「みさき里山クラブ」(孝子の森)のホームページ

kyousinomo.exblog.jp

活動拠点:深日財産区整わず

2002年(H14)8月18日…荒木氏 馬山氏 入会

8月20日
  岬町住民会議[戸口 岡 酒井宜 徐 川島 荒木 竹本 久先生]

8月26日
  深日財産区…里山保全活動地として利用願い提出するも
           松茸山が近くにあって拒否された
# by kyousinomori | 2002-08-20 23:40 | 2002年活動状況 | Comments(0)

里山保全活動の勧め  by (岡田)

平成14年(2002)6月10日
里山保全活動の提案
1.目的
最近では国産材の値下がりで山林の手入れが
放置されているところが多くなってきております。
この山林を下草刈り、ツル切り、間伐、などの山仕事を
町民の手で少しでも進め森林本来の姿にしようとする町民活動です。
間伐されていない林では下草がはえず、
保水能力の不足から山崩れ、洪水などの災害が起こる可能性があります。
また、川から海への綺麗で栄養に富んだ水の供給も不可能になります。
森は海の恋人といわれていて
、立派な森のある地域では海も豊かになると云われています。
 立派な森にするには相当の人数とかなりの重労働が必要になります。
したがって一般の町民にとっては苦しい作業で長続きしません。
そこでたのしく過ごせるようなイベントも取り混ぜた活動がないとみな来てくれません。
松ボックリの人形を作ったり、山で採ってきたツルで籠を編んだり、
野草料理をつくったりして楽しみながら森の中ですごせば、
自然に対する理解も深まってくるでしょう。
 森の手入れがある程度進み、参加者の体制も固まった時点で、
小学生の自然体験学習の受け入れも計画してみたい。
最初は定年退職組の有志で準備を進めてゆき
来年度から本格的な活動に入りたいと考えます。
2.活動場所
深日財産区内:古池の上流付近
3.推進母体
岬町まちづくり住民会議
担当者:住環境部会座長 岡田憲政 
# by kyousinomori | 2002-06-10 23:46 | 2002年活動状況 | Comments(0)

活動拠点探し

2002年(H14)6月2日…「岡田」
  富山大学山岳部OB会…赤谷山登山

6月9日…「岡田」
  活動拠点探し
  深日財産区…古池の奥がよさそうだ(堀口氏)

6月14日…「岡田」
  ピアッツア5の隅窯活動…竹材窯詰め

6月24日…「岡田」
  うみべの森を育てる会…椅子づくり

6月21日…「岡田」
  活動拠点探し
  深日財産区…里山活動地下見
# by kyousinomori | 2002-06-02 18:26 | 2002年活動状況 | Comments(0)

うみべの森を育てる会定例活動に参加

2002年(H14)5月19日…「岡田」
  うみべの森を育てる会…植樹イベント

5月26日…「岡田」
  うみべの森を育てる会…道作り
# by kyousinomori | 2002-05-19 18:23 | 2002年活動状況 | Comments(0)

緑山の草刈り作業状況  by (岡田)

平成14年(2002)5月9日
「里山倶楽部」の体験活動の
河南町では真っ赤な紅梅が満開で、マンサクの黄色の花も初めて拝見しました。

緑山の下草刈を始め、花見が出来る場所だけは整備完了です。
草刈とは云うものの、笹がほとんどでなかなか手ごわい。
それでも綺麗になって行く斜面を眺めていると気持ちいいものです。
始め1~2回は気がつかなかったのですが、よく見るとマンリョウの木が方々にあって、
40cmくらいのものには実が付いているではないか。
知らずに何もかも切り倒していた自分が恥ずかしい。
これからはマンリョウを確実に残すために刈り始める前に
竹で添え木をさしてから、作業にかかることとする。
また人懐こい小鳥が虫を狙ってすぐ傍までやってきて、
尾を上下させながらねらいをつけている。
草刈で落ち葉を引っかきまわすと
中にいる虫が驚いて飛び出した所を狙っているようだ。
長時間は疲れるから1時間~2時間程度にして回数で稼ごうという作戦です。
草刈機を担いで徒歩で家から10分ぐらいの所で、
途中、顔見知りが何しているのと聞いてくれるが、作業を手伝う人はまだ1人しかいない。
また、住民会議のメンバーでミニコンサートを計画し、ポスターやチラシ作り
会場の設営などの準備に追われているこの頃です。
# by kyousinomori | 2002-05-09 23:25 | 設立前の経過 | Comments(0)

うみべの森を育てる会発足会に参加

2002年(H14)4月7日…「岡田」
  うみべの森を育てる会発足式参加&総会

4月19日…「岡田」
  藤原岳花見登山…カタクリ・ニリンソウ 等
# by kyousinomori | 2002-04-07 18:20 | 2002年活動状況 | Comments(0)

