「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2014年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧

孝子の森へ孫たちと行ってきました     by    (TATE-misaki)

平成26年12月31日(水) 晴れ
朝から上天気である 小春日和と言える
高校2年生のジュンは 孝子の森へ行きたくて今回の帰省組に参加したようだ
帰省6日間の今日のスケジュールは 孝子の森行になっている
当然案内人は私になる・・・中学2年のメイも 小学2年のイクミも参加してくれる
孫たち3人を引き連れての孝子の森散策となった
バアちゃんに おにぎり弁当を作ってもらって 喜び勇んで出かけた
ママが体調不良でリタイアしたので 完全にジイ孫組となった
行くときは 和歌山へ買い物に行くバアちゃんに車で孝子駅まで送ってもらい
c0108460_19510272.jpg
そこから 4人がリックを背負って歩き出した
c0108460_19510492.jpg
伊豆賀林道の入口まで来て 客山ルートの話しをしたら 遠回りの道がいいと全員が言いだし
急遽 Uターンして 孝子小学校の前を通って 犬飼谷峠道へ向かった
c0108460_19510690.jpg
坂道になると 私は少々しんどくなったが 若者組は平気でしゃべりながら歩いており
その後を ついて歩く始末であり 時々「ジイちゃん大丈夫」といたわられていた
客山ルートへ入ると さすがに元気が出てきて先導していたが
客山ルートの中間の展望場所から見える客山展望台(船が空飛ぶ展望台)が一番好きである
c0108460_19511180.jpg
c0108460_19505965.jpg
孫たちにも十分にその良さを教えて 再度歩き出した
客山展望台(船が空飛ぶ展望台)へは孝子小学校から37分で到着
c0108460_19510034.jpg
天候は少し風があっても寒くなく最高のハイク日和であるが
霞んでいて展望台からの景観は 淡路島等も見えず残念であった
c0108460_19510180.jpg
しかし 木魂効果の反応は素晴らしく 3人とも大声で しばらく何やら叫んでいた
c0108460_19571089.jpg
ウラジロ飛行機やピョンピョンカエルも教えて 感心してもらった
尾根散策して 下りは当然 冒険ルートである
c0108460_19571110.jpg
各自滑ったりしながらも 手助けなしに降りることは出来た
c0108460_19571325.jpg
ノッポの兄は 倒木の柿の木の幹より上に顔が出るのには驚きである
c0108460_19571444.jpg
きのくに子どもNPOの子どもたちの作った秘密基地にも興味を示していた
c0108460_19571693.jpg
c0108460_19571730.jpg
広場に到着と同時に お転婆さんは木登りを始めていた
c0108460_19571896.jpg
暫く ロープ登りや ハイジのブランコで遊んだ後で
c0108460_19572033.jpg

c0108460_19570742.jpg
 
少し遅いお弁当タイムになった
バアちゃん弁当が おいしいと言い 
自然の中での弁当は最高だと言って 何も残さず全て食べてしまった
c0108460_19570906.jpg
食べ終わると直ぐに遊びに走っている
c0108460_20051549.jpg
イクミはロープ登りを途中断念したが ツリーハウスの方へ走っていた
c0108460_20051368.jpg
ハイジブランコは人気で3人で交代しながら 仲良く遊んでいた
c0108460_20051157.jpg
c0108460_20051297.jpg
午後からは天候も少し変化して来て 風も出て来たし 少し寒くなって来た
14時ごろ下山開始し 孝子駅から電車で淡輪駅まで二駅
c0108460_20051687.jpg
c0108460_20050872.jpg
・・・14時40分には帰宅した
孫たちには 何か得るところのあった 孝子の森散策であった
c0108460_20050903.jpg
高校2年生の淳生君が一番自然の理解者で 
犬飼谷峠道入口の家が売家となっているのを見ても
「定年退職後は こんな家を買って住み 森のボランティアをしたい」と
50年後の抱負を語ってくれた
50年後の後継者は見付かっても それまで維持する後継者がいるかどうかが問題である
しかし 自然の理解者の若者が一人でも育ってきたことは うれしいことである

c0108460_19510500.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-12-31 20:52 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

年の暮れ⑶    by   (ナベサダ)

