた話であるが・・。
一旦教室に帰って9時半ごろには2学期の終了となった。

明日のクリスマス会には、「おもちゃづくり」の依頼で有ったが、
今回は目先を変えて折紙で遊べるものを作って持参しようと、
今日は「だまし舟」「ヒコーキ」「折紙・お喋り唇」を20人分ほど作ったが、
思った以上に時間が掛ってしまった。
1点「折紙UF」は簡単なので、当日子ども達と一緒に作る予定である。
更にマジックを何点か披露する予定で、只今準備中だが・・これは内緒として置こう。
f0053885_193822.jpg

・子ども等の ポッケに夢を 詰めたいね
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-24 21:25 | 岬高校関係 | Comments(0)

望海坂自治区・餅つき    by   (ナベサダ)

平成25年12月23日(祭)
望海坂自治区に於いて、自治区、民生委員児童委員、長生会と淡輪地区福祉委員会、
岬町商工会の支援を得て、お餅つき大会が開催された。
特に岬町商工会有志の方々には、大変な協力を頂き有難う御座いました。
時間は10時からとなっていたが、自治区内でも班長やボランティア関係者は9時に集合して、
商工会が持参された道具を元に準備して、古代米が蒸し上がるまでは待機、
10時になると親子連れで次々と来られて開始となる。
f0053885_21105570.jpg

最初に商工会を代表して竹内町議の挨拶があり、
岬町産古代米の美味しい餅とお握り提供の話が有った。
f0053885_21111075.jpg

最初の一臼はお握りにして早速提供された。
続いて次々と餅も出来ていったが、
暫らくは餅つき風景と子ども達にも体験してもらう意味もあって、
配布は3臼分ぐらいまで待機してもらって配布する。
f0053885_2111361.jpg

f0053885_2112416.jpg

配布すると参加者がいっぺんに減って、残った人は殆んどが関係者になって行った。
私は昨日の里山同様に・・肩の痛みと風邪気味の為に実働部隊ではないが、
来られた方の案内や交流で対応した。
本日の蒸し上がり数は15臼(5臼は商工会用)、参加人数は約200名(親子合算)であった。
f0053885_21135512.jpg

古代米お握りも餅もプチッとした食感があって美味しく頂く、
色が小豆色(3分目の精米・5分目だと色が出ないそうだ)なので・・甘そうな感じだが・・
噛めば噛むほど味があるとはこの事か・・そんな感じの感想である。
f0053885_21154682.jpg

私達の自治区は積水ハウスの支援のある内は、毎年餅つき大会を開催して賑わったが、
自治区が出来て10年経過して、自立の自治区になってからは、
予算の関係でリフレ祭のみとなってしまった・・新興住宅地なので子供さんも多い。
子ども達への良い思い出づくりとして、今後も前向きに検討頂きたいものである。

・イベントで 子等の思い出 つくろうよ
[PR]
by kyousinomori | 2013-12-23 21:25 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

孝子の森で望年会 by    (TATE-misaki)

平成25年12月22日(日) 晴れ

c0108460_23234358.jpg
みさき里山クラブH25年度「望年会」・・・孝子の森
参加者 21名[東 雨宮 江下 岡田 甲斐 佐々木 徐 立石 谷口眞 中野 中村明 西山 羽間 久川恵 久川兼 久川珠 的羽千 柚岡 横山 渡邊] 
特別参加者 [養父和大教授]
c0108460_23234482.jpg

朝から冷たいんだけど上天気である
今日は「みさき里山クラブ」の忘年会であり 準備はそれぞれ役割分担している
孝子の森に着けば全員が活き活きと それぞれの準備に勤しんでいる

