「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

<   2015年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

孝子駅の門松:産経新聞の記事に載った!!     by    (TATE-misaki)

平成27年12月27日(日)晴れ・くもり
12月25日に みさき里山クラブのメンバー(徐代表 柚岡さん)が 孝子駅に門松を立てた
その時 産経新聞社から中井美樹記者が取材に来た・・・その時の記事が今日の新聞に大きく記載されていた
c0108460_13370723.jpg
c0108460_13403055.jpg
c0108460_15424776.jpg
c0108460_15424958.jpg
徐代表が「孝子駅は昨年で100年目であるが 南海電車も岬町も何もしない
せめて 我々で 遅ればせながらでも 何かしようではないか・・・」との発想で
今の時季は 門松を飾るのがいいのではないかと決まった
そのため 役割主担当の 柚岡さんなどは準備に数日を費やしてきた
土台の箱・・・徐代表手持ちの板を使い その他の材料は新品がいいからと購入して 柚岡さんが自宅で製作して来た
c0108460_15345361.jpg
c0108460_15345116.jpg
竹・・・多奈川財産区「竹の里」より伐採して来た
c0108460_15412535.jpg
松・・・孝子の森の松を剪定
南天・・・中孝子の岡本さん宅から頂いた
c0108460_15411638.jpg
梅・・・梅がなかったので 徐代表が近所からウメモドキを採集してきた
葉牡丹・・・12株購入
これ等を軽トラに積み込み 25日に孝子駅へ行き現場で飾り付けをした
c0108460_15410676.jpg
c0108460_15410825.jpg
レンガ・土・水なども持参して オール自前である
斜め切りした竹を3本組立 根元に竹筒を5本づつ入れ その周りにビニール袋を敷き詰め砂を入れ 葉牡丹を植え付けた
約2時間ほどで飾り付けが終った
c0108460_15411940.jpg
c0108460_15411891.jpg
午後1時ごろ新聞の取材があった
孝子駅を乗降する 地元の人たちが喜んでくれたのが 我々としても一番うれしかった
この様子だと 毎年飾り付ける必要がありそうだなアーとも話し合っている


「Wikipedia]より転記
https://ja.wikipedia.org/wiki/孝子駅

孝子駅(きょうしえき)は、大阪府泉南郡岬町大字孝子にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK42

大阪府最南端にある駅で、大阪府と和歌山県の県境に位置しており、一部の1dayチケットなど大阪府内のみで利用できるチケットはこの駅までの利用となる。県境に近く周辺を山に囲まれており、南海本線の駅の中では最も乗降客が少なく、かつ最も停車本数が少ない。

北隣のみさき公園駅とは4.4km離れており、南海本線では駅間距離が最も長い[1][2]
Kyoshi Station.jpg きょうし - KYŌSHI

◄NK41 みさき公園 (4.4km)⇒(1.7km) 和歌山大学前 NK43►

所在地 大阪府泉南郡岬町孝子602番地 ・・・北緯34度17分27.25秒  東経135度9分2.98秒

駅番号●NK42  所属事業者 南海電気鉄道 所属路線■南海本線  キロ程56.3km(難波起点) 電報略号 ケシ

駅構造 地上駅  ホーム 相対式 2面2線

乗降人員 -統計年度-138人/日-2012年-

開業年月日 1915年(大正4年)4月11日

備考 無人駅

歴史[編集]


[PR]
by kyousinomori | 2015-12-27 15:58 | その他・交流会・サポート | Comments(2)

みさき里山クラブが新聞に    by   (ナベサダ)

平成27年12月27日(日)

今日の産経新聞18頁泉州版に「山間の無人駅 迎春ムード」南海孝子駅に門松!と題して記事が載った。

f0053885_19510551.jpg

今年で孝子駅が開業100周年を迎えた事から、みさき里山クラブの提案で駅前に門松を飾った。

山間の小さな無人駅に迎春ムードがあふれ、駅の利用客からも
「駅が華やかになった」と笑みがこぼれたの記されていた。
そしてみさき里山クラブの活動も紹介してあった。

私も昨日、和歌山方面に行く途中で立ち寄って見てきましたが、3本の竹を斜めに切って鉢に入れ、
松にウメモドキで松竹梅とし南天と葉ボタンで飾り、駅の改札入り口の左側と右側で一対にして見事に飾ってあった。

f0053885_19574117.jpg

徐代表、岡田顧問、柚岡氏、谷口眞澄さんの嬉しそうな顔も写真に載っていた。
みさき里山クラブとしても朗報なら、発信の少ない岬町としても良いニュースで有る。

・活性化 発信力が 物を言う


[PR]
by kyousinomori | 2015-12-27 15:09 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