平成26年12月31日(水)
年の暮なので・・今年1年を振り返ってみると、
6月30日
4年に1度の同窓会は久しぶりの帰郷であった。
体調不良で欠席者が数人あったのは、歳だから致し方ないが、
旧友との再会の嬉しさと共に寂しさが残った。
帰阪途中では~出雲大社~古代出雲歴史博物館~足立美術館見学~皆生温泉
・シーサイドホテル泊~境港~大阪へと寄り道をした。
f0053885_19465147.jpg

f0053885_19491786.jpg
みさき里山クラブの活動拠点である孝子の森へ、岬町内の3小学校が順次遠足に来てくれた。
里山と子ども達と地域を結ぶ活動の一環として、
子供たちを自然に触れ合う取組を望んでいただけに嬉しく思う。

5月29日:多奈川小学校3年生
f0053885_2011443.jpg
10月17日:深日小学校1・2・3年生
f0053885_2014212.jpg
10月23日:淡輪小学校2年生
f0053885_2015653.jpg
学校行事としてではなく、子育て関係で岬町内では深日・学童保育、
和歌山から「きのくに子どもNPO」が、度々里山活用をして呉れる様になった。
今後も広がって行く予感がする。

3月26日他数回:きのくに子どもNPO
f0053885_20145126.jpg
8月18日他数回:深日小・学童保育
f0053885_20235130.jpg
「大人の林間学校」も団体参加として、3団体に来て頂いた。

10月22日:高齢者大学校・ボランティア資格養成講座教室
f0053885_2062471.jpg
10月31日:くまとり弥栄園ボランティアさくら会
f0053885_20283735.jpg
11月7日:貝塚市浜手公民館シルバーライフ
f0053885_2065583.jpg
おもちゃ作りを始めとして、町のイベントにも多々参加させて頂いた

1月11日:里海祭とんど焼
f0053885_2074699.jpg
5月3日:つつじ祭
f0053885_2091191.jpg
9月8日:里海フェスタ
f0053885_2092845.jpg
9月21日:健康長寿祭  他

みさき里山クラブの特記事項として、
5月15日:読売テレビ「かんさい情報ネットTEN」浅越ゴエさんの番組にて、
活動の一端が紹介された。
f0053885_20402015.jpg
他にも・・小学校の下校見守りや高校支援活動、土曜朝市、講習会、交流会、研修会、等々だが、
元気な内は地域のボランティア活動参加は、お互いの対人関係の絆であり、
自分自身の健康の秘訣で有ろうと思っている。

・風呂敷を 広げて今年を 顧みる
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-31 20:49 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

年の暮れ⑵    by   (ナベサダ)

平成26年12月30日(火)
天候にも恵まれて、午前中は家の窓ガラスを全部洗う・・網戸は先日洗い終わっている。
~玄関前の階段をタワシで洗い~車も水洗いして、大掃除の予定は終了とした。
昼からは、上さんと買い物に尾崎方面に行く。
野菜は地元産を求めて「よってて」へ、加工食品は「エバグリーン」へ行く。
両店共に正月用品を求めて車も満車である。
多くは買わないつもりで有っても・・目に入ればあれこれと膨らむものである。
不満だったのは・・目出度い縁起物の紅白の蒲鉾が・・赤ばっかりで白がない!
致し方なくセット物にしたが・・店員さんに聞いても・・??
要領を得ず・・仕入れの手違いで有ろうか?で終わりとした。
f0053885_19551870.jpg
おせち料理は、昔から・・正月ぐらいは、
料理を受け持つ奥様方や火の神様にも休んで頂く意が有ると、小さい時に教わった記憶が有る。
時代と共に合理化の流れの中で、簡素化されて来つつある様には見えるが、
新年ぐらいは日本の伝統文化の継承の意も有るのか?
お店側も買い物客も、おせち料理の品々を物色される姿があった。
昔と違って新年は3日から開店の所も多いので、品数的な調整はされても・・
新年をゆっくりする風習は良い事であろう。

・新年へ 追いこみ多忙 年の暮
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-30 22:50 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

年の暮れ    by   (ナベサダ)

平成26年12月29日(月)
今年も残り日数は数日となった。
町のゴミ収集は今日が最後と言うので、
家の周りの草花の小さな剪定や落葉掃除をして、新年を迎える準備とした。
~和歌山方面へと買い物がてらに走ると、
第二阪和道も今年1年で随分と進行したが、私が岬町に来て12年になる。
その以前から・・国道26号線の渋滞解消で多々要望があったのに、
和歌山国体に合わせて出来る?とは、道路行政も力関係か如何かは知らないが、
実態と見合った対応が欲しいものだ。
f0053885_20384756.jpg
今年も広島市の集中豪雨による土砂災害、御嶽山の噴火など、
自然災害の多い年でもあった。
此処の2か所は、私にとっては思い出のある場所だけに、悲しさに心の痛む思いでした。
今後も地震や津波に噴火や台風禍等・・相対するのは日本国の宿命なのでしょうから、
自然と対峙する感性が大切だと言われている。
その感性は自然を知る事が原点かな?思っている。