住民による里山保全  by (岡田)

平成14年(2002)3月9日
住民による里山保全
岬町における住民会議は発足して2年目を迎へ活動が具体化してきました。
1年目は提言が主体となっていましたが、今年度は各分科会とも具体的な行動を起こし,
行政や町民に働きかけが出来る所まで成長してきています。
各種の勉強会や見学会も精力的に実施されて他市町村の良い所を参考にしながら、
町民の声も聞いて何をすべきかということが、少しづつ判明している。
これは今年の大きな成果と言えるでしょう。
 これから行事を具体化し活動するには、人も金も場所も必要となりますが、
活動の目的をしっかり人に伝える事が出来れば、
ニーズがある限り知恵も生まれ、物事が前進するのではないでしょうか? 
お金が無いから何も出来ないとよく言われますが町内に沢山あるものを利用し、
あまり資金を必要としない事業から始めていけば、まちづくりも道が開かれると思います。
 具体的には町内に沢山ある森林を整備しながら大人も子供も楽しく自然とふれあい、
人間本来の姿を取り戻したい。
岬町の森の中には花や木、昆虫、鳥などの生きものが沢山いて、
それぞれの生命を維持するのに一生懸命生きています。
また休耕田を利用して花や野菜などを栽培して植物の成長過程を体験すれば、
人も自然の恵みによって生かされていることも解るでしょう。
 いくらでもある『森林や休耕田』、今後ますます増加するであろう『定年退職者』、
心のすさんでいる『子供達』、この三者を無理なく繋ぐ活動の一つが里山保全活動です。
本来の作業は下草刈、枝打ち、間伐などが主な作業ですが、
これは重労働で一般の町民には負担が重過ぎる。
そこで本来の作業は無理の無い程度にとどめ、
あとは楽しいイベントを用意して皆で楽しく過ごせるように工夫します。
松ボックリを使ったクマサン作り、竹トンボ、ササブネなど
森にある自然の材料を使っていろんなものを工作します。
 私としては、ここ数年のあいだ里山管理の知識は増やしてきました。
しかし実際の作業はほとんど経験が無く、今年は現場作業を体験しながら準備を進め、
来年から本格的に里山保全活動を開始したい。

                      2002,3,9  岡田憲政
 
# by kyousinomori | 2002-03-09 23:38 | 2002年活動状況 | Comments(0)

シニヤ自然大学指導者へのお礼  by (岡田)

平成14年(2002)3月5日
この一年間とてもお世話になりお陰さまでいくらか自然を知ることができました。
アシスタントとして常に縁の下の力持ちに徹し
出過ぎないように目立たないように心がけておられた姿が思い出されます。
神戸森林植物園に案内していただき、シチダンカ、ナツツバキ、ラクウショウの気根、
モリアオガエルの卵など初めて見るものばかりで
自然の不思議さに圧倒されるばかりでした。
また秋には、本当に美しいい紅葉を拝見し感激しました。
赤青黄の交通信号のような紅葉があるのも初めて知り
森林植物の魅力を充分に楽しませていただき、有難うございました。
これからもご指導の程宜しくお願いします。

             岡田憲政
# by kyousinomori | 2002-03-05 23:34 | 2002年活動状況 | Comments(0)

うみべの森を育てる会に初参加&里山倶楽部実習

2002年(H14)3月5日…「岡田」
  うみべの森を育てる会に初参加

3月10日…「岡田」
  里山倶楽部…苗木植林作業

3月11日~12日…「岡田」
  シニア自然大学修学旅行…山代温泉

3月23日…「岡田」
  シニア自然大学卒業式…「此花会館」

3月24日…「岡田」
  里山倶楽部…窯だし・窯詰め⇒「窯の穴」プロジェクト終了

3月30日…「岡田」
  うみべの森を育てる会(ハ・運動)に参加
# by kyousinomori | 2002-03-05 18:09 | 2002年活動状況 | Comments(0)

2002年(H14)2月里山倶楽部実習…「岡田」

2002年(H14)2月3日…「岡田」
  里山倶楽部…窯出し作業

2月7日~9日…「岡田」
  里山倶楽部…みさき窯(竹炭)を担当
   最高到達温度 823℃に達する
    (800℃以上が合格ライン)

2月17日…「岡田」
  里山倶楽部…伐採・目立て

2月24日…「岡田」
  里山倶楽部…玉切りとナル作り
                (窯内部の着火材として小枝を上部に詰める)
# by kyousinomori | 2002-02-03 18:00 | 2002年活動状況 | Comments(0)