「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

手作り旅行  by (岡田)

平成13(2001)年12月8日
秋の旅行は奈良県の曽爾高原でしたが、皆さんの創意と工夫によって、
楽しい秋季合宿となりました。 
先ずバスを2台にしてゆったり座れたこと。
バスの中での観光案内も手書きの絵で、地元出身の人の説明がとてもよかったと思う。
夜の会食は地域別にテーブルを囲み、
各テーブル名も地元の地名を採用して親しみが持てるように工夫されていたし、
また、色付きのローソクのともる雰囲気は最高でした。
食事にも手作りクッキーが出され、なんとツル編みの籠に入っているではないか。
準備には大変手間がかかったことでしょう。
とにかくいろんなところで準備していただいた人たちの温かみのあふれる旅でした。

初日の自然観察では地元の植物に詳しい先生の指導を受けて、
初めてみるツルリンドウの赤い実や
薄暗い植林地の中でのマムシグサの実が特に印象に残っている。
花は少なかったが、アキノタムラソウ、アキノキリンソウなどが見られた。
9月の下見の時にはサワギキョウ、ツルニンジン、オミナエシカワラナデシコなど
多くの花があったが今回は花の時期には遅く残念でした。
[PR]
# by kyousinomori | 2001-12-08 19:04 | 設立前の経過 | Comments(0)

近況報告  by (岡田)

平成13年(2001)9月7日
7月~8月は約30日間、海のアルバイト・エクセルで給料計算など
毎週月曜日は自然環境に関する勉強会
①地球環境
②植物生態学
③昆虫分類、生態学
④奈良公園の植生
⑤枚岡神社での昆虫採取
⑥奥猪名健康の里で一泊研修
以上、皆好きなように元気に暮らしております。
浜ナデシコも畑で栽培し、少しづつ増やしていって町内に広めたいとおもいます。
[PR]
# by kyousinomori | 2001-09-07 18:59 | 設立前の経過 | Comments(0)

『里山の自然と生活環境』に興味  by (岡田)

平成13年(2001)8月26日
台風11号も無事に通過してくれてなによりです。
まだ海でバイトをやっていますが海ももう終わりでほとんどお客さんはありません。
今年で4年になるのでだいぶん古だぬきの部類に入るようですが、
地元の人とのつながりができて、いい面もたくさんあります。
次に私の関心ごとを書いてみましょう。
『里山の自然と生活環境』里山自然が元気に残っている地域は、
生態系が生き生きとしており、そこには多くの生き物が生息でき、
そこに住む人間も生き生きする。
地域に生きものが多いいのと生活環境とは深い関係があり、
いろんな動植物ともに暮らせる環境こそ人間にとっても暮らしよいはずだ。
里山の自然はもともと農業生産のために形成されたもので、
今でも、そのために重要な役割を持っている。
最近では、農業のほかに付加的な価値まで持つようになった。
ひとつは、生態系や生物の多様性を保護すること。
もう一つは、人間の日常生活にうるおいを与えるという大切な役割がある。
 里山自然があると、ジョギング、バードウォチングや摘み草などができる
オープンスペースを確保できる。
子供達が探検ごっこをしたりドジョウを獲ったり、
蝶やトンボを追っかけたりすることが出来るような場所も提供できる。
このオープンスペースはゴルフ場や都市公園と違って、
さまざまな生きものが暮らし、自然が生きている。
ここでは運動をしながら自然と触れ合うことが出来る。
自然と切り離されたところで生活している多くの現代人にとって
里山自然は自然との健全な関係を呼びもどすことができる空間なのだ。
ということで、こころのすさんだ小学生たちの遊び場を作り、
元気にあそんでもらいたい。
別な言葉で里山保全とも言われていて、自然環境を良くするだけでなく、
そこで生活する人たちが皆健全になる活動を始めたい。
里山保全に定年組みも参加すれば年配者も元気になっていって、
医療保険も少なくてすむのではないでしょうか?
幸い岬町には里山的な自然環境に恵まれています。
私もゴルフ場の下の谷で少しの畑を借りていますが、
付近には、まだ小動物がたくさんいます。
カエル・ヘビ・トンボ・蝶・小鳥たち・大型のアオサギやトンビ・
海岸付近ではミサゴも見られます。
また海辺の観察では大阪から沢山の人たちが長松海岸にきていますが
地元の人は案外、関心がないようです。
この恵まれた自然を地元の人たちにもっと利用できるようにしたいものです。
そんな考えで、昨年は「自然かんさつ塾」に参加し、
今年はシニア自然大学に参加しています。
ここでは定年組がほとんどで、楽しく学んだり、
飲みに行ったりしてすぐに友達になれました。
ただ大阪でも北のほうの参加者が多く岸和田以南では私だけのようです。


                   H13・8・21  岡田憲政 
[PR]
# by kyousinomori | 2001-08-26 18:44 | 設立前の経過 | Comments(0)