・平穏が 幸だと思う 年の暮
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-29 22:39 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

メジロも帰省してきた     by    (TATE-misaki)

平成26年12月29日(月)① 晴れ
孫たちが帰省して来る日だと さすがに早起きで 9時には起き出した
今年最後の金銭的なものを整理するために 朝飯前に金融機関を回った
紀陽銀行へ行く時に 御陵さんの横を通ったが
古墳調査は終ったらしく お堀には水を溜めだしているが まだ2~30㎝くらいだ
c0108460_13390882.jpg
1m以上溜まった時には 救助フナを ここへ持って来てやるつもりである
c0108460_13390686.jpg
c0108460_13390470.jpg
まだ 浅いのでアオサギとオオサギが水中に立って餌探しをしていた
早く 元の水が満々とした風景を見たいものである
c0108460_13390583.jpg
*紀陽銀行淡輪支店
 ・・・うみべの森を育てる会の通帳から 立て替え払い分10万円以上を引き出し
*淡輪郵便局・・・配当金7千ほどを受け取り
 ・・・待っている間に なにげなしに奥の絵画を見ていたら 知った名前がある
  みさき里山クラブ会員の柚岡さんの絵画である
  木工政策は上手だと知っていたが 絵まで描くとは知らなかった
  タマネギの微妙に色の違う部分をうまく表現している
  これは 風景画より色の使い方がむつかしいと思う
c0108460_13464574.jpg
c0108460_13390889.jpg
*JA淡輪・・・みさき里山クラブの会計代理をしているので小銭が多くいる
   10円50枚と1円50枚の両替依頼
   今は銀行の両替も50枚以上は有償だし 郵便局は両替してくれない
   庶民の便利な金融機関はJAだけかも知れない
*我が家のパソコン席の真正面に 裏の市川さんのビワの木が見える
  今が花盛りで 今日は数匹のメジロが帰省してきている
  久し振りにガラス越しに写真を写せた・・・やはりメジロは可愛い
c0108460_13391107.jpg
c0108460_13390974.jpg
c0108460_13390314.jpg
c0108460_13390136.jpg
c0108460_13390070.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-12-29 13:53 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

整理・清掃    by   (ナベサダ)

平成26年12月28日(日)
今日は大掃除でもと考えていたが、天気予報は曇りのち雨だったので家の中の片付けをした。
一番置き場所が散らばっているのがNPO法人の書類の数々である。
生きがいワーカーズと合流して~また元に戻した経緯も有って、
書類を分けて保管していたが・・適時処分しても良かろうと・・
自己判断で段ボール箱2個分は処分した。
それでも未だ大分残っているが・・もう少し辛抱しよう。
f0053885_1902328.jpg
エアコンも清掃対象にしていたが、朝食を済ましてテレビを見ていたら・・
エアコンがピシィ!と音を立てて止まった。
電源を切って再度電源を入れると動かない!“十年経ったので寿命かな?”“どうしょうか?
”早朝直ぐは辛いが床暖で大丈夫だから・・こんな会話をしながら、
エアコンの清掃を済ませて、他所を片付けてから電源を入れる・・
“やっぱり駄目か”言いながら、何度か電源を入れたり切ったりしていると・・
目を覚ました様に動き出した。
マメに掃除をせよ!との忠告か・・当分気を付け乍ら頑張って貰おう。

・整理整頓 今年のけじめ 年の暮
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-28 20:57 | 渡邊副代表のつぶやき | Comments(0)

12/27雑記    by   (ナベサダ)

平成26年12月27日(土)
今日の土曜朝市は本年最後とあって賑わった。
お正月用の野菜や飾り花が良く売れた様である。
しばし休まれていた魚屋さんが今日から参加、
来客者からも打診のあった店だけに、お待ちしていました。

来年度は1月10日(土)が初売りで、お年玉券の配布も有り賑わうであろうと思うが、
私は里海祭のトンド焼に早朝より行く事になって居る。
色々と取組が重複すると大変である。