孝子駅に「みさき里山クラブ」が門松を寄贈しました     by    (TATE-misaki) 

平成27年12月25日(金)曇り・晴れ 
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森       
(9:20~16:30) 参加会員10名 [雨宮 岡田 徐 立石 谷口州 谷口眞 久川兼 藤岡 丸山 柚岡]

c0108460_20404403.jpg
今朝方激しい雨が降ったようである あちこちで水たまりが出来ている
c0108460_20404205.jpg
外気温は10度あまり寒さは感じない
しかし 午後から晴れてきたが 逆に気温が下がってきたようである
c0108460_20404085.jpg
みさき里山クラブとして 今年最後の定例活動日である
c0108460_20421435.jpg
参加者も10名とまずまずであり 特に女性部は忘年会の片付けもあるので 4名も言い合せて出てきてくれた
*ラジオ体操
*ミーティング
c0108460_20403510.jpg
*北尾根新山道作り第13日目
 *土留め用桜の芯の移動・・・[谷口州 久川兼]
  山道に運び上げていた 大きな桜芯を作業予定地まで移動
 *枯れ桜芯を削って杭作り・・・[久川兼]
  土留め用桜芯を止める杭を20本ほど作った
 *北尾根新山道作り・・・[久川兼]
c0108460_20550555.jpg
  22日の作業の継続で 斜面の道作りを延伸する作業
c0108460_20574369.jpg
  斜面の登りになるので足場も悪く シダの腐葉土も 取り除かねばならないので
c0108460_20551509.jpg
  道作りも遅々として進まないが それでも着実に毎回10m以上は開拓出来ている
c0108460_20574528.jpg
  今日も4時過ぎまで残業である
c0108460_20574994.jpg
*自生松の移植・・・[岡田 谷口州 立石]
c0108460_20420866.jpg
c0108460_20470725.jpg
  東尾根に自生して 込み合ったり 通路に自生した松の苗木を掘り起こして 
植林すべく掘った穴に5本移植した
c0108460_20421098.jpg
c0108460_20470575.jpg
  埋める時に炭も混ぜ 風で根が動かないように 竹の支柱で固定した
c0108460_20471008.jpg
*孝子駅の門松作り・・・[徐 柚岡]
c0108460_20483527.jpg
 *孝子の森で松を2枝剪定
c0108460_20421263.jpg
 *中孝子の住宅で南天を4枝頂いた
 *ツルウメモドキを徐さんの家の近くから採集
 *葉牡丹12株は柚岡さんがコメリで買って準備
 * 準備していた斜め切りした竹6本や 土台の箱などを軽トラに積み込み孝子駅へ移動
*孝子駅で門松の組立
c0108460_20482984.jpg
  孝子駅の入口左右に土台の箱を固定し
  竹筒を5本入れ 周りにゴミ袋を広げ 山から持って来た砂を入れた
  竹筒には水を入れ松・南天・ウメモドキを挿し 土には葉牡丹を植付た
c0108460_20483216.jpg
 *門松の前に徐さん作成の小さな看板も取り付けた
  「2016年 孝子駅 101年おめでとう!」「みさき里山クラブ」
c0108460_20483732.jpg
c0108460_20551125.jpg
c0108460_20550935.jpg
*「産経」「毎日」新聞社取材・・・[岡田 徐 立石 谷口州 谷口眞 藤岡 柚岡]
 南海電車みさき公園駅助役も立会い 徐さん中心にインタビュー・写真撮影
c0108460_20551304.jpg
 (何人か駅を利用している地元の人たちも 大いに喜んでくれた)
c0108460_20550746.jpg
*柿の防鳥ネットの取り外し・・・[岡田 谷口州 柚岡]
c0108460_20471303.jpg
c0108460_20574798.jpg
*10m×10mのブルーシート片付け
*忘年会の後片付け・・・[女性部]
c0108460_20470210.jpg
*料理部・・・[女性部]
  みそ汁・ぜんざい・コーヒーの準備
c0108460_20403887.jpg
c0108460_20471559.jpg
  ホクオーのパン・ラスク・九州ヤマガワイモのヤキイモ 差し入れのミカン・お菓子等々
  食べきれずにお土産にも持ち帰った
c0108460_20403710.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2015-12-25 21:04 | 2015年活動状況 | Comments(0)