自然観察の日々  by (岡田)

平成13年(2001)7月14日
私は例年のバイトを始め忙しくなりました。
それでも自然観察だけは続けています。
6月15日には六甲の森林植物園で六甲の名花で幻の花とも言われている
『シチダンカ』というアジサイを見学してきました。
これは江戸時代に来日したオランダの医者であるシーボルトが、
そのころに日本の花としてオランダで『シチダンカ』を紹介したが、
日本人では誰もこの花を見た者がいなくて長い間ナゾとされていた。
ところが昭和34年に六甲ケーブル山頂駅付近で見つけられた。
そんなことで幻の花と言われていて、実に130年ぶりの再発見となったわけです。
現在では、この植物園で約3000株が栽培されていて、青色の小さい花で、
一見高山植物のような雰囲気があります。
植物園では他にナツツバキ(沙羅双樹の木)の黄色の花やキャラボクなどもあって、
シーズンを変えてまた行ってみたいと思います。

 7月5~6日には兵庫県の奥猪名健康の郷で合宿があり
60名の仲間たちと思い切り飲み明かしてきました。
ここではノリウツギの白い花が盛りでしたし川べりにはオニグルミの木が多く,
秋にはクルミを拾いに行こうかとも言ったりしていましたが、
そのうち忘れてしまうでしょう。

 7月10日には奈良公園で観察会があり、野芝と鹿と昆虫の関係を学びました。
芝が生産者でこれを鹿が消化し、鹿の糞を昆虫が分解して芝の肥料とする。
この一連の連鎖がうまく機能していて、綺麗な芝が確保されているようです。
 今年はこんなことをして遊んでいるところです。

           2.001・7・14 岡田憲政
[PR]
# by kyousinomori | 2001-07-14 18:32 | 設立前の経過 | Comments(0)

自己紹介  by (岡田)

平成13年(2001)2月12日
自己紹介              00’.12.12
出身地は鳥取県西部地震があった震源地に近い会見町でして、
10月末には一週間帰省して、実家の屋根修理を手伝って来ました。
家は瓦がずれた程度で素人でも直せる程度で、
幸いでした。他には石垣が崩れたり、墓石が倒れたりしていますが、
日常生活には支障なく、来年暖かくなってから直すそうです。
学生時代は富山に4年間いましたが、
北アルプスの立山・剣への山登りばかりやっていて、あまり勉強した覚えがありません。
むしろ山での団体生活等でチームワークの大切さを学んだように思います。
就職は堺市で36年間働き、60歳で定年になってから、もう4年にもなります。
趣味はスポーツでテニスとゴルフは現在も続けていますが、
腕前のほうは10人並みと言ったところでしょうか。
テニス倶楽部の仲間を中心にして地域の人との交流も広がって、
今では農家の休耕田を借りて野菜や草花を栽培したり、
役場の人たちと一緒に地域活性化を考えたりしています。
通勤中は地元に対して何もしていなかったから
多少でもなにか役に立つことをやろうと考えて
障害者の移送ボランテイアや住民会議にも参加していますが、
まだこれと言った活動は出来ていません。
私としては面積の80%は山林で占められている岬町ですから森林を手入れして、
住民が森の中でのんびりとくつろげるようにし、自然の大切さを皆に知ってもらいたい。
私自身はもともと田舎の里山的な環境で少年期を過ごしたものですから
山林の中へ入ると、故郷へ帰ったようで、なんとなく気分が落ち着きます。
キノコを採ったり、栗を拾ったり、
下草を刈り、木を切って炭を焼いたりするのがとても楽しいのです。
そんな思いで里山保全の勉強を始めました。
ツアーへの参加理由は
川喜多二郎さんのネパールのシーカ村への開発プロジェクト報告を読み、
住民サイドに焦点を置いた協力で村人に大変喜ばれていると知ったのがきっかけで、
自然保護の状況と8,000m級の山も見たいです。
      
                   岡田憲政
[PR]
# by kyousinomori | 2001-02-12 18:02 | 設立前の経過 | Comments(0)

竹炭の諸問題と住民会議  by (岡田)

平成12年(2000)5月9日
竹炭は今年に入ってから3回窯焚きをやりましたが、未だ満足のいく品物が出来ず、
目下壁にぶつかって悩んでいます。
また先進地に見学に行きノウハウを聞き出す必要がありそうです。

もひとつは住民会議とゆうのが始まって、
10名ほどで岬町の問題点や今後のあるべき姿などを議論しています。
そんなことで畑が少しお留守になって、草取りが大変です。
キヌサヤエンドウ・
ソラマメ・イチゴが今収穫期で
タマネギ・ジャガイモ・スイカ・トマト・ナス・キュウリ・トウモロコシなどが植えてあります。
[PR]
# by kyousinomori | 2001-01-01 23:15 | 設立前の経過 | Comments(0)