~何時もご挨拶を交わして、お世話になって居るお隣さんの畑を、
土曜市仲間のS氏が借りて野菜作りをしているのだが、
先日に引き続いて見先氏と草刈をした。
奥様が出て来られて重々のお礼を受けたが、刈っているとジャガイモの茎が見える。
掘り起こすとジャガイモが出て来たので、掘り起こして頂く事にしたが・・
思いもよらぬ我が家へのお土産となった。

・~帰宅途中に、岬川柳誌の原稿を貰いに淡輪漁港付近を通ると、早くも夕暮れ時であった。

・ご苦労さん 雲に隠れて 夕日落つ
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-27 22:07 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

餅つき望年会  in  孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成26年12月26日(金) 晴れ
みさき里山クラブ「餅つき忘年会」・・・孝子の森

c0108460_23325668.jpg
(9:00~15:40) 参加会員 23名 他 1名
[雨宮 岩橋 大島 岡田 甲斐 小岩 酒井 佐々木 徐 立石 谷口州 谷口眞 
 長原 西山 羽間 久川恵 久川兼 樋山 藤岡 的羽 宮崎 柚岡 渡邊] [中野]
c0108460_23325785.jpg
昨夜は雨が降っていた 今日の天候が気になったが
朝から空気が引き締まっているが上天気である
会員は9時には孝子小学校にどんどん集まり
それぞれ担当作業を持って個々に山へ行く
c0108460_23325826.jpg
今日の総責任者である 甲斐さんから 細かく分担を決められている
c0108460_23325456.jpg
1.餅つき・・・[西山リーダー・渡邊]
 もち米蒸し・・・[的羽 大島]
 甲斐さんが前日より8升のもち米を 洗米して一晩漬けたのを持ち込んでいる
 それを2升ごとに蒸篭に入れ蒸し上げる
 蒸篭専用のストーブの火の管理も 的羽・大島は丹念に繊細にやっている
c0108460_23330393.jpg
 餅米が蒸し上がると西山が搗き 渡邊が返し手担当で気合が入っている
c0108460_23330535.jpg
2.餅丸め・・・[雨宮 谷口眞 中野 久川恵 藤岡 宮崎]   
 搗きあがった餅は女性軍が丸めていく
 搗き立て餅の つまみ食いも現れる
 白餅3臼 ヨモギ1臼の4臼を搗いた
 徐さんや樋山さんも女性軍に混じってワイワイとやっていた
c0108460_23442516.jpg
 小豆餡入りやぜんざい用小餅も作っていた
 最後の4臼目はイベント形式で 搗き手が何人も現れた
 大島さんなどは石臼が割れるくらい 力が入った搗き方で 餅も飛び散っていた
c0108460_23442427.jpg
3.鶏のからあげ・・・[酒井リーダー 雨宮 宮崎]
 鶏のモモ肉を一口大に切り ガーリック味とカレー味の2種類を準備
 会場のパイプハウス内にカセットコンロを準備
 事前に一度揚げ 食べる直前に もう一度揚げて仕上げていた
c0108460_23441919.jpg
4.竹筒燗酒(かっぽ酒)…[久川兼 西山]
 久川さんが数日前に孟宗竹を1本伐採し
 燗筒を工夫を凝らして 時間をかけて丁寧に2本作り 
 これにお酒を3升以上注ぎ込み たき火で2時間じっくりと燗をする
c0108460_23330230.jpg
5.田楽焼き・・・[谷口州リーダー 岩橋 長原 樋山 柚岡]
 半ドラに炭火を熾して網焼き
 コンニャク 厚揚げ等竹串挿しにして焼く
c0108460_23330405.jpg
 里芋を挿す竹串は再度細く削り直しながら
 焼くのは 久川兼さん提案で たき火で焼く
 これが非常に塩梅が良くうまく焼けた
c0108460_23442297.jpg
6.芋煮鍋・・・[甲斐 久川恵]
 甲斐さんが山形で食べて勉強してきただけに
 牛肉たっぷりで 非常においしいお汁である
 醤油味仕立てであるが牛肉の味に他の味が混ざり
 何とも言えない おいしい味に仕上がっており
 「おいしい!」と大好評で何杯もお代わりが出て
 残ると思った大鍋が殆ど空になった
c0108460_23442777.jpg
c0108460_23513342.jpg
7.ぜんざい…搗き立て餅入り・・・[女性部]
8.シシ肉・・・地元の的羽七郎さんが わざわざ届けてくれた
 直に焼けるように料理してくれている
c0108460_23325994.jpg
 ストーブの火で焼いた焼立ては柔らかくておいしい
9.女性部の自家製手づくり料理
   中野・・・①キューリの奈良漬 ②カブラの酢漬け
c0108460_23441859.jpg
   雨宮・・・③秋田いぶりがっこ ④リンゴの赤&白ワイン煮 ⑤ラスク
c0108460_23330021.jpg
c0108460_23442027.jpg
 