社協の評議委員会にて    by   (ナベサダ)

平成27年12月24日(木)

今日で大阪府下の小学校~高等学校の2学期は終了となった。
今年も間もなく暮れようとしている中、
1年が実に早く感じるこの頃である。

午前中は高校支援活動~社協・評議委員会~役場・保井氏に昨日のみさき里山クラブ訪問のお礼(会議中)~
下校見守りに立つ、終わったら次へ次へと慌ただしい半日で有った。

f0053885_19332552.jpg

社協の評議委員会(みさき里山クラブの担当として参加)は、補正予算の案件審議である。

議長選任では、ご指名により議長役を引き受けて、案件審議の進行であるが・・
説明事項は社協の事務局担当者にて説明がされる。

議案

平成27年度 補正予算の説明と審議

予算案件とは別に報告事項として、

・特定個人情報保護方針の件

27年度の共同募金の報告の件

・その他(チャリティーゴルフ・12月~1月度の行事予定)

議案は全て問題点も無く無事に終了となった。 

f0053885_19264870.jpg

参加と同時に、みさき里山クラブとしての大阪アクティブシニア・入門講座の協力依頼と
パーポイントに関する器具一式・借用手続きを行う。

・振り返る 今年もバタバタ 年の暮



[PR]
by kyousinomori | 2015-12-24 19:53 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

和歌山大学生「里山体験」 & 餅つき忘年会 in 孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成27年12月23日(水)曇り・雨 
みさき里山クラブ「忘年会」・・・孝子の森
(9:20~15:50) 参加会員21名 
[雨宮 岡田 甲斐 小岩 桂 徐 立石 谷口州 谷口眞 中山 長原 
中村明 西山 羽間 久川恵 久川兼 樋山 藤岡 丸山禮 柚岡 渡邊] 
特別参加者 5名 和歌山大学生:14名 総計 40名 
今日は餅つき忘年会と和歌山大学生の里山体験のダブルイベントである
午後からは合流して交流会・忘年会となる
天候は昨日と暗転して 朝から どんよりとした曇り空である

c0108460_23192470.jpg
天気予報は15時から小雨・・・
降り出すのが遅れることを期待しながらイベント開始となった
*和大生を孝子駅で出迎え・・・幹事は養父教授・・・[立石]
*孝子の森へ案内・・・[立石]
c0108460_23192776.jpg
  途中珍しい山野草などを説明し 養父教授にも 補足してもらいながら歩いた
c0108460_23193042.jpg
c0108460_23191689.jpg
*孝子の森に到着
c0108460_23191943.jpg
 ・・・徐代表 岡田顧問の挨拶
   全員での集合写真
c0108460_23331320.jpg
*孝子の森「里山体験」一周散策
 ・・・案内[岡田 立石 小岩 中村 藤岡]
  和大生 13名と養父教授
 広場→カゴノキルート・・・孝子の森掲示板・ぜんまい畑・キンラン保護・カゴノキの特性説明
c0108460_23330387.jpg
 シュンランの道・・・ドングリの芽生え・ネジキ
c0108460_23330509.jpg
 南尾根・・・アカマツ・黒松:樹齢の計算の仕方・リョーブの自生苗
c0108460_23330755.jpg
       モチツツジの狂い咲き
c0108460_23330971.jpg
 