c0108460_23234607.jpg
*「バンブーハウス」の風除け対策・・・シート張り
  ・・・[岡田 佐々木 立石 西山 柚岡]
c0108460_23234380.jpg
*高台休憩場所作り・・・[岡田 西山]
c0108460_23234509.jpg
* リック掛け補修・・・[立石]
今日の総責任者である 甲斐さんの指示の元に
餅つき班 焼き物班 炊き物班 配膳班 焚き火・かっぽ酒班などに分かれて動き回っている
c0108460_23234458.jpg
餅米が蒸し上がると男性軍が餅つきを始めた ・・・4臼ついて女性軍が丸めていく
働かずにつきたて餅を つまみ食いしている者いる
c0108460_23323796.jpg
1.餅つき…搗き[西山 柚岡] 返し手[甲斐]
   前日より甲斐さんがもち米を買い 水に漬け込み準備してくれていた
   中野さん寄贈の餅つき小道具一式で準備
   専用ストーブで丸セイロで蒸す・・・[的羽]
c0108460_23234257.jpg
   その間に臼や杵をお湯で温めてある 餅箱や小豆餡や餅とり粉などの準備もOK
   今年は搗き手2人に返し手1人の固定である
   白餅3臼 ヨモギ1臼の4臼を搗いた
c0108460_23323787.jpg
   後の丸め役は女性部中心にワイワイとやっていた
   小豆餡入りやぜんざい用小餅も作っていた
c0108460_23323807.jpg
2.炊き込みご飯
   ①甲斐さんが特別に出汁を作り味加減(自宅料理)
   ②久川兼さんが釜土で薪の火加減で炊く
c0108460_23572547.jpg
3.女性部の自家製手づくり料理
   ①紅白なます ②ダイコン甘酢漬け ③秋田いぶりがっこ 
4.半ドラでの焼き物・・・[岡田 佐々木 羽間 柚岡 横山 渡邊]
   ①アジ干物 ②鯖みりん干し ③鶏もも肉(塩麹漬け)④下仁田ネギ ⑤ゲソ ⑥ウインナー
c0108460_23323548.jpg
c0108460_23323696.jpg
c0108460_23323446.jpg
c0108460_23424429.jpg
5.牡蠣のグラタン・・・甲斐さんが事前に自宅で準備 山でトッピングして ピザ窯で焼く
c0108460_23323644.jpg
6.ぜんざい…搗き立て餅入り
7.甘酒・・・カセットコンロで煮詰めながら味加減
c0108460_23323504.jpg
8.トン汁・・・釜戸で煮込む
c0108460_23323488.jpg
9.竹筒燗酒(かっぽ酒)…久川長老担当・・・[岡田]
   真竹で燗筒を時間をかけて丁寧に3本作り これにお酒を3升以上注ぎ込み
   たき火で2時間じっくりと燗をする
c0108460_23234190.jpg
10.ビール・ノンアルコールビール
  持込お酒数種類 ジュース ウーロン茶等
11.デザート…ミカン 各種お菓子多量
…あまりに多くのものが持ち込まれたので 誰が何を持ち込んだのか さっぱりわからない
「料理の事前準備段取りは甲斐さんがリーダーで 現場での料理する指導は徐さんが主にしている
的羽さんなどは9時前から山に来てもち米蒸しのストーブの火をつけて準備してくれていた
全員が「働かざるもの食うべからず」精神で動き回っているが 
中には何もせずに 試食だけの者もいたのでは・・・?
搗き立てのお餅や 焼きたての鶏の皮や つまみ食いが最高においしい
焼き方の特権を利用している者も何人かはいた」
c0108460_23424381.jpg

12:16 望年会開始…司会進行 [甲斐]
 徐代表挨拶&乾杯音頭で懇親会開始

c0108460_23482581.jpg
c0108460_23482896.jpg
乾杯と同時に久川長老が かっぽ酒をついで回り
竹の香がして まろやかでおいしいため あちこちで「うまい!うまい!」の声
かっぽ酒は特別美味しいので 3升が直ぐになくなった
c0108460_23482760.jpg
c0108460_23482620.jpg
c0108460_23482703.jpg
飲みながら食べながらの忙しいこと…
殆どの者がトン汁を一番に食べていたので悪酔いすることもない
一晩塩麹漬けした鶏肉の焼き物も抜群にうまい
c0108460_23482872.jpg
c0108460_23482621.jpg
雨宮さんが持ち込んだ「秋田のいぶりがっこ」(漬物をあぶったもの)がうまい!酒のあてに最高だ!と大人気で最後まで大事に食べていた
c0108460_23482723.jpg

 
途中から 世界各国・日本各地を駆け回っている広い話題を持っている
養父:和大教授も参加してくれて楽しみも面白さも倍加した
教授の周りには いつも話の輪があった
c0108460_23482972.jpg

ある程度飲んで食べて しゃべって堪能した者は たき火の周りに集まってくる
ここで飲みながら ぜんざいなども食べている 甘辛両党使いが多い

c0108460_23585030.jpg
c0108460_23584912.jpg

たき火の周りで飲んで しゃべっているメンバー以外は徐々に片付けに取り掛かっている

c0108460_23585180.jpg
お酒を飲まない佐々木さんや渡邊さんは養父教授や徐さんの代行運転などに
大多忙になっていた
c0108460_23590972.jpg
15:40 全員解散し下山
c0108460_23584926.jpg
c0108460_23584822.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2013-12-22 23:06 | 会員親睦会 | Comments(0)