10.ビール・ノンアルコールビール・焼酎・ワイン・炭酸水
  持込お酒数種類 ジュース ウーロン茶等
11.デザート…各種お菓子多量
「山の料理だから 種類を減らそうとの目標であったが
 今回もご飯がないくらいで 
 後は食べきれないくらいの 種類と量であった・・・おいしかった!!」

c0108460_23442123.jpg
c0108460_23513453.jpg

c0108460_23513573.jpg
12:47 望年会開始…司会進行 [佐々木]
c0108460_23441774.jpg
挨拶・・・徐代表・岡田代表代行・立石助成金担当
c0108460_23513711.jpg
c0108460_23513872.jpg
12:55久川長老の乾杯音頭で懇親会開始
c0108460_23513943.jpg
パーティー会場はリニューアル「パイプハウス」である
26畳の室内は24人が3つのテーブルについても広々としている
・・・倍くらいの人数でもやれそうだ
c0108460_23514237.jpg
石油ストーブ1台だけであるが寒くない
乾杯と同時に久川長老や羽間さんが「かっぽ酒」をついで回り
c0108460_23513116.jpg
香がして まろやかでおいしい
何時もだと直ぐになくなる酒が 今日はあまり売れ行きはよくないようだ
搗き立て餅のつまみ食いや 芋煮鍋のおいしいボリュームやで
お腹の方が先に膨れたようである
c0108460_23514132.jpg
しかし それも最初の内だけの猫かぶりで
途中からは酒がないなどとも言い出している
c0108460_00034638.jpg
飲めない人たちも食べるのに忙しく 何時もほどの座の乱れもない
飲みながら食べながらの忙しいこと…
c0108460_23513025.jpg
何時もなら たき火の側に 直ぐに集まって来るメンバーも
今日はなかなか会場からは出てこない
c0108460_00100304.jpg
c0108460_00034758.jpg
途中でドアーが壊れて手直ししたり
c0108460_00034325.jpg
会員の小岩さんが落語を勉強しているとかで
10分程「小話集」の演目があったり
c0108460_00034498.jpg
賑やかさは延々と続いている
途中 ハイカーの来訪者もあった
孝子駅から客山ルート経由下山してきた 堺市からやって来た2人に
展望台のできるまでとか「みさき里山クラブ」の歴史とかを写真で説明したりして
方法活動と子どもを連れて再訪して欲しい友依頼した
c0108460_00095278.jpg
c0108460_00095029.jpg
2時間ほどして ある程度飲んで食べて しゃべって堪能した者は
たき火の周りに集まってきた
c0108460_00035112.jpg
ここでは 樋山さんが持ち込んだマシュマロを
竹の串に刺してたき火であぶって食べる 子どもたちの喜ぶことを
全員が喜々として楽しんでいる・・・甘くておいしい!と言いながら
焦がしたり 落としたり 子供以上の喜びよう
c0108460_00034974.jpg
c0108460_00034018.jpg
柚岡さんがダッチオーブンで焼いた焼き芋も
お腹が くちくなった人たちは 「うまい!」と言いながらも食べていた
c0108460_23442678.jpg
たき火の周りで遊んでいるメンバー以外は 徐々に片付けに取り掛かっている
c0108460_00035030.jpg
c0108460_00033744.jpg
冷たい水で もち箱や食器類を洗い 短時間で片付けも終わっていた
料理以外にも お酒を飲まない佐々木さんなどは
c0108460_00184952.jpg
今日の山への諸資材の運搬の行き帰りを軽トラで受け持ったり
今日持ち込む資材を昨日の内に 3軒以上も回って集荷して
今日に間に合うように準備したりと
パーティーが成功するには当日の分担作業以上に
見えないところで動いてくれている メンバーがいるからで
只 飲み食いだけの会員は 感謝感激あるのみ・・・!!