 西尾根・・・孝子の森管理地全体の説明・松と養分との関係・クロバイ・特定外来種ナルトサワギクの駆除・イヌツゲ
c0108460_23331136.jpg
c0108460_23355638.jpg
 展望台・・・360度の風景の説明・ウラジロ飛行機とピョンピョン蛙
c0108460_23355003.jpg
 桜道下山→クヌギ谷・・・コナラ大木が根こそぎ倒れた現場・原因と諸問題
c0108460_23355213.jpg
     [タチツボスミレも各所で咲いている]
c0108460_23355491.jpg
 北尾根新山道作りの現場見学・・・枯れ桜の芯材の使い方
c0108460_23462995.jpg
「岡田さんの詳細な説明を 何処まで理解してくれたかは不明であるが
 熱心にメモを取り その都度スマホカメラに収めている学生はいた
 今後の学習に少しは役立ってくれるものと期待したい」

c0108460_23463134.jpg
特別参加者[荒木OB 高橋協力会員 的羽七郎・節子夫妻 桂会員の旦那さん]
     [日本工営:伊藤部長は挨拶のみ]
c0108460_23192211.jpg
c0108460_23243032.jpg
餅つき忘年会準備
*餅つき・・・もち米4臼分は甲斐さんが2日間漬けて準備
c0108460_23463234.jpg
 カマドで蒸して 薪ストーブでお湯を沸かす
 石臼や杵をお湯で温めてから餅つき開始・・・突き手は 西山 柚岡 桂(夫)
c0108460_23462728.jpg
 和大生
 白餅2臼 よもぎ餅2臼
*餅丸め・・・[女性部]
 白餅 よもぎ餅 各1臼分は あんこ餅にする 残りは全て丸餅
c0108460_23474333.jpg
c0108460_23463490.jpg
 ちょこちょこと つまみ食いの お願いに来る会員もいた
*半ドラに炭火を熾して鉄板焼き・・・[谷口州 長原 他男子部]
c0108460_23242855.jpg
 シシ肉焼き・・・的羽七郎さん持参分
 鶏モモ肉焼き
 焼きそば
 ・・・全て40人分だから相当の量になる
c0108460_23474972.jpg
c0108460_23475188.jpg
*アジ干物のたき火での串焼き・・・[男子部][的羽七郎さん]
c0108460_23544440.jpg
 アジ60匹を半身づつ串に刺して たき火の周りに挿して焼く
 120本の串が並ぶと壮観である
c0108460_23462571.jpg
*芋煮・・・[甲斐 女子部]
c0108460_23544768.jpg
 久川兼さん栽培の里芋(親芋)を主に 上質の肉や大根・人参等具だくさん
c0108460_23555668.jpg
 イリコと昆布と里芋の残った皮との出汁が最高の味
 和大生もおいしいとお代わり続出 大鍋が直ぐに空になってしまった
c0108460_23555205.jpg
*淡輪タコの茹で・・・[丸山]
 丸山さんが今日のために 長松海岸などで タコを沢山釣って来てくれた
 生タコを大鍋で茹でて ぶつ切りにして出してくれた
 女子大生も生タコを手づかみにして 鍋に入れる体験をしていた
c0108460_23242609.jpg
*里芋焼き・・・[久川兼]
 アルミフォイルで巻いて たき火で焼いた
*かっぽ酒・・・[久川兼]
 久川さんが孟宗竹で作った竹筒にお酒(丸)を入れて たき火で燗をする
 どんなお酒でもまろやかな おいしいお酒に変身する
c0108460_23474604.jpg
*飲み放題
 ビール缶 ノンアルコール チューハイ お酒等十分に揃っている
*ナスビのあえ物やミカンも準備
c0108460_23242409.jpg
懇親会開始(12:10~14:10)・・・(甲斐司会)
c0108460_23544944.jpg
 岡田顧問挨拶
c0108460_23545107.jpg
・養父教授挨拶
c0108460_23545454.jpg
・保井岬町室長・・・挨拶
c0108460_23543984.jpg
 久川兼:乾杯の音頭
c0108460_23544254.jpg
 乾杯と同時に飲み始めたが 食べるのも忙しい
c0108460_23555479.jpg
 搗き立てのお餅も 全員に3個づつ配られている
c0108460_00022554.jpg
 アジの串焼きと 芋煮は抜群の味である
c0108460_00022730.jpg
 珍しいシシ肉焼きもある カッポ酒はうまい
c0108460_00034733.jpg
 学生も会員も教授も地元の人も入り混じって ワイワイガヤガヤと時間は瞬く間に過ぎる
c0108460_00022385.jpg
c0108460_00022130.jpg
 懇親会が始まったころから雨がポツリポツリと・・・14時ごろには本降りになって来た
c0108460_00021932.jpg
 準備が出来ていたので雨の影響は少なかった
 終りごろにはたき火を囲んでの会話も弾んだ
c0108460_00035259.jpg
c0108460_00035043.jpg
c0108460_00034582.jpg
c0108460_00021703.jpg
c0108460_00075888.jpg
二次会(14:10~15:30)・・・[養父教授 高橋協力会員 的羽節子さん 甲斐 立石]
 たき火も消されてしまい徐々に寒くなる中で 「バンブーハウス」の中で延々と飲み会継続
c0108460_00080086.jpg
 話題もあちこち飛び回りながらも飲み続けた
 帰りは甲斐さんの奥さんの車で 酔っ払いどもを 各自の自宅まで送り届けてもらった
・・・甲斐さんの奥さん 「ありがとうございました!」
c0108460_00075591.jpg