15:30 全員解散し下山

c0108460_00034257.jpg

[PR]
by kyousinomori | 2014-12-26 23:22 | 会員親睦会 | Comments(0)

みさき里山クラブ忘年会    by   (ナベサダ)

平成26年12月26日(金)
みさき里山クラブの本年最後の活動日は、恒例により忘年会で締めとなった。
朝は少々冷え込んではいたが、動き出すと良い天候にも恵まれた。
f0053885_20134396.jpg

f0053885_20141137.jpg
本日の参加者は24名(男18名、女6名)で、久しぶりの顔も数人来られて、
互いに協力して宴席準備も行われて良い忘年会で有った。
f0053885_20143697.jpg
本日のメニューと担当メンバー表は、総括の甲斐氏が詳細に書いて張り出されたので、解かり易く・・
それぞれが担当場所で準備が出来上がって行った。
f0053885_20145668.jpg
私たちが担当の餅搗きは、蒸し上がりに時間が掛かるので、火力を落とさないように燃やし続けたが、
4臼仕上げるのに・・予定のお昼を少しオーバーして出来上がった。
餅の丸め役は女性陣でヨモギ餅が一臼分あり、
出来上がり分を希望者に1個、アンコ餅で頂いたが本当に旨かった。
f0053885_20154873.jpg

f0053885_20194147.jpg
料理内容は芋煮、から揚げ、田楽焼き、ゼンザイ、カッポ酒、
そして地元の方から頂いた獅子肉、飲料関係は、ビール、焼酎、カッポ酒、等々
f0053885_20174381.jpg

f0053885_20184548.jpg
宴会は佐々木氏の司会で進行された。
徐代表の挨拶・・病気療養中の近況報告
f0053885_2020441.jpg
岡田代理代表・・助成金対象によるパイプハウスなどの作業効果、
岬町小学校や和歌山子供NPOなどによる里山活用実績、
そして里山クラブに若手メンバーの入会者が増えた事、
事例を上げ乍ら良い方向性を喜んでおられた。
f0053885_20202425.jpg
立石氏
大阪さりとも地域協議会・助成金の経過と今後も含めての説明、
会計を始めとして・・書類作成に当っての注意事項等
f0053885_20204844.jpg
乾杯音頭は長老・久川氏
f0053885_2021927.jpg
お酒とお餅と芋でお腹は直ぐに満腹感で有ったが、
会話しながら柔らかな獅子肉、揚げたてのから揚げ、
お芋・厚揚げ・こんにゃくの田楽、皆さん満腹だと云いながら・・
食べて飲んで賑やかな忘年会で有った。
f0053885_20214067.jpg

f0053885_20224034.jpg
時期が時期だけに・・しばらくすると、皆さん焚火の周りに集まりだした。
誰が準備したのか?長い竹串の先にマシュマロを付けて・・
焚火で焼きマシュマロを頂くと・・甘く口の中で溶けた。
f0053885_2023311.jpg
今年1年間を振り返ると・・良い年であったように思う。
岬町の全小学校が遠足に来てくれた事は、数年経てば・・
子どもや学校を通して孝子の森の認知度が自ずと上がる。
和歌山大学校や きのくに子供NPOを通しても、良い発信源となって広がりが出て来た事は、
更なる充実した里山に、期待度も上がる予感がする年の暮であった。
f0053885_20254310.jpg
・年の暮 餅搗く山に 立つ煙
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-26 21:51 | 会員親睦会 | Comments(0)

おもちゃ作り・整頓    by   (ナベサダ)

平成26年12月25日(木)
今日は、我が家の納戸に仕舞っている「おもちゃ作り」の半端材料チェックと整頓行う。
品数が毎年増えている事も有って、随分と場所を取っているので処分も考えているが、
使用の可能性を残しているのは、イベントの度に最初から作り上げると時間が掛かるので、
使用可能性の有るものは、半端資材として残している訳である。
今年のイベントの数々を思い出しながら・・何とか片付けて積りである。
f0053885_18315116.jpg

f0053885_1832695.jpg

f0053885_18322938.jpg

f0053885_18325195.jpg
職場で言うたら年末の棚卸と言った処であるが、点数も多々あるので整理に結構時間が掛かった。

同場所にはNPO法人の書類関係も保管している。
そろそろ処分しても問題はないとは思うが、堺市方面に行った折には法務局にて相談の積りである。

・欲張った 品だけ整理 苦労する
[PR]
by kyousinomori | 2014-12-25 19:37 | その他・交流会・サポート | Comments(0)