[PR]
by kyousinomori | 2015-12-23 23:50 | 会員親睦会 | Comments(0)

みさき里山クラブ「餅つき忘年会」    by   (ナベサダ)

平成27年12月23日(水)

孝子の森

f0053885_20110069.jpg

到着すると同行の甲斐氏は餅つきの準備に追われる中、私は和歌山大学生二人と春蘭道の清掃に行く。

f0053885_20145170.jpg

f0053885_20183415.jpg
f0053885_20121320.jpg
f0053885_20125920.jpg
落葉や土砂の流れたものを払い除け乍ら上る。
その流れで尾根を一回りして展望台へ、どんよりと曇って遠望は悪いが、
2人の大学生が建築科だそうなので、展望台立上げ話をしながら広場へと下りて来た。

その後は雑務係の様に、岬町長の代行で保井室長を迎えに途中まで行く~来賓者との交流

f0053885_20175176.jpg

~学生たちと配膳等々。
f0053885_20194838.jpg

徐代表は忘年会の準備をしてから病院へ、忘年会全般の代行を岡田顧問が引き継いで、
初参加の学生たちと尾根コース~展望台へと案内。
下山後は間もなくして忘年会が開催された。

f0053885_20185966.jpg

f0053885_20192703.jpg

岡田顧問の挨拶

f0053885_20202255.jpg

~和歌山大学・養父教授の挨拶
f0053885_20212947.jpg
~田代町長代行・保井室長の挨拶
f0053885_20215680.jpg
~久川長老の乾杯~宴席が始まった。
f0053885_20221167.jpg

食べ物のメニューは焼きそば、鯵の干物・串焼き、シシ肉・鶏肉、泉州タコ、芋煮、等々。

f0053885_20222834.jpg

久川氏作のカッポ酒が一回りして、山の話に海の話にイノシシの話~タコの話など、
他愛もない会話でも、食べて飲んで宴は盛り上がって行く。

f0053885_20225928.jpg

f0053885_20232783.jpg

屋外での忘年会は、だんだんと焚き火の傍に人が集まり出して、小雨がチラチラする中で中締めとした。

f0053885_20240419.jpg

f0053885_20241954.jpg

・餅搗きを 囲んで地域も 丸くなり



[PR]
by kyousinomori | 2015-12-23 23:34 | 会員親睦会 | Comments(0)

北尾根新山道作り第12日目 & 忘年会準備 in 孝子の森     by    (TATE-misaki)

平成27年12月22日(火)晴れ
みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森

c0108460_21033771.jpg
(9:20~16:10) 参加会員9名 [甲斐 徐 立石 谷口州 長原 羽間 久川兼 柚岡 渡邊]
雲一つない小春日和のようだ
風もないから 外気温10度以下でも寒く感じない
絶好のボランティア活動日和であるが 火曜日はあまり参加者は多くない
山道は全て落ち葉の絨毯である その分黄葉は 少し隙間が見えて来た
c0108460_21034052.jpg
カサコソと山へ歩いていく気分は 何とも言えずいい気持である
c0108460_21033261.jpg
c0108460_21034242.jpg
*ミーティング
*北尾根新山道作り第12日目・・・[久川兼]
  急斜面を横切って作る山道は困難の連続であり
  木の根っこが真ん中に出てきても 逃げられず 根を引き抜くしかない
c0108460_21310858.jpg
  毎回2~3株にはぶつかる
c0108460_21310602.jpg
  ベテランの久川さんが難所であると 言う箇所も どうにか終了に近い
c0108460_21310417.jpg
  運び上げた 桜枯れ木の芯も 殆ど使いつくしているので 次の材料を探す必要がある
c0108460_21305825.jpg
  桜の芯で土留めを最初に設置して固定 道幅だけ 斜面をツルハシで削り取る
  20㎝以上もあるシダの根の腐葉土は 土留めの端に並べて二重の土留めとする
  その上に斜面を崩した土を盛って行く
  場所によっては10~20cmの石が ゴロゴロと出て来る
  これらの石も土留めに うまく利用する・・・これは誰でも出来る作業ではない
c0108460_21340253.jpg
  他の会員が作業終了しても 4時過ぎまでは残業して山道作りをしている
c0108460_21335975.jpg
  どんなに誘っても作業を止める気配はない
  みさき里山クラブの一番の元気者で 働き者である
c0108460_21335431.jpg
*桜芯の杭作り・・・[羽間]
  枯れ桜の皮を剥ぎ 腐った幹を削り取り 芯だけにする
  これを使って土留め用材や杭にする
*広場からの登り階段の大補修・・・[立石 渡邊]
  前回の補修箇所はイノシシにずたずたにされてしまった
  土の中には 確かにミミズは居るが 小さな子供でありイノシシの餌には値し
c0108460_21423282.jpg
ない
  土を掘り起こすのは こんな小さなミミズを狙ってではないと思うが 
  イノシシに根負けせずに補修に再挑戦
c0108460_21402623.jpg
  以前より階段の横幅を倍にして 広い登り易い階段作りを試みたが やや段差が高過ぎるきらいはある
c0108460_21422998.jpg
*里芋の皮剥き・・・[甲斐 谷口州 長原]
c0108460_21310035.jpg
  久川さんが山の畑で栽培した里芋が 豊作であった・・・忘年会に芋煮をする
  その里芋を半ドラに入れて 二股の棒で掻きまわす
c0108460_21310248.jpg
  孝子小学校まで軽トラで運び 水道水で洗いながら作業をした
c0108460_21403934.jpg
*里芋を包丁で皮剥き・・・[甲斐 谷口州 渡邊]
  棒で大ざっぱに皮剥きを済ませた里芋を 包丁で丁寧に皮剥きをした
c0108460_21403447.jpg
*大型ブルーシート張り・・・[甲斐 谷口州 長原]
  10m×10mの大型シートを 「バンブーハウス」横にテントとして張った
  明日の忘年会は午後から雨の予報のためである
  この下にテーブル4脚を移動して対応予定
c0108460_21402940.jpg
c0108460_21403663.jpg
*門松の準備・・・[柚岡]
  25日に孝子駅に門松を寄贈する
  その土台部分を柚岡さんが自宅で製作して来た
c0108460_21403197.jpg
  中に入れる竹筒を10個作り 松やウメモドキや葉牡丹を挿す予定
c0108460_21033557.jpg
*忘年会用用具を搬送・・・[徐]
  蒸篭やもち箱を洗うために持ち帰ったが 中には虫の巣もあり 壊れている部分もあり
  大修理と 大洗浄で 大仕事になってしまった
c0108460_21335709.jpg
  洗うべく持ち帰った竹串も 割れた間にカビが生えていたりして
  やむを得ずにすべて細く削り直した
  簡単に洗うだけの作業のつもりが 1日半も掛かる大仕事になった
  それらの苦労の賜物を孝子の森まで運んできた
c0108460_21033071.jpg
*トイレタンクに水補給・・・[甲斐 立石]
  孝子小学校に下りた軽トラで 20ℓポリ容器4個に水を運び上げてもらった
  2つの簡易トイレに60ℓの水を補給
  明日の忘年会で40人以上が利用しても問題ないようにした
c0108460_21422732.jpg
  


[PR]
by kyousinomori | 2015-12-22 21:48 | 2015年活動状況 | Comments(0)

みさき里山クラブ定例活動日・・・孝子の森    by   (ナベサダ)

平成27年12月22日(火)

本当に12月下旬なんだろうか?と思うぐらい、好天に恵まれて暖かな気候であった。

高校支援活動~少し遅れてみさき里山クラブの活動に参加する。
孝子小学校のメタセコイアの木も年の暮の姿に成って来た。

f0053885_18582496.jpg

孝子の森広場への道を歩いていると、少し霧が掛かっていたのでしょう・・木々の間からの陽射しが輝いていた。
落葉道には真赤な冬イチゴも満開である。

f0053885_18584851.jpg

f0053885_18590645.jpg
f0053885_18592321.jpg

広場に到着すると作業は始まっていた、

本日の出席者は9名で、作業は忘年会を明日に控えて準備が最優先となったようだ。
里芋の皮むきに孝子小学校へ車で走って、簡単に水洗いする甲斐氏と長原氏、
北尾根ルートの道づくりは久川氏、

f0053885_19005622.jpg

孝子駅開業100周年の記念門松準備は柚岡氏、
イノシシに荒らされた階段補修は立石氏が頑張って居られた。
f0053885_18594736.jpg
遅刻組の羽間氏は桜の芯材の処理、谷口氏はテント張りの準備、私は主に階段作りサポートであった。

f0053885_19002890.jpg

明日は昼頃からは雨予報なので、テントを張って固定対応する。
未だ参加人数は完全把握されていないが、岬町長や和歌山大学生も招待して、賑やかな忘年会となりそうである。

f0053885_19015199.jpg

明日は私の望海坂自治区も餅つき大会~みさき里山クラブの忘年会も餅つきは恒例である。
ダブル餅つきで・・バタバタしそうだが・・何とか雨は我慢して欲しいと願う。

・師走など どこ吹く風の 里に山



[PR]
by kyousinomori | 2015-12-22 20:53 | 2015年活動状況 | Comments(0)

「アクティブシニアがあふれる大阪事業・入門講座」会場決定    by   (ナベサダ)

平成27年12月21日(月)

アクティブシニアがあふれる大阪事業・入門講座の会場を中孝子の集会所に決めて、自治区長に面会して借りる事にした。
講演が終了したら“ハイさようなら”では無くて、コーヒータイムで交流しながら、活動団体の紹介を予定にしたからである。

f0053885_18492087.jpg
f0053885_18484456.jpg
f0053885_18485679.jpg

みさき里山クラブの活動日に持参、最終決定としてチラシ作成の積りで有る。




[PR]
by kyousinomori | 2015-12-21 20:16 | その他・交流会・サポート | Comments(0)

27年度「アクティブシニアあふれる大阪」事業(入門講座)打ち合せ    by   (ナベサダ)

平成27年12月20日(日)

27年度「アクティブシニアあふれる大阪」事業、入門講座に打合せに、
午前中は中川氏(元・天王寺動物園長)、午後は徐氏(元・飛騨国際工芸学園講師)と面会、講演の打合せと確認を行った。
後は岡田氏(みさき里山クラブ顧問)や会場の確認をして、来週初めには広報活動できるようにする予定である。

中川氏とは、17区集会所にて色々な資料の中から「野生動物の話」をお願いする予定である。

徐氏宅では、沢山の植物の種子が標本整理されていた。
それぞれの種子には、子孫を増やす仕掛けがあり、標本を参考に「植物の生態話」を依頼する。

f0053885_19284069.jpg

f0053885_19291229.jpg
                    テイカカズラの実
f0053885_19285726.jpg
                      コブシの実


[PR]
by kyousinomori | 2015-12-20 21:19 | その他・交流会・サポート | Comments